株式会社POWWOW Planning & Produce

 
 

2018.05.11

COEDO川越は近かった。

GW後半の五月晴れの日、

突然思い立って川越に行ってきた。

記憶の限り、生まれて初めての訪問だ。

小江戸(COEDO)川越と言われるだけあって、

江戸時代をしのぶ蔵や寺、昭和初期の街並みも風情があってなかなかいい景色。

雑貨から飲食まで店舗もたくさんあって飽きそうにない。

外国人も多くいらしてた。

東急東横線がメトロ経由で東武線と直通運転になったため、

自由が丘からなら乗り換えなしで川越まで1時間弱。

遠い観光地という印象しかなかったけれど、実はたいへん身近な街。

今回は実は「うなぎ」を目当てに行ったのだが、

気軽な気分でまた訪れてみたい。

気持ち的に遠かったところ(こと)でも

実際、行動してみたら気軽なところ(こと)が、

まだまだたくさんありそうな、そんなことに気づかせてくれた川越だった。

筆:黒沢