株式会社POWWOW Planning & Produce

 
 

2013.05.29

リフレッシュしてきます

ご無沙汰しています。
久しぶりのブログです。
そして、いきなりのリフレッシュ休暇宣言です!!

パウワウではとってもありがたい休暇制度があるんです。
そう、リフレッシュ太っ腹休暇です。
入社5年目10年目15年目…と5年の節目の年に

な・な・なんと!

連続30日もの休暇がいただけるのです。

今年はそのリフレッシュ休暇取得年となります。
そして実は私、4回目の休暇なのです。。。

社会人になるとまとまった休暇はせいぜい1週間。
もうじっくり海外になんて行かれないんだろうな
なんて思っていたらある日突然
社長がこんな素敵な制度を作ってくれました。

日頃本当に忙しい思いをしているみんなに
体と心を休ませて、いろんな挑戦をして自分磨きをして
思いっきりリフレッシュしてさらにいい仕事をしようね!
ってことなんだと思うのです。
だけど、事務関連の仕事に付いていてそう忙しくない私が
この恩恵に一番あずからせていただいております。
すみません。

そんなわけで今月末から
まずは2週間、友人とパリに行って来ます!

今回は初めてアパルトマンを借りて
暮らすようなパリを経験してこようと思っています。
ホテルに泊まっていたら気づかなかった新たなパリを
たくさん発見して来たいと思います。
朝市で食材を買って自炊もする予定。
焼きたてのバゲットを毎日買って
チーズやフォアグラをのせてワインと共に。
あー至福の時。

素敵な時間を過ごして来ます!

由香

 

2013.05.28

プロフェッショナルを志向しよう

こんにちは、パウワウ代表の黒沢です。

明日5月29日(水)からリクナビNEXTにパウワウのスタッフ募集広告が掲載されます。

通年で中途採用の門戸は開けてはいるが、

今回は積極的な人員補充のための募集である。

求めている職種などはWEB掲載通りだが、

人物像としては、経験者・未経験者に関わらず、

この道でプロフェッショナルを目指すために、

貪欲に学んでいこうとする意欲のある若者を希望している。

言われたことの範囲でしか考えられない、動けない若者が多い中、

何が求められているのか、何をすべきか、自分の力で積極的に考え、

よりよいものを生み出していこうとする気概のある人物が理想だ。

ただ、そんなことを言っても、1回や2回会ったくらいではわからないし、

場合によっては応募した本人も自分がどんな人物か

よくわかっていなかったりすることも多々ある。

今回は、インターン的な就業体験機会を設ける、ということも念頭に、

プロフェッショナルの可能性を秘めた人材と巡り合えれば、と願っています。

この業界でのプロを目指す若者を求めます!

筆:黒沢

 

2013.05.24

今どきの賃貸物件事情

工藤です。

実家を出て1人暮らしをしたいなあ、などと

昨年くらいから考えていて、ついに今年実行します。

 

というわけで物件探しをしました。

条件としては

 

・赤坂から電車で30分以内

・家賃6.5~6.8万円

・1K

・2F以上

・バストイレ別

・コンロ2口

・収納付き

・バルコニーあり

 

でした。

かなり難関です。

不動産屋さんもいい迷惑です。

しかも6.8万と言いつつ心は6.5万円がいいな・・・と思っていました。

不動産屋さんは頑張って4社回り、内見も8軒行きました。

 

会社によって言うことが違うのですが、

今は高円寺周辺の家賃が少し下がったそうです。

というのも、もともと人気があった高円寺周辺には

賃貸物件がたくさんあったそうなのですが

不景気のあおりを受けて住む人が激減。

物件が余ってしまい、焦った大家が値下げ、

なんてことが1年ほど前から起こっているとか。

逆に西荻窪や三鷹にはまだその不景気がやってきていないため、

家賃の相場が逆転してしまったとか・・・見せてもらった物件も高めの7万。

そう考えると良いタイミングだったと思います。

 

さて上記の条件を満たした物件は・・・ありました。

中央線某駅から徒歩10分。

2点気になったことと言えば、

駅からの道がちょっと暗いことと木造であること。。

 

この物件かなり気に入ったので、

他の不動産屋さんに行くたび「木造ってどうでしょうか」

と聞いていました。

すごくわかりやすい返答は「他人と一軒家で暮らす感じ」

 

・・・多分私は他人の生活音はあまり気にならないのですが、

自分の生活音が他人に聞こえるのは多少気になります。

こういう仕事をしてるとどうしても不規則な時間帯に動かざるを得ないし、

帰宅が遅くなることも珍しくありません。

そうなったときに、夜に洗濯もできず音楽もかけれずTVも観れない。。

(実際は木造に住むくらいの人ですからそこまで気にしない気もしますが)

 

何と言っても、ご近所トラブル堂々の第一位はやはり音関係というのも気になりました。

初めての家くらいちょっとしょぼくてもいいかな、と思いつつ

しつこくマンションタイプを探してみたら

ユニットバスで1口コンロ(しかもIH・・・)で1Rという

全く私の条件に適っていないけど、びびっと来た物件があったので

結局そこに決めました。

鉄筋コンクリートがやっぱり安心ですよね。。

 

あとは住めば都に・・・!と信じて引っ越し準備を頑張ります。

 

画像は昨日UPした

「おひるねカフェ クースカ」の日替わりランチプレート。

これで¥600ですが、スープつけて+¥100、ドリンクつけて+¥100と

上乗せ方式で結局¥800はないと物足りない感じにできております。

 

 

 

 

くどう

 

2013.05.23

おひるねカフェ

工藤です。

近年、1分仮眠法が注目されたり、

1日1回、15~20分の短い仮眠を認める制度を導入した企業などもありますが、

その中で、最近私が発見したのが赤坂にある「おひるねカフェ クースカ」です。

 

こちらのお店は女性限定のカフェで、

通常のカフェスペースとは別に仮眠室があり、

柔らかいベッドやソファでゆったりくつろげるそうです。

 

カフェで食事するだけでもOKなので、試しに行ってみました。

 

食事はデリ形式の日替わりランチプレートとスイーツでいかにも女性向け。

デリのメニューも野菜中心のヘルシーなものです。

仮眠室はカフェスペースからは全く見えないようになっていて、

外から、寝ているところを見られる心配はない様子。

静かなので、あまり賑わってないのかな?と思いきや

コンスタントに休憩希望の女性がやってきました。

ベッドは数が限られているため、予約している人も多いようです。

さらに仮眠を取ったあとメイクを直せるメイクルームもある!

