POWWOW ACCESS MAP

東京メトロ:銀座線/半蔵門線/千代田線 
表参道駅A4出口 徒歩4分

〒107-0062
東京都港区南青山4-20-3
メゾンドラーク402
TEL:03-5786-9292
FAX:03-5786-9291
E-mail:


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
News & Topics
Blog
 

POWWOWとは北米インディアンの言葉で「戦略会議」の意味です。
“すべての戦略は本質を見極めた上で成り立つ。“とパウワウは考えます。
「今、何が必要なのか。そして何をするべきなのか。」をすべての戦略の立脚点に置き、 常に前向きな姿勢で問いかけ、そして具体的なカタチに創り上げていく。それがパウワウのポリシーです。

Planning

机上の言葉遊びとは異なる、実践をふまえたプランニング。本質を見極めたコンセプトワークから実践を前提とした演出プラン、運営プランなどイベント領域のすべての分野で、新しく、しかも実効性のあるプランを創出します。

Produce

プランに基づき、正確に、しかもハイクオリティに具現化していくトータルプロデュース。イベントプロデュースは綿密な準備、的確な判断と進行、さらには細心の気配りが必要不可欠です。品質管理、スケジュール管理、スタッフ管理、コスト管理を念頭に妥協のない完璧なプロデュースを遂行します。

Event

企業の独自イベントから見本市、コンベンションのオーガナイズ業務まで、
あらゆるイベントの企画・制作・実施管理をトータルで遂行。

  • 展示会や見本市での企業出展ブース
  • コンベンションやトレードショーのオーガナイズ業務
  • 新商品発表会などの企業単独展示会、発表会
  • 記念行事などの式典、セレモニー、パーティー
  • 各種講演会、シンポジウム、セミナー
  • コンサート、ファッションショーなどのエンターテインメントイベント etc

Promotion

ブランドプロモーションから新製品キャンペーンの実施まで、
メディアミックスでのライブマーケティング戦略の立案・実施。
更には個人情報の取り扱いに特化したプロモーションの企画から管理業務までの一括請負。

  • 企業・商品ブランド活動におけるプロモーション連動
  • 新製品の導入、拡販などに伴うプロモーション活動
  • SP戦略に基づいた各種キャンペーン活動
  • パンフレット、POP、ノベルティなどのSPツール制作
  • 販売マニュアルや社員研修などのインナープロモーション
  • 新事業、新製品の開発・市場導入にあたってのマーケティング活動 etc

Space

空間開発にかかわるコンセプトワーク・設計・施工から施設運営でのオペレーションまでトータルにプロデュース
※一般建設業(内装仕上工事業)東京都知事許可 第107850号

  • 商業施設や企業ショールームなどの企画・設計・施工
  • 展示会ブースや屋外イベント会場などの設計・施工
  • 科学館・博物館など文化施設の空間開発
  • 商業施設・ショールームでの運営オペレーション etc

Contents

コミュニケーションツールとしてのインタラクティブなコンテンツやシステムの開発及び制作

  • インタラクティブな情報提供ツールとなるコンテンツやデバイス
  • 企業のプロモーションビデオなどの映像ソフト
  • インターネットのホームページ制作
  • CGによるプレゼンテーションソフト、ゲームソフト・システム開発
  • インタラクティブシステムの設計・構築・運用 etc

Planning

コンサルティング

  • クライアントのニーズや課題から最適な解へと導くためのコンサルティング業務

調査

  • 戦略立案のためのマーケティング調査や企画具体化のための各種調査
    (市場調査、会場調査、キャスティング等)

企画立案

  • コンセプトメイキングから造形・演出・運営の具体的展開案に至るまでの
    トータルプランの企画・作成

プレゼンテーション

  • 企画書作成はもちろん、PC、ビデオ等の映像プレゼンにも対応

Produce

クリエイティブ

  • テーマワード・キービジュアル開発
  • 映像・グラフィック表現の開発・制作

演出

  • ステージや空間の演出・構成・台本作成
  • コンテンツ制作
  • 音響・照明・映像ハード・システムの開発・調達
  • タレント・文化人等のキャスティング

