POWWOW ACCESS MAP

東京メトロ:銀座線/半蔵門線/千代田線 
表参道駅A4出口 徒歩4分

〒107-0062
東京都港区南青山4-20-3
メゾンドラーク402
TEL:03-5786-9292
FAX:03-5786-9291
E-mail:


Access map  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

POWWOWとは北米インディアンの言葉で「戦略会議」の意味です。
“すべての戦略は本質を見極めた上で成り立つ。“とパウワウは考えます。
「今、何が必要なのか。そして何をするべきなのか。」をすべての戦略の立脚点に置き、 常に前向きな姿勢で問いかけ、そして具体的なカタチに創り上げていく。それがパウワウのポリシーです。

Planning

机上の言葉遊びとは異なる、実践をふまえたプランニング。本質を見極めたコンセプトワークから実践を前提とした演出プラン、運営プランなどイベント領域のすべての分野で、新しく、しかも実効性のあるプランを創出します。

Produce

プランに基づき、正確に、しかもハイクオリティに具現化していくトータルプロデュース。イベントプロデュースは綿密な準備、的確な判断と進行、さらには細心の気配りが必要不可欠です。品質管理、スケジュール管理、スタッフ管理、コスト管理を念頭に妥協のない完璧なプロデュースを遂行します。

Event

企業の独自イベントから見本市、コンベンションのオーガナイズ業務まで、
あらゆるイベントの企画・制作・実施管理をトータルで遂行。

  • 展示会や見本市での企業出展ブース
  • コンベンションやトレードショーのオーガナイズ業務
  • 新商品発表会などの企業単独展示会、発表会
  • 記念行事などの式典、セレモニー、パーティー
  • 各種講演会、シンポジウム、セミナー
  • コンサート、ファッションショーなどのエンターテインメントイベント etc

Promotion

ブランドプロモーションから新製品キャンペーンの実施まで、
メディアミックスでのライブマーケティング戦略の立案・実施。
更には個人情報の取り扱いに特化したプロモーションの企画から管理業務までの一括請負。

  • 企業・商品ブランド活動におけるプロモーション連動
  • 新製品の導入、拡販などに伴うプロモーション活動
  • SP戦略に基づいた各種キャンペーン活動
  • パンフレット、POP、ノベルティなどのSPツール制作
  • 販売マニュアルや社員研修などのインナープロモーション
  • 新事業、新製品の開発・市場導入にあたってのマーケティング活動 etc

Space

空間開発にかかわるコンセプトワーク・設計・施工から施設運営でのオペレーションまでトータルにプロデュース
※一般建設業(内装仕上工事業)東京都知事許可 第107850号

  • 商業施設や企業ショールームなどの企画・設計・施工
  • 展示会ブースや屋外イベント会場などの設計・施工
  • 科学館・博物館など文化施設の空間開発
  • 商業施設・ショールームでの運営オペレーション etc

Contents

コミュニケーションツールとしてのインタラクティブなコンテンツやシステムの開発及び制作

  • インタラクティブな情報提供ツールとなるコンテンツやデバイス
  • 企業のプロモーションビデオなどの映像ソフト
  • インターネットのホームページ制作
  • CGによるプレゼンテーションソフト、ゲームソフト・システム開発
  • インタラクティブシステムの設計・構築・運用 etc

Planning

コンサルティング

  • クライアントのニーズや課題から最適な解へと導くためのコンサルティング業務

調査

  • 戦略立案のためのマーケティング調査や企画具体化のための各種調査
    (市場調査、会場調査、キャスティング等)

企画立案

  • コンセプトメイキングから造形・演出・運営の具体的展開案に至るまでの
    トータルプランの企画・作成

プレゼンテーション

  • 企画書作成はもちろん、PC、ビデオ等の映像プレゼンにも対応

Produce

クリエイティブ

  • テーマワード・キービジュアル開発
  • 映像・グラフィック表現の開発・制作

演出

  • ステージや空間の演出・構成・台本作成
  • コンテンツ制作
  • 音響・照明・映像ハード・システムの開発・調達
  • タレント・文化人等のキャスティング

