株式会社POWWOW Planning & Produce

 
 

2010.09.28

台風12号

e7a8b2e69d91e5b2b8e5a381201009251

今年の夏は、

記録的な猛暑が続き、厳しい夏だった。

一方で、台風はといえば発生数も少なく、

関東沿岸にはひとつも来ていなかった。

それは、被害という視点ではいいことではあるが、

自然の脅威が違う意味で近づいているようで、

本当に喜ばしいことなのか、不安になる。

そんなことを思っていたら、

この週末に台風12号が、

関東沿岸をかすめるように北上していった。

25日土曜日の通過時点で955hPaという強い勢力を保ち、

午前中は各所に大雨で強風をもたらしたが、

あっという間に青空が広がり、台風一過の気持ち良さが広がった。

写真は、鎌倉稲村ケ崎の海の様子。

波のサイズも台風通過に合わせてみるみるスケールアップし、

午後1時半でダブルオーバーのパーフェクトライト。

波乗り好きには記憶に残る1日になった。

被害は困るが、

自然が呼び起こすエネルギーの魅力を

これからも味わえる環境を保っていきたいと思う。

筆:くろさわ

 

2010.09.27

旅記②~屋久島前日~

お盆に実家に帰り、そのまま鹿児島へと移動。

友人(高校からの友人で今は東京に住んでいる)とは夕方に鹿児島中央駅で待ち合わせ。

なんとなく船で渡るとだけは決めていた。

とりあえず、少しの予備知識は必要だろうと、屋久島ガイドブックを購入。

昔から行きたかった縄文杉ではあるが、近くまでバスで行けて歩いて2030分かなと

勝手に今まで思っていたのが甘かった。片道45時間!

まぁ、なんとかなるさ。

p1460174

この日、船は終了していたので、友人と安いビジネスホテルを探し、

景気づけに一杯やろうと街に出る。

入ったのは、裏路地にあるひっそり佇む焼き鳥屋さん。

誰もいない店のカウンターで二人で乾杯。いつものようにぐでぐでと飲みはじめる。

そこへ、美人なオネーちゃんを同伴したちょいワルオヤジ(死語)が入ってきた。

建設会社の社長というそのオヤジは、40過ぎにして30手前の僕らよりはるかに

ギラギラとしていた。

最初は別々に話していたものの、店長が客席で一緒に飲み始め、いつの間にか全員で

トークすることに。

酔っ払いの話すことなんかどこでも一緒。

若い頃の武勇伝・結婚・恋愛・仕事・・・・

そして、いろいろ話すと店長も社長もオネーちゃんも東京出戻り組み。

地方出身東京在住者の僕と友人。人生についてしみじみ考える。

しばらく杯を交わした後、『よい旅を』という言葉と、『気持ちだ』という飲み代を残して

そのオヤジはオネーちゃんと共に夜の街へ消えていった。

学生風社会人2名(僕と友人)、店長と店員、建設会社の社長と同伴のオネーちゃん。

変な空間だったが、なんとも言えぬ空間だった。

p8204265

そして、肝心の屋久島行きだが、このお店に来たことで話はとんとん拍子に進んだ。

「フェリーで屋久島に行く予定。宿は着いてから探す。」と店長に告げると

「知り合いがいるから宿を紹介してもらうわ。」と屋久島にいる知人に電話して

宿ゲット。

そして「もうちょっとで、フェリーの運行会社で働いてる人が飲みに来るから紹介する」

との一言。


その人が来て、店長がいきさつを話すと、

「とりあえず2等のチケット買って、乗るときに船長風なチケットもぎりのおっさんに

『○○さんの紹介で』って声をかけてみて。」

と告げられる。

人生一期一会。思わぬ出会いが旅を楽しくする。

そのあともやんややんやと会話をし、ほどほどに酔っ払ったあと、店を後にする。

明日はいよいよ屋久島へ渡る。


・・・つづく。

筆:三木

 

2010.09.24

B-1グランプリ in 厚木

dsc037441

先日、関東圏で初の開催!というB-1グランプリに旦那と参戦!

おらが町のグルメを食べてもらう&知ってもらう、そのご当地の人々の熱意。
ゆる~い演出。
派手な看板。
今年のB-1は厚木市内の3会場を、マップを持ちながらウロウロ。
そしてウロウロと厚木観光もできちゃう。
駅を降りた瞬間から、小田急線だってB1をアナウンス。ロマンスカーだって臨時で停めちゃう。

私は、4位になった津山ホルモンうどんに票を入れ。
1位になったとりモツ煮はあまりの長蛇の列に断念し。
殿堂入りの横手やきそばとシロコロホルモンは意地で並び。
サクッと食べれた長崎黒カレー、でも20分待ち。

どこもかしこも人・人・人!
報道陣もたーっくさん。
この2日間の来場者数は、合計43万5000人だそーで。
厚木市の人口が2010年9月1日現在22万人だから、
厚木市人口の倍の数の来場者が来ちゃったというわけ!
来場者も老若男女問わず、みんな地べたに座ってB級グルメをパクパク。

