株式会社POWWOW Planning & Produce

 
 

2010.08.19

読書の夏

e59bb312

こうも毎日が暑いと外に出たくなくなる。

真夏だというのに読書が進む。

今週末もまだ残暑が続くらしい。

エアコンの効いた部屋で週末を過ごすことになるかも。

 

そんな夏、「告白」をお勧めします。

本屋大賞を受賞し、この6月に映画化もされた、

湊かなえ氏の作品。

 

中身は読んでいただければいいので触れませんが、

とにかく、ストーリーの構成が今までになく新鮮で、

思わず「なるほどなあ」と感心する構成。

読み進むほどに、新しい扉が開かれていく感じ。

でもすべてが回想だというところが面白い。

 

彼女にとってこれがデビュー作というのも驚き。

我々も企画にしろ演出にしろ、期待を超える驚きを考える仕事。

彼女の才能に感心しつつ、彼女の次を期待したい。

筆:くろさわ

 

2010.08.12

今日は休み?仕事?

e7b2bee99c8ae9a6ac
今日はお休みですか?
それとも仕事をしていますか?
 
世の中がお盆休みに入ったことが
いろいろなことからわかります。
 
まず、朝の通勤電車が空いています。
普段は座ることができない電車がなんと座れちゃいます!
オフィスはとっても静かです。
電話の音がほとんどしません!
飲食店もお休みのところがいっぱいです。
ランチのお目当てのお店があららお休みでした。。。
 
ここ何年か
お盆はあえて休みをとることなく仕事をしています。
田舎があるわけでもなく
地元に大きなお祭りがあるわけでもないので
この時期はじーっとしていて
もう少し落ち着いてからゆっくり休暇をとることに
しています。
 
でも、みんながお休みしているときに働いていると
なんだか休日出勤をしているような妙な感覚です。
 
今仕事をしているみなさ~ん
さぁ、気合を入れてもうひとがんばり。
今日も明日もがんばろう!!!
 
筆:由香

 

2010.08.09

長崎

グラバー邸

時代は幕末。
世の中のしくみが大きく変わろうとするその狭間で
多くの志、夢、可能性をもった若者たちが長崎の地にやってきた。
今年のNHKの大河ドラマ「龍馬伝」では
今まさにそんな場面が放映されている。
 
龍馬たちが結成した日本発の商社「亀山社中」
貿易商トーマス・グラバーの住んでいた木造の洋館「グラバー邸」
日本でありながら異国情緒漂う長崎が
そんなエネルギーに満ち溢れた魅力的で妖しい街として紹介されていく。
 
一方秀吉の時代には
キリシタン弾圧で多くの信者が迫害を受けた。
先日、そのことを題材にした遠藤周作の小説「沈黙」を
久しぶりに読み返してみた。
想像を絶するようなその拷問により命を落とすもの、棄教するもの。
それぞれの生涯に深く考えさせられた。ショックを受けた。
 
そんな処刑により命を落とした
26人の殉教者に捧げられた聖堂「大浦天主堂」を初めとして
長崎の五島、佐世保、平戸には様々な教会が建てられている。
 
 
いつか長崎の地をゆっくりと歩いてみたい、
人々の魂が築き上げた歴史の息吹をそこからしっかりと感じてみたい、
私の中でそんな想いが強く沸き起こっている。
 
折りしも今日8月9日は長崎に原爆が落とされた日。
命を落とされた多くの方々のご冥福を心からお祈りしたいと思う。
 
筆:由香

 

2010.08.06

軍艦島

軍艦島

念願の軍艦島に行く。

思い続けてかれこれ10年。

 

いつのまにか合法的に上陸できるようになり、

旅行ガイドに載るようになり・・・。

かなりメジャーな存在になっている。

 

お盆のど真ん中にいくので、旅費がかなりかかる。

たぶん、海外に行く方が断然安いはず・・・。

でも、ここで行かなければ、人の手が入り、どんどん観光地化され、

最悪の状態になるのは目に見えてるので、できる限り早く行かなければ!

という事で、決断しました。

 

 

世界一の人口密度から、無人島に。

そして、今度は世界遺産に・・・なるんでしょうか?

 

できれば、世界遺産にならない事を願います。

筆:ケンタマン