株式会社POWWOW Planning & Produce

 
 

2018.01.24

観世能楽堂 in GINZA SIX

今月、新春落語「志の輔落語 GINZA MODE」に行ってきた。

場所は、銀座の新ランドマークともいえるGINZA SIX。

その中にホールが併設されているのか、という程度の思いで訪れ、

地下三階の「観世能楽堂」という名の会場に入った。

すると、そこにはまさに能楽堂そのものがはめ込まれていたのだった。

観世能楽堂は、能の最大流派である観世流の本拠地として

渋谷松濤に2015年3月まであったものだが、

その総檜の舞台をまるごと移築させたとのこと。

まして、地下三階にこれだけ背丈のある建物が入っているGINZA SIXの建築技術も

相当にスゴイことなのだ。

もともと観世流と銀座は関係が深く、

寛永10(1633)年、十世観世大夫重成の時代に、

江戸三代将軍徳川家光からいまの銀座1~2丁目あたりに500坪を拝領し、

明治維新で土地を返納するまで本拠地となっていた。

今後は、日本の中心地、銀座のこの新たなランドマークに居を構え、

日本伝統文化を国内外に発信する役割を果たしていくことになるのであろう。

しかも、能だけでなく、文化的催しに開放していくとのことで、

志の輔落語もその一環なのである。

日本伝統文化の世界観の中で体験する催しはなにが似合うだろうか?

ぜひ一度、訪日外国人客を招いて、日本の魅力を体感できる創造的な催しを企画してみたい、

そんな気分させられる場所だった。

あ、もちろん志の輔の落語は今年も冴えていたのはいうまでもない。

筆:黒沢

 

 

2018.01.10

活動レポートVol.12 2018年航海安全

活動レポートVol.12 2018年航海安全

昨年はシーライフクラブをご愛顧いただきありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年のシーライフクラブも1月7日に初航海・初釣りに出ました。

午前中は北風がめっぽう強く海はかなり荒れていましたが、

昼前くらいから風も落ち穏やかな海になりました。

冬は北風が連日吹いていますが、怖いのは突然吹き荒れる南西の風です。

南の海上がユラユラしてきたらその兆候。

北風から無風になったかと思うと、あっという間にドンブキで、

波はいきなり高くなって割れはじめ、下手すると転覆の恐れだってあるんです。

どんなに釣れていても、ゲストが盛り上がっていようとも、

吹き始める前にとっとと帰港する判断が大切だと自分に言い聞かせます。

今年も航海安全で海の楽しさをご案内いたします。

ちなみに、初釣りのゲストの釣果はアマダイとアジでまずまずでした。

TOP写真は、相模湾江ノ島沖から観る富士山。

下の写真は海上から観る江の島を中心にした湘南の風景。

シーライフクラブへのご参加お待ちしております。

筆:黒沢

 

 

 

 

 

2018.01.04

2018年もよろしくお願いします。

2018年の正月はいかがお過ごしでしょうか?

元旦から晴れ渡った空は空気がピリッと張りつめて気持ちの良い三が日でした。

生活パターンはいつもの正月と全く同じなんですけどね。

ただ、今年は新たにいくつかやりたいことが頭にあるので、

それを具体的に目標化して、実行に移していきたいと思ってます。

引き続き、ご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

筆:黒沢