運営

  • 運営計画立案・運営マニュアル作成
  • コンパニオン・スタッフの採用・教育・運営
  • ユニフォーム・コスチューム製作
  • 運営事務局業務

造形

  • 会場・ブース施工
  • 内装・インテリア工事
  • 仮設ステージ・テント工事
  • 什器・展示システム製作
  • 屋外広告看板製作・施工

WEB

  • Webサイト企画・制作・運用
  • サーバ、データベースの開発および管理・運用
  • ケータイ連携システム開発

ツール

  • パンフレット・カタログ製作
  • ノベルティ・インセンティブ製作
  • POP・店飾ツール製作
  • DMの製作・発送

Direction & Management

  • 各種イベントでの会場における演出・運営の全体進行管理や、
    キャンペーン等での事務局対応業務

Report

  • 業務終了後の記録映像や報告書の作成及び アンケート等の集計・分析業務

現在、新規の募集は行っておりません。

イベントの可能性を広げる新しいプロモーション領域であなたの実力を発揮してみませんか。当社は、既存のイベント・SP領域はもちろん、ライブマーケティング型の新しいプロモーションにチャレンジしております。インターネットとライブイベントをジョイントさせた展開などはその一例です。今までの既存の領域を超えた新しいプロモーション事業を私たちと一緒に企画・制作していく、新たな可能性に意欲的な人材を求めております。

ご質問は、E-mailかお電話でお気軽にどうぞ。

E-mail : 
TEL : 03-6447-9294

1.イベントディレクター

  • 展示会・発表会等各種イベントのディレクション
    及びプロデュース

2.SPプランナー

  • プロモーション・イベント領域での企画業務

3.プランニングプロデューサー

  • 基本戦略立案から実施プロデュースまで、
    一貫した全体統括業務

4.制作アシスタント

  • イベントディレクター、SPプランナー、
    プランニングプロデューサーの補助業務

共通

  • 専門・大卒以上
  • PCできる方、要普通自動車免許
    ※英語出来る方、尚可

1.イベントディレクター/2.SPプランナー

  • イベント・セールスプロモーション業務の経験者優遇

3.プランニングプロデューサー

  • 業務遂行に必要なスキルを有する経験者であり、
    かつプロデュース志向の方

4.制作アシスタント

  • 未経験者歓迎

給与その他

【給与】※経験・能力を考慮の上、優遇します。
・イベントディレクター・SPプランナー・プランニングプロデューサー:年俸制400万~900万円
・制作アシスタント:月給制201,950円以上(大卒)
【待遇】
・昇給:年1回
・賞与:年2回
・交通費全額支給
・社会保険完備
・休日出勤手当
【休日・休暇】
・完全週休2日制(土日)
・年末年始・夏期休暇・有給休暇
・リフレッシュ長期休暇 (30日)

応募にあたって

※必ず以下をお読みいただき、同意の上、ご応募ください

  • 応募者の情報は「個人情報」として適正に管理いたします。
  • 応募者情報は弊社の採用審査の目的で使用し、それ以外では使用いたしません。及び法令等正当な理由を除き、第三者に提供いたしません。
  • ご不明な点や応募者情報についてのお問い合わせは、 (人事担当)までお願いします。

同意します

※応募フォームへ移動します。

 

2022.01.26

ハウス・オブ・グッチ

昨日、ひさしぶりに映画館に行ってきた。

観たのは、レディー・ガガとアダム・ドライバーが主演、リドリー・スコット監督が手がける、『ハウス・オブ・グッチ』。

サラ・G・フォーデンによる同名のノンフィクション作品が原作で、

世界的ブランド「グッチ」の創業者一族の確執と、

元当主であるマウリツィオ・グッチの殺害事件を描いている。

ストーリーはわりと淡々と進んでいくのだが、

序盤、中盤、後半それぞれの場面での主役たちの風貌が変わっていく様が

まさにその時々の本質を表現していて唸らされた。

特にレディガガの演技力は歌手とは思えない高尚な域を感じた。

当時のイタリアの街並みやクルマたちもこの映画の名わき役だった。

大きな期待なしに観たものの、大きなインパクトを受けた、

なかなかに見ごたえのある作品だった。

筆:黒沢

 

2022.01.21

冬景色 in Tokyo

1月6日、4年ぶりに大雪警報が発令された東京都。

都心でも10㎝の積雪を記録し、ここ二子玉川から眺める一帯も6日は吹雪、

一夜明けた7日朝はあたり一面銀世界のきれいな冬景色となった。

毎度のことだけれど、東京近郊での社会活動にとっての降雪はとても脆弱で、

TVのニュースでは早朝から電車の運休・遅延や道路網のマヒなど

混乱の様子をレポーターたちが声高に伝えていた。

特に、箱根の山道で立ち往生するクルマが続出し、、、、

しかも箱根に旅行に来た人たちが多く含まれていた、、、、

などというケースが放送されていたが、

天気予報ではずいぶん前から雪を予想していたし、

それでも甘く見たのかノーマルタイヤのまま山道に来てしまう、

そんな人がいるんだなあ、と信じがたい思いだった。

これからの先の世の中、世界や社会、暮らしがどう変化するのか、

予測のつきにくいVUCAの状況にどんどん進んでいる中、

自分のチカラで正しく思考し、行動する、ということが必須の時代である。

少なくとも、雪が降ると言われている中で、

山道にノーマルタイヤで行くような浅はかな行動とは距離を置くことを意識付けたい。

そんなことを思った東京の冬景色だった。

筆:黒沢

 