その背景にある、地域活性化に向けた街をあげての取り組み。
並々ならぬ努力と品質改良のドキュメンタリーを、後日TVで見てホロリ。

B-1で賞をとったはいいものの、町にその反響を受け入れる体制が取れていなかった津山市。
昨年の入賞以降、町では今まで見たことがない、居酒屋満席状態や観光バス乗り付け…。
うれしい悲鳴を上げたと同時に、整備がされていない地域インフラで反省点も見えてきたのだそう。
今年、私は票を入れた津山ホルモンうどんは見事4位でしたねー。

今年1位のとりもつ煮は、早速反響の波が押し寄せることでしょう!
ゆるい鳥のキャラクターも良かったと思います。
甲府は近いし、甲府=ワイン。甲府=ほうとう。そして甲府といえば、鳥モツ煮!
コンビニとかで、小さなパックに入って売られる日も来るんでしょうね。

街おこしの小さな企画からスタートしたB-1グランプリ。
ここまでモンスター級なイベントになるとは!
次回開催地、誘致策ももしかしたらオリンピック並みに頑張るのでは!?
すごいパワーです。このB級と言う奴は。

筆:おがわ

 

2010.09.21

旅記①~目的地~

「人が住んでいるのではなく、住まわして頂いているって感じやな。」

島をレンタカーで一周する時、そんな言葉をぽつりと発した。

屋久島へ行ってきた。

44

僕は中学生の時、日本人として生まれたからには、死ぬまでに絶対にやらなければいけないことを、3つ心に決めていた。

・富士山登頂

・日本3景を全部見る

・縄文杉に行く

基本的にはインドア派だが、思い立ったが吉日と出かける僕は、

富士山登頂と、日本3景はいつの間にか制覇していた。残すは縄文杉だけ。

という訳で休暇を利用し、ちょうど暇そうにしていた高校時代の友人と

屋久島へ行くことにした。

計画は目的地(縄文杉)のみ。移動手段も、宿も出たとこ勝負。

・・・つづく。

筆:三木

 

2010.09.15

円高のドレス選びと日本の結婚式ビジネス

ええと。実は私、年末に結婚式を控えているんですね。
そろそろ招待状の発送とか、披露宴の進行内容などを固めなくてはいけないこの頃。

最も女子にとって盛り上がるイベントをする時期が来ました!
それは「ウェディングドレス選び!」

ぶっちゃけ、●びちゃんドレスとか、神田●のドレスとか、
大御所・桂●美のドレスだって、まったく興味nothing。
だってぶブリブリで、私を見て!お姫様みたいでしょ!
とドレスが語っているので、自分が着るにはとても恥ずかしい。

むしろ、日本の結婚式市場が全体的にロマンティックでお姫様で、
そして、名前だけは格好いいお役所仕事なウェディングプランナーが、
「花嫁がお姫様になれる瞬間をプロデュースします」とかうすら寒いことぬかすぬかす…。

(私がお願いしているウェディングプランナーさんは、ロマンティックおしつけタイプではなく、
相談しやすい気さくな人です。念のため。)

話しはそれましたが、

シンプルで、格好良くて、質の良いドレスを選びたいなー。
と思ったとき、ふと海外のファッションサイトを見ていたら
Temperley london、というブランドに目が止まりました。

ロンドン発祥のブランドなのですが、
あのミラ・ジョボヴィッチが旦那さんのポール・アンダーソンと結婚する際に着たシンプルな女神見たいなドレスも、ヴィクトリアエンジェルズのミランダ・カーが着ていたドレスもテンパリー・ロンドン!ただ、日本では取り扱いが無い!!
と色々なサイトなどを検索し、ドレスを購入する方向で調整していると、
只今円高の折、1ドル=120円代で換算する時代ではなく、いまや85円とかで計算。
すると、2,200ドルするドレスも日本円では18万7000円なのである!
ばかばかしい結婚ビジネスの中で、ドレスなんてレンタルでも20万はする。
じゃー、買っちゃおう!買っちゃおう!ドルで買っちゃおう!

ヴィヴィアン・ウェストウッドだって、D-スクエアドだって、15万だしゃ良いドレスが買える。

あ、私。
真剣にこんな日本のうんざりブリブリ結婚ビジネス界に、参戦してみようかなー。
無駄を省いた、新郎新婦にとってベストな方法での挙式プロデュース。

パウワウ ウェディングプロデュース部発足!
屋外、室内、1から相談受け付けます!
ゴットファーザーpartⅠみたいなパーティだって、
SATCのキャリーの結婚前夜パーティみたいのだって、手配しますよ。

なんてね。
とりあえず、まずは私のBIGプロジェクトを完成させてからですね。では!

おがわ筆kerrlotd230410_0