株式会社POWWOW Planning & Produce

 
 

2011.02.22

プランニングプロデューサー志望来たれ!

nog_hd_logo1

今週からリクナビNEXTで新スタッフの募集を行います。

イベントディレクターやプランナーの方で、

もし、この春に就職や転職を考えている人がいらしたら、

弊社HPかリクナビからご応募ください。

 

求めている人材は、

プロモーションやイベント領域で23年以上の経験のある若手。

または、この業界に自分を賭けてみたい未経験者も歓迎。

 

人間的には、

自分の人生に目標やビジョンがあり、

その達成に向かう道筋をしっかり描けている人。

何事も真剣に考えて、本質的な真理を知りたがる人。

何事にも興味があって好奇心旺盛な人。

相手の視点や気持ちになって考えるのが得意な人。

何よりも、人を驚かしたり喜ばせたり、他人の反応がうれしい人。

そんな性格の人を求めています。

 

心当たりのある方、ぜひパウワウと一緒に、

驚きと感動で社会を笑顔にしよう!

 

筆:くろさわ

 

2011.02.21

外国人観光客

先週末、箱根に行ってきた。

はじめて箱根に行ったのだが、雲と霧に覆われていたため、

キレイな景色は全く見る事ができず・・・。

 

私が目にしたものは、たくさんの外国人観光客。

驚いたのが、ざっと見て、中国人と韓国人と日本人の割合は、1対1対1。

日本の観光事業が外国人観光客の方々に支えられているのだという事を、

改めて思い知らされた。

img_2871 

精一杯の歓迎の意を表現したり、

電車の時刻表に各国の言語を対応させたり、

英語・中国語を必死に使い、土産物の呼び込みをする店員さん。

 

それにしても、どうなんだろう・・・。

例えば、私が万里の長城に旅行に行った時、

「ようこそ お正月休み歓迎!」と書かれていたら、

なんとなく興ざめしてしまう・・・。

 

歓迎はしつつも、“日本に来たんだ” と実感できるような、

「さりげない心遣い」が、もう少し必要なんじゃないかなと・・・。

 

筆:ケンタマン

 

2011.02.17

“長友 インテル”

e995b7e58f8b
日本のサイドバック長友佑都がインテルに入団した。
 
サッカーというと
ワールドカップと日本代表の試合ぐらいしか観ない。
だから試合を観ていても
フォーメーションや戦術、ポジションの取り方など
何がいいのか悪いのかがよくわからない。
これが少しでもわかるとまた楽しみ方が違うんだろうな
と思うけどなかなかその域に達することができない。
 
そんな私でも今回のこのインテルへの移籍が
いかに凄いことなのかをいろいろな人のコメントから知らされた。
そうなるとミーハー俄かファンと化して
毎日のように “長友 インテル” と入力しては検索をかけ
片っ端から記事を読んで最新情報を収集している。
 
そうしてこの長友という人物を知れば知るほど
その人柄に魅せられてしまう。
 
 * お暇があれば読んでみてください。
  「長友、出世物語の裏に2人の熱血教師」   
   
日本代表のスターといえばこれまでは
ヒデ (中田英寿) や ケースケ (本田圭介) のような
なんとなく近寄りがたく気を遣わせるタイプだった。
走って歩み寄ろうものなら
3メートルくらい前にある見えない壁ではじき返されそうな
そんなとっつきにくいイメージがある。
 
が、この長友は気軽にハイタッチでもしてくれるのではないかと
思わせるほど温かみのある印象を抱いてしまう。
 
イタリアで成功するためには技術的なことは言うまでもないが
どこまでイタリア人になれるかが一つの鍵でもあるようだ。
持ち前の明るさと人懐っこさで誰からも愛される人になって
レギュラーの座を勝ち取って欲しい。
 
今日(現地時間16日)は長友が
フィオレンティーナ戦で初のスタメン出場を果たした記念すべき日
 
私、これからサッカーを少し勉強してみようと思います。
 
 
筆:由香

 

2011.02.16

東京スカイツリー

img_2851

 

ついに目の前まで行ってきた。

知らぬ間にどんどん成長を続ける東京スカイツリー。

 

ついこのあいだ東京タワーの高さを抜いたと話題になったと思ったら、

今の高さはなんと574m。

 

img_2853

634(むさし)までもう少し。

来年春には完成予定とのこと。

展望台から高さを体験する日が待ち遠しい。

 

筆:ケンタマン

 

2011.02.14

バレンタインデー

valentine_ph010
本日2月14日 バレンタインデー!