 

 

2022.01.15

2022年元旦の初日の出

毎朝日課のウォーキングで出会う朝日も、

元旦の初日の出はさらに気持ちがシャキッとする。

2022年元旦の初日の出は近年まれにみる美しさだった。

今が一番遅い日の出だが日没はもう徐々に遅くなってきている。

日々、陽が延びていくこの感覚が個人的になぜかとても好きだ。

これから半年はこの現象が続くと思うとうれしい。

さあ、今年はコロナ禍にめげず、積極的に動いていきたい。

今年もよろしくお願いいたします。

筆:黒沢

 

2022.01.01

新春のご挨拶を申し上げます

 

2021.12.27

2021年、ありがとうございました。

青空が広がる多摩川から丹沢山系の景色。

気が付けばもう師走を迎え、

時間の過ぎる速さを実感する今日この頃です。

昨年のコロナ禍から抜けられると思っていた年初。

ところがますます勢いを増すことになり、

これはまずいと4月にはパウワウもオフィスを自宅隣接に。

その後も、感染対策は二転三転、五輪開催も揉めに揉めて、

やっと終息が見えたかに思えたところに新種のオミクロン株が襲い掛かる、

という経過をたどり結局コロナに振り回された1年でした。

一方で、防御だけでは生活も経済も成り立たず、

知恵を絞ってなんとか乗り越えられる道筋も見えてきたように思えます。

パウワウの来年は守りつつも攻めも積極的に取り入れようと考えております。

2021年はお世話になりました。

良いお年をお迎えください

筆:黒沢

 

 

 

2021.11.30

御社の存在意義、何ですか

株式会社が世に誕生してから約400年。

社会を豊かにしてきた会社が岐路に立っている、

との書き出しは日経新聞11月29日朝刊の1面だ。

我が社は何のために世にあるのか。

この問いかけに世界の多くの会社が直面していると言う。

時代と共に株式会社の役割がずれてきているのではないか、と考えられる。

雇用を生み、事業を継続し続けることで社会や生活を豊かにしていく

そのシステムが一部の企業や富裕層へ偏り、平等に与えられない不満が顕在化している。

株式会社の役割の再確認が必要になってきているのではないか。

個々の会社にとって企業理念は何なのか、

もう一度問い直す機会に来ていると記事は語っている。

我が社(パウワウ)のパーパス(志)は何だ?

今一度、原点に立ち返ってじっくり考えてみることが必要だ。

『パウワウは本質を見極めたプロモーション活動で世の役に立つ。』

 

筆:黒沢

 

 

 

 

 

 

 

2021.11.02

「これでいい」と「これがいい」

プロセスエコノミーという言葉を聞いたことがありますか。

日経新聞のコラムに掲載されていた話だ。

「プロセスエコノミー~あなたの物語が価値になる」という著書の作者尾原和啓氏によると、

「けんすうさん」というライブ配信企業を立ち上げた人物が作った言葉だそうだ。

意味としては、簡単に言うと

今まで完成品として初めて価値を持つものが商品として成り立っていたものが、

逆に、モノが出来上がるプロセスで起こる物語やモノづくりに宿る哲学など

商品そのもの以上にその制作過程に価値を見出す経済行動の概念だ。

モノが溢れる時代を迎え、機能性を謳う商品は、

次々と競争相手が現れ、あっという間に埋もれていく。

コモディティ化が進めば進むほど、機能で競う商品は生き残りが厳しくなる。

量産品にはユニクロのような圧倒的なパワーが必要となるだろう。

一方、アウトプットの差別化が難しくなった半面、

実は目的を達成するまでのプロセスに価値を楽しむ購買行動に

スポットが当たったということである。

購買型のクラウドファンディングに喜ぶ若者だったり、

丸井や大丸松坂屋が「売らない」をコンセプトとした店づくりを進めたり、

またNiziuを生み出したオーディション番組もプロセスを売りにしている。

完成品で稼ぐスタイルからプロセスで顧客を集めるスタイルへの変化を感じる。

これからの消費行動は「これでいい」という量販型と

「これがいい」というこだわり型に二極化されていくだろうと言われている。

「これがいい」モデルは「答え」より、

なぜやるのかといった「問いかけ」が起点であり重要になるのだと。

倫理や哲学が価値に結びつくわけで、

我々もこの傾向はしっかり掴んで実践していかないといけない、

そう思わせる記事だった。

筆:黒沢

 

