株式会社POWWOW Planning & Produce

 
 

2017.04.10

遅咲きの桜

桜の開花は東京は昨年と同じ3月21日。

いつも通りなら3月末には満開のはず。

ところが、東京全体に開花が遅れているうえに、

我が花見の的となる多摩川沿いの桜並木はうんともすんとも。

河沿いの風当たりの強い場所柄なのか。。。。

結局、いつもより1週間遅く4月4日の段階で、

たった2分咲きでの花見会決行でした。

それまでしてそんなに花見をしたいのか?

日本人だから、とか、風物詩だから、とか、美しいから、とか

というのは二の次で、やっぱり空の下の宴会が楽しいから、に尽きる。

おいしい料理とうまい酒を昼間から堂々といただく快感。

きっと多くの日本人は同じ気持ちなんじゃないか、と思う。

桜が咲こうと蕾だろうと、

やっぱり花見はやめられない。

来年が早くも楽しみだ。

筆:黒沢