 

「ゆったりとした休息」「栄養バランスの良い食事」そして仕切り直しできる「メイクルーム」を兼ね備えた、

正に働く女性のための場所が、オフィス街である赤坂にできた、ということが嬉しかったです。

 

というのも、オフィス街で女性向けの店ができる、ということは、

今それだけ一所懸命に働いている女性が多い、ということです。

そのことと、そんな女性のための場所を作ろうという、同じ女性の気持ちを感じて

何だか励まされる場所でした。

私もそんな女性の一員として頑張らねば。

 

 

 

くどう

 

2013.05.15

アレルギー除去食

またもやワーキングマザー日記になりそうな予感なタイトルですみません。

息子をこの3月から保育園に通わせる中で、とっても厄介な点が1つだけ。それは息子が卵アレルギーを持っていることから、除去食作りはママの仕事、という点。一か月の給食の献立が月始に配られるのですが、息子の献立表には各日別のメニューの中に黄色と青の線がびっしり。

青の線は、「卵を使用していますが、作る段階で抜くことができる」=除去食は持って来なくても大丈夫というメニュー。

黄色の線は、「原材料として卵を入れなくては成り立たない」=除去食を持する必要があるメニュー。

例えば、『とき卵入り味噌汁』というメニューの場合は青のライン。最後にとき卵を入れる前に、うちの息子用によそってくれるから卵抜き味噌汁ができあがる。でも、おやつに『ホットケーキ』がある場合は黄色のラインが引かれています。卵を使用して焼き上げる生地の為、粉と牛乳との分量もあるし、他の子供のことを考えると卵抜きのホットケーキを一人分だけ作ることはできないのです。そういう時はママの出番。前日のうちに翌日の献立表をチェックし、食材を買っておいて除去食を当日の朝作る。

今まであったのは、豆腐ハンバーグ、アメリカンドック、パンケーキ、蒸しパン、ビスケット(これは市販のもので対応)…。時には「ひき肉入りオムレツ」という難題もありましたが、見た目オムレツに見える様、かぼちゃと小麦粉で作ったオムレツっぽい「ひき肉入りパン」を持たせて無事完了。そんな中、今週はなぜか黄色のラインが続くのです。

本日⇒あんぱん

明日⇒お好み焼き

明後日⇒ミートローフ…。

あんぱんに関しては、ずいぶん前からあちこちのパン屋のアレルギー情報を検索&足で確認をした結果、なんと地元のパン屋さんがフランスパン生地であんぱんを作っており、それを購入して事なきを得ました。

さて、明日はお好み焼き。卵抜きお好み焼きは普通に作ると、かなりモチモチでずっしりした代モノになりがち。初めっからチヂミで代用しようともくろみ中。問題は明後日のミートローフだな…。

という風に、働いているとあまり子供のことを考えない時間が多いのだけど、ふとした瞬間に(デスクトップが息子の写真の為)、「あ、除去食の献立考えなくちゃ」と思うわけなのです。これが今、大きな仕事が一つ終わった後だから良いですが、今週のこの献立が、大きな仕事と重ならなくて良かった…と心底思うわけで。

その手間が母の愛情でしょ!と捕らえるか、いやいや忙しすぎて作っていられないでしょ、と同情頂けるか。仕事をしているとその手間が一つ増えるだけで、なんとも時間を割かれる大変なことだと改めて実感。

献立恐怖症、とまでは行きませんがドキドキしながら献立表と自分のスケジュール帳を見比べたり。

でも、小さい子供の卵アレルギーは、大きくなるにつれてなくなる場合が多数とのこと。いつか息子と思いっきり市販のケーキを頬張りたいと思う次第です。

写真は、先日作った卵抜きオムレツの写真!

おがわ

 

2013.05.09

KERASTASE

今年のGWはいかがでしたか?

お休みが前半後半に分かれていたため、海外旅行への割合が減少した半面、

国内旅行は増加傾向だったとのこと。

パウワウはといえば、

表参道ヒルズで4/29-5/6まで開催された

日本ロレアル主催のヘアケアブランドイベント

「KERASTASE EXPERIENCE」をお手伝いさせていただき、

GWは多くの人で賑わう表参道に通ってました。

イベントは「KERASTASE」という高級ヘアケアブランドの

新製品『イニシャリスト』をご体験いただけるタッチ&トライイベント。

頭皮の美容液、とも言われる今までになかった新しいカテゴリーの製品。

豊かな土壌に、豊かな実りがあるように、

頭皮をしっかりとお手入れすることが、健康で美しい髪の毛を作るのだそうです。

ヒルズの大階段を舞台に、

若い女性からお年を召した方まで、とっても多くの方に体験いただけました。

5月18日から全国のヘアサロンで発売開始ですので、

エイジングケアに関心がある方は是非お試しください。

今週から、またスタッフ持ち回りで定期的にブログアップしていきます。

よろしくです。

筆:くろさわ