2021.10.28

心理的バイアスに立ち向かう

少し前の日経新聞の記事に

危機や災害時に起きうる6つのバイアスというコラムが掲載されていた。

その話の出典となっていたのが、

ロバート・マイヤー氏らの「ダチョウのパラドックス~災害リスクの心理学」という本だ。

簡単にまとめると、

人間には大きな危機や災害に対し心理的なバイアスが働き、

その備えや回避を怠り甚大な被害に至ることが、

大昔から最先端技術や情報網が発達した今日でも簡単に起こりえる、

その原因のひとつが心理的バイアスであって、

そうならないための解決策を提示しているものである。

まさに史上まれにみるコロナ感染症への日本政府や社会の対応が

このバイアスに侵され災害リスクを拡大させていたように思う。

ちなみに6つのバイアスとは

1、近視眼的思考癖:災害対策コストと潜在的利益を目先の時間軸で判断する傾向

2、忘却癖:過去の事件、災害の教訓を早く忘れる傾向

3、楽観癖:将来起きうる損失を過小評価する傾向

4、惰性癖:新しい対策があっても現状を維持する傾向

5、単純化癖:意思決定の際に要因の一部だけ注意を向ける傾向

6、同調癖:ほかの人に合わせて行動を決める傾向

ということだ。

災害のときはもちろん、

仕事や日常の生活の中での判断にも影響を与えていることが、

この6つの癖を自分に当てはめてみると身に染みてわかる気がする。

ちなみに、この本のタイトルになっている「ダチョウ」は飛べない鳥として有名だが、

実は、飛べない欠点を克服して、

世界で最も速い逃げ足を武器にした危機管理能力の高い動物とのこと。

心理的バイアス=欠点を克服し、次こそは災害から逃れられるように、

との意味が本書のタイトルに込められているそうだ。

我々も日常生活の時から心理的バイアスを意識しつつ

物事の判断に役立てていきたいと切に思う。

筆:黒沢

 

 

2021.09.30

企業における「心理的安全性」とは

半月ほど前の日経新聞(9/14)のコラムに聞きなれない言葉が見出しに載っていた。

“東芝社長の「心理的安全性」”

心理的安全性という言葉自体は平易であるが、

定義として語られているとは知らなかった。

記事によると、ここ数年で広まった言葉で、

本来は上司と社員に生じがちな問題の根源を指す。

米グーグルが2012年に実施した調査が有名で、

社員が思ったことを「言えない」「できない」空気がある組織では

働きがいを感じることができず、生産性も悪い。

その結果、技術革新が生まれにくくなる、というものだそうだ。

学術的にそれを証明し、世界に広めたのが米ハーバード・ビジネス・スクールの

エイミー・エドモンドソン教授の著書「恐れのない組織」とのこと。

東芝の度重なる不祥事の原因の一つに、トップと社員の関係と同じく、

株主と経営者、監督官庁と企業との間でも「心理的安全性を欠く関係」があったから、

というものだ。

本題としては東芝の問題論はさておき、

本来の企業における「心理的安全性」についてとても考えさせられた。

経営者と社員との関係はもちろん、

我々の業界で言えば、クライアントと請負企業の関係もしかりだろう。

いまになって我が社の中ではどうだったのか、対クライアントとはどうだったのか、

自戒の年を込めて、これからは「心理的安全性」の高い人間関係に努めたい。

筆:黒沢

 

 

2021.09.06

パラリンピック閉会で東京2020が終了

9月5日パラリンピックの閉会式が行われ、

とかく話題の絶えなかった東京2020が終了した。

オリンピックパラリンピックというイベントについて

その趣旨や目的、運営組織や運営方法にこれほど深く触れることになったのも

新型コロナウィルス感染症という負のファクターがあったからこそなのだと思う。

日本(東京)が自主的に手を挙げて開催権利を勝ち取り進めてきた世界との約束事である以上、

途中で投げ出さず、なんとかやり遂げたことは、

日本国という立場において最低限の責務は果たしたと言えるだろう。

一方で、この巨大イベントにおける様々な課題や問題点も浮き彫りにしたと思う。

そのことについてはまた別の機会に考えを述べたいと思う。

ひとまず、このイベントに関わった多くの人たち、選手、関係者に

「お疲れ様でした。」とねぎらいたい。

筆:黒沢

 

Archive