株式会社POWWOW Planning & Produce

 
 

2012.06.29

劇団☆新感線「シレンとラギ」

「舞台が好き!」と公言しているにも関わらず、

お恥ずかしながらまだ劇団☆新感線の舞台を観たことがありませんでした。

今回、初の劇団☆新感線鑑賞です。

 

今回は藤原竜也さん・永作博美さんを主演にした作品で、

観る前から期待がぐんぐん高まります。

 

結論から言うと、期待を高めすぎました。。

ストーリーも演出も美術も、おっ、と思わされるのですが、

1番残念だったのが役者さんが何を言ってるかよく聞き取れないことでした。

 

新感線の舞台は現代の世界観ではないので、

まずきちんと人名や地名を把握して、世界観を理解する必要があります。

でもセリフが上滑りしてしまって、単語が耳に残らず、

世界観を理解するのに時間がかかってしまいました。

 

演技をする上で、大切なことは色々ありますが、

私はまずセリフの中の単語がきちんと耳に残り、伝わることが大切だと思っています。

学生の頃、朝礼で話す校長先生のお話って全く頭に残らなかったりしませんか?

今回そんな感じに聞こえたのは、中日で中だるみしちゃったのかな・・・という感じがします。

 

でもその中で、高橋克実さんだけは圧倒的な存在感を放っていました。

前述したセリフの問題はひとつもなく、

発する言葉ひとつひとつが重く響きました。

今回の、教祖という役にもぴったりです。

また、誰をも魅了するセクシーな魅力を持った役がしっくりくるのも意外。

舞台でこんなに映える人なんだと知って、今回1番驚いたところでした。

 

色々書きましたが、

暗転をせずにターンテーブルで場面を切り替えたり、

人間で作ったベッドの上に寝転んだりと

演出的にも面白い部分があったり、

藤原さんの狂っていく様にヒヤリとさせられたりと

がっちり意識を引き寄せられる舞台でした。

 

今度は振付師の康本雅子さんの舞台を観に行きます。

初!シアタートラムでの観劇楽しみです。

 

 

工藤