株式会社POWWOW Planning & Produce

 
 

2011.03.28

がんばろう、私たちが。

20110328153042

このたびの東日本大震災でお亡くなりになられた方々の

ご冥福をお祈り申し上げますとともに、

被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

また今まさに被災地で復旧に努めておられます皆さまに敬意を表しつつ、

1日も早くご無事でお戻りになれるよう願っております。

 

あれからすでに17日が経ちました。

福島原発も一進一退で、停電や断水もまだまだ続いている中で、

現地の方々の復旧復興への決意や努力をTVを通して見るにつけ心が奮えます。

 

一方で、いま、東京はなんともいえない停滞ムードです。

直接的な被害は少ない半面、放射能問題や計画停電も続き、

なにか静かにしていなくては、という風潮になっております。

 

このままおとなしく自粛していればなんとかなるのでしょうか。

そんなことはありません。

 

現地の人たちは、ずーっとずーっとあれから毎日がんばっています。

行方不明の家族を捜し、流された街を片づけ、壊れた家を直して、

避難所では助け合って、全力全霊をかけて生きているのです。

 

その人たちに「がんばって」といっても何も変わりません。

いまこそがんばるのは、被災しなかった我々なんではないでしょうか。

 

節電や無駄な買い占めをしないのはもちろん、

この震災が東京や日本全体を覆い尽くすようなことがないよう、

日本全体が活力を取り戻すために我々ががんばることが重要なんだ、

いま17日目の私の思いです。

 

それは直接東北の復興とは結びつかないことかもしれません。

それでも結果として東北を応援することになればいいのです。

 

パウワウは震災前に社員募集を始めました。

その後、震災を受けて業務量も激減し、

この先の事業計画すら見通せない状況ともいえます。

そのため3月いっぱい二次選考以降を延期させて頂いております。

 

かといって、このまま採用を延期させたり取りやめたのでは、

新しい職を求めて前向きに活動していた人までも暗くさせかねません。

 

ということで、この社会状態の中でも

まずは採用計画をいままでどおり続けていくこと、

それがいま経営者でもある私のがんばることのひとつだと思います。

 

ひとりひとりが何かしらがんばることで、

日本にまた活力を戻していきましょう。

 

がんばろう、私たちが。

 

くろさわ筆

 

2011.03.14

こころひとつに

311日に発生した東日本大震災から4日目。

週末明けの月曜日。

時間が経つほどに、その惨状に愕然とします。

 

力強く進もうとする現地の人たちを見て、

遠くからでも皆が力を合わせて支えていけることは何か、と考えます。

節電もそうですが、身近にできることから始めます。

 

震災で被害を受けた皆さまに謹んでお見舞い申し上げますとともに、

1日も早い復旧を心よりお祈りしております。

 

パウワウ 一同