株式会社POWWOW Planning & Produce

 
 

2021.05.11

ボートショーは賑わっていた

今年の東京モーターショーが中止とアナウンスされた一方で、

ジャパンボートショーはリアル主体(バーチャルとの併催)で4月15日~18日の3日間、

横浜ベイサイドマリーナを会場に開催された。

例年だとパシフィコ横浜会場との2会場開催だが、

コロナ禍のリスクを軽減させるためか屋内のパシフィコを取りやめ、

屋外でのベイサイドマリーナ1会場だけの開催だった。

初日の15日に訪れてみたが、大型船が展示されている係留エリアは、

多くの来場者で賑わっていたように思えた。

先日の新聞記事では、小型船舶免許の2020年度の取得者が

前年比25%増加したと報じられていた。

会場でも出展者から聞いた話では、

大中型ボートがとても売れていて在庫が少ない上、

東京近郊のマリーナの空きバースもウェイティング状態だとのこと。

コロナ禍の影響で海外旅行に行けない富裕層のニーズや、

3密を避けて楽しめるマリンレジャーへのニーズから、

いまマリン業界は絶好調らしい。

我が社もマリン事業を営んでいるものの、

チャーターボートやサーフガイドなどお客様との対面サービスが主体のため、

いまはまだ自粛状態が続いている。

今後ワクチンが普及して対面がセーフティーな状況になった折には、

積極的にサービス再開をしていきたい。

海の魅力をより多くの方に体験していただきたいと願う。

筆:黒沢

 

 

2021.05.05

今年の東京モーターショー中止

パウワウの移転時期と重なり書き損ねていたので、

タイミングが遅れた話題となりますが、

今年の秋に予定されていた東京モーターショーが、

新型コロナウィルスの感染拡大を受けて中止と発表された。

※記事は4月21日日経新聞夕刊より

昨年の今ごろは欧米のモーターショーが立て続けに中止となる中、

東京は隔年開催で来年の秋だからよかったなあ、と少し安堵していたが、

まさか今秋のイベントがコロナで中止になるなど想像もしていなかった。

弊社イベントプロデュース業務の中ではもっとも花形といえるモーターショー。

このイベントがやりたくてこの業界に入ったといっても過言でないくらい

毎回全力投入していた仕事が消えてしまうのは、

しょうがないとはいえ、やるせない。

自動車工業会の豊田章男会長は「オンラインでの開催も検討したが、

リアルでの開催にこだわりたい。」と話したうえで、

今秋までに感染が収束する見込みが立たない中で大規模イベントの開催は難しい、

と中止の理由に挙げた。

2019年の開催の際、会場の構成や体験型コンテンツを増やすなどのチャレンジで

来場者数を大幅に増やして今回も期待されていただけに、

中止という判断は自動車業界にとってはとても残念だ。

クルマを取り巻くリアルイベントが極端に減ってきている昨今、

コロナが終息した時には、エキサイティングな体験型コンテンツを

たくさん仕掛けていきたいと思う。

最終的な判断を先送りを続ける五輪に比べ、

早期の中止判断はその理由と共に納得できるし、

時期的にも正しかったと考えている。

筆:黒沢