株式会社POWWOW Planning & Produce

 
 

2010.11.29

旅記③~屋久島初日~

================

すみません、しばらく放置してました。

すでに曖昧になってきた記憶を手繰り寄せながら927日の続きです。

================

p8214286

朝。

昨日紹介してもらったフェリーで屋久島へ渡る。

まずは、2等席チケットを購入。

そして昨日言われた通りに、「紹介です」と船長風なおっちゃんに伝える。

こちらへどうぞと案内されたのは、特別個室。

なんとフェリーの中に和室、こんなのあったのね。

p1460183

ただ、個室に閉じこもっているのはもったいないのでいそいそと甲板へ。

風がなんとも心地よい。

「さらば鹿児島!またな桜島!」と思うほど鹿児島に

親しみもない僕は何となくぼけーっと風景を眺める。

のんびり過ごした船上での時間。しばらく感じてなかった時間だ。

p1460186

12時半、着岸。民宿のお兄さんの運転でまずは宿へ。

今日半日は車で島を巡ろうと、さっさと宿を出て、すぐ近くのレンタカー屋さんへ。

『すみませ〜ん!』と店に入ると人の気配がない。

聞こえるのは犬の吠える声だけ。仕方なく電話してみると『出かけていていつ戻るかわからない。』との返答。

これが、島時間っていうやつなのか。しかも電話も携帯転送って・・・・

日ごろ、締切りに追われながら仕事をしている僕が久しぶりに味わう感覚。

でも、何だか和んだ。(ちゃんとガイドブックにも載ってるところですよ。)

仕方ないので、しばらく歩き別のお店で車をレンタル。

ここのおっちゃんも強烈だった。

ただクルマを借りに行っただけなのに、おっちゃんの身の上話(東京住んでた~島に戻ってきたいきさつまで)

が延々と。

「この島にまともなレンタカー屋はないんかい!」

と友人と2人で突っ込みながら、30分ほどしたところで車に乗り込む。

出発間際「18時で閉まっちゃうからそれまでに返却お願い。」

いやいや、あんたの話が長かったから・・・


とりあえずは島を1周。目的地は宿のお兄さんお勧めの大川(おおこ)の滝と

千尋(せんびろ)の滝。

左に海、右に山。風がなんとも心地が良い。

そして晴れかと思えば突然の豪雨、南国の島特有の天気。

屋久島に来たことを改めて実感する。

屋久島は、1周130Kmの島に九州最高峰の宮之浦岳が聳え立つ。

狭い面積に、九州最高峰の山がある。つまりは、よてつもなく急勾配な島。なので、滝も多い。

そして、かすかな沿岸部にのみ、人がひっそり住んでいるのだ。

p8214326

島の真反対に大川の滝はあった。88mの落差。

なんとも見事な滝に息を飲む。滝つぼまで近づくと、水しぶきがひんやりとして心地よい。

p1460204

その後、千尋の滝、海中温泉(なんと干潮時のみ入れる、海にある温泉)を

めぐり、岐路に着く。

p8214315

明日は4時起き、5時入山予定。

観光センターで登山届けを出して、宿の隣の居酒屋で一杯。明日はいよいよ登頂だ!

つづく・・・・・かも..

筆:三木

.