チョコレートは貰いましたか?
あげましたか?

ここ数年 実はこのイベント ある意味楽しみなのです。
なぜかと言うと
この催しにかける百貨店のバイヤーの意気込みが
凄ぉぉぉぉ~い!からなんです。

イベントフェアの会場は
名だたるショコラティエたちがずらりと勢揃い。
ちょっと前まではそのお国に行かなければ
手に入らなかったチョコレートがわずか5分歩くだけで
次々と手に入ってしまうという夢のような空間。

今年も新たな発見があるかな…と期待に胸をふくらませ
行ってきました日本橋三越に!

7階の催物会場に着くと「会場ご案内」のちらしをゲットして
まずは出店しているショップ名をチェック。

Pierre Herme
PIERRE MARCOLINI
JEAN-PAUL HEVIN          ふむふむ、大御所たちね。
Henri Le Roux
Michel Chaudun           エッ!本人来てるのね。
Pierre ledent
DEBAILLEUL         あ、去年もあった。     
Bruyerre
Pralus             え!!!             

う~ん、溜息。。。
日本も凄いことになったなぁ。

ここで断っておきますが、私特にスイーツ好きではありません。
スイーツの食べ歩きなんて信じられないし
スイーツのバイキングなんてあり得ないって思ってます。
でもフランスやベルギーに旅行に行くと
自分だけの楽しみを求めていろいろなお店でチョコレートを
購入してきました。
今でこそ日本人の職人もたくさんいますが
チョコレートの専門店があるということがまず珍しく
そしてその味がカカオ豆という存在を認識させ
ある意味カルチャーショックを受けました。
これがチョコレートというものなの!って。

そして近年
本当に日本でいろいろなものが購入できるようになりました。
上にあげたチョコレートも今やほとんどが東京に進出している
ことをしったのが今回の収穫でした。
一年中いつでも手に入れることができるのです。

嬉しい半面、なんだか旅の楽しみがひとつなくなって
しまったようで複雑な気持ち。

これからは旅行に行ったときは
日本に進出していない…ということが付加価値となるのでしょうね。

今年のバレンタインデーにはこんなことを思ったのでした。

筆:由香

 

2011.02.10

プラネタリウム

いつからなのか、

それが東京だけの事なのかよくわかりませんが・・・

最近のプラネタリウムにはがっかりしてしまう。

 

「映画を見に来たんじゃない。プラネタリウムに来たんだ!」

何度心の中で叫んだ事か・・・。

 

それでもついつい足を運んでしまう。

それは、女性をデートに誘いやすいコンテンツだからであり・・・、

やっぱりプラネタリウムが好きだからなんだと思う。

 

そんな何度も通ったサンシャインのプラネタリウムが

リニューアルされるらしい。

より高精細で鮮やかな番組の提供が可能になるという・・・。

e38397e383a9e3838de382bfe383aae382a6e383a0 

 

違うと思います!

 

プラネタリウムの正しい姿は、

スタッフが星座にまつわる神話を語ってくれる、

あの何とも言えない素朴な感じが一番だと思います。

 

筆:ケンタマン

 

2011.02.09

どうか無気力でお願いします

e38397e383ace382a2e38393e38392e382a2

 

タイの徴兵は、くじ引きで決まる。

だからなのか・・・

以前見かけた王宮を警護している兵隊さんには、

全く覇気がなかった。

でもそれは逆に、“平和” を感じさせてくれた。

東南アジアの気候と同じで、ほんわかしていていいな。

そう思っていた。

 

そんなタイが今、カンボジアともめている。

あの無気力な兵隊さんが戦争をしている・・・?

にわかには信じられないが、 

国境にある世界遺産に認定されたプレアビヒア遺跡で

小競り合いを続け、既に死者も出ているという。

 

国境が陸続きにあることの難しさはあると思うが、

ここはひとつ島国日本の国技を見習って・・・

ガチにならず、

無気力で・・・、

争うことをやめてほしいと切に願う。

 

筆:ケンタマン

 

2011.02.07

八百長

e585abe799bee995b7efbc88e79bb8e692b2efbc894

きな驚きはなかった。

どちらかというと、「やっぱり」の感が強い。

ただ、あんなに興奮した、白鵬vs朝青龍の大一番も

八百長かもしれないと思うと、少し悲しくなる。

 

気になって調べてみたところ、現在相撲部屋は50部屋あり、

昨年86名の新人が入門したそうだ。

この数は、プロ野球の新人選手とほぼ同じ数。

どう考えても多すぎるような気がする・・・。

 

人数だけではない。

「おかしい」と思うことはいたるところにある。

それは、「膿をだす」ことではもはや改善できないレベルだと感じる。

 

 

いっそのこと、“スポーツ”である事をやめ、

相撲と同じように不祥事続きの歌舞伎のように、

“伝統芸能”として再出発してみてはどうだろう。

 

体の大きい力士同士が、まわし姿でぶつかり合う。

たとえシナリオがあったとしても、それは魅力的に感じるのではないか。

 

儀式としての魅力を極める。

それが相撲だと割り切ると、すこしはスッキリするような気がする。

少なくとも、 偽物を本物として見せようと努力する今の相撲よりは、

洗練された“芸”になると思う。

 

 

筆:ケンタマン

 

2011.02.04

セレブのお値段

今年1月。
アメリカVictoria’s Secretのモデルの
ラブリー❤ミランダ・カーが出産致しました。
父親は、かのイケメン俳優オーランド・ブルーム。

彼女のオフィシャルブログの中で、2人のベイビー”フリンくん”の写真がどーんと掲載。
無料放出とは、このご時世でなんとも出血大サービスなお2人。

というのも、最近の海外セレブ様の○○の写真は、高値で取引されるもの。
どのメディアがどんな金額で落札するかも結構話題になりますよね。

アンジーとブラピの双子ベイビー写真掲載権。
アメリカのピープル誌とイギリスのHello!誌が共同で獲得し、
掲載料は1400万ドル(約15億500万円)!! *2008年当時
その15億とかいうお金は、全額アンジー&ブラピ共同基金に寄付され、世界の子供を救うとか。

この2人の場合、1人目の子供も14億強というから、まーなんともセレブな感じで。

あと、有名なところでいうと、
デミ・ムーアとアシュトン・カッチャーの年の差夫婦のWEDDING写真では、
「OK!」誌が300万ドル(約3.6億円)。

高額写真取引でのあいたたたな一件は、
二コール・リッチーが長年のパートナー、ジョエル・マッデンとのウェディング写真の掲載権を
10万ドルで要求していたがどこも買い手がつかず。
ようやく「People」誌が手を挙げたけど、記事の扱いとしては表紙の片隅にちんまりと…だそうで。
各誌とも、「もうおまえじゃ売れねーよ」とそっぽ向いたんでしょうかね。
そんな痛い記事も、しっかりゴシップ誌は暴露してくれるもので、
超ド庶民な私は、内心悪い笑みをこぼしたり。

そんな中でのミランダは授乳写真をアットホームながら掲載する潔さ。
いやー、いいですね。
前からオージーな素朴さがあって好きでしたが、更に好感が持てます。
もう、Victoria’s Secretで彼女の着ている下着は、全部買っちゃう!てくらい

*写真のミランダは、妊娠中のものであります。

筆:おがわmiranda_1124_mainimageitems