運営

  • 運営計画立案・運営マニュアル作成
  • コンパニオン・スタッフの採用・教育・運営
  • ユニフォーム・コスチューム製作
  • 運営事務局業務

造形

  • 会場・ブース施工
  • 内装・インテリア工事
  • 仮設ステージ・テント工事
  • 什器・展示システム製作
  • 屋外広告看板製作・施工

WEB

  • Webサイト企画・制作・運用
  • サーバ、データベースの開発および管理・運用
  • ケータイ連携システム開発

ツール

  • パンフレット・カタログ製作
  • ノベルティ・インセンティブ製作
  • POP・店飾ツール製作
  • DMの製作・発送

Direction & Management

  • 各種イベントでの会場における演出・運営の全体進行管理や、
    キャンペーン等での事務局対応業務

Report

  • 業務終了後の記録映像や報告書の作成及び アンケート等の集計・分析業務

現在、新規の募集は行っておりません。

イベントの可能性を広げる新しいプロモーション領域であなたの実力を発揮してみませんか。当社は、既存のイベント・SP領域はもちろん、ライブマーケティング型の新しいプロモーションにチャレンジしております。インターネットとライブイベントをジョイントさせた展開などはその一例です。今までの既存の領域を超えた新しいプロモーション事業を私たちと一緒に企画・制作していく、新たな可能性に意欲的な人材を求めております。

ご質問は、E-mailかお電話でお気軽にどうぞ。

E-mail : 
TEL : 03-5786-9292

1.イベントディレクター

  • 展示会・発表会等各種イベントのディレクション
    及びプロデュース

2.SPプランナー

  • プロモーション・イベント領域での企画業務

3.プランニングプロデューサー

  • 基本戦略立案から実施プロデュースまで、
    一貫した全体統括業務

4.制作アシスタント

  • イベントディレクター、SPプランナー、
    プランニングプロデューサーの補助業務

共通

  • 専門・大卒以上
  • PCできる方、要普通自動車免許
    ※英語出来る方、尚可

1.イベントディレクター/2.SPプランナー

  • イベント・セールスプロモーション業務の経験者優遇

3.プランニングプロデューサー

  • 業務遂行に必要なスキルを有する経験者であり、
    かつプロデュース志向の方

4.制作アシスタント

  • 未経験者歓迎

給与その他

【給与】※経験・能力を考慮の上、優遇します。
・イベントディレクター・SPプランナー・プランニングプロデューサー:年俸制400万~900万円
・制作アシスタント:月給制201,950円以上(大卒)
【待遇】
・昇給:年1回
・賞与:年2回
・交通費全額支給
・社会保険完備
・休日出勤手当
【休日・休暇】
・完全週休2日制(土日)
・年末年始・夏期休暇・有給休暇
・リフレッシュ長期休暇 (30日)

応募にあたって

※必ず以下をお読みいただき、同意の上、ご応募ください

  • 応募者の情報は「個人情報」として適正に管理いたします。
  • 応募者情報は弊社の採用審査の目的で使用し、それ以外では使用いたしません。及び法令等正当な理由を除き、第三者に提供いたしません。
  • ご不明な点や応募者情報についてのお問い合わせは、 (人事担当)までお願いします。

同意します

※応募フォームへ移動します。

 

2019.11.27

JOKER

※写真はワーナーブラザース公式サイトより引用

 

米国はもちろん日本でも話題になっていると聞き、

遅ればせながら週末に『JOKER』を観てきた。

アメリカンコミック『バットマン』に登場する悪役ジョーカーの誕生秘話とのこと。

一方、映画自体はそんな枕詞を吹き飛ばす、暗く重い社会風刺ストーリーだった。

この映画の評価は極端に賛否二分される。

アメコミだと思うと散々かもしれないが、

この映画の本質は現代社会ドラマなんだと思う。

そう思って観ると、

この作品がヴェネツィア国際映画祭「金獅子賞」受賞作品の訳がよくわかる。

現代社会の暗部に潜む人間の不幸が赤裸々に描かれ続け、

貧富の差や障がいによって人生が決めつけられる理不尽さを

ジョーカーというメタファーが主張しているのだと思う。

心優しい一人の青年が、なぜジョーカーになってしまったのか。

現代社会に仕掛けられたトラップの怖さを思い知るとともに、

その落ちていく経過を探っていくほどに、

そして、ほんの小さなきっかけの連続だったことに気が付くほどに、

正義と悪が紙一重であることに思い至る。

そして、もう一度観たい、という衝動に駆られる自分がいる。

そんな印象深い映画であった。

筆:黒沢

 

 

2019.11.08

東京モーターショー2019閉幕

10月24日から始まった(プレスデーは23日から)東京モーターショーが、

延べ12日間を経て11月4日に閉幕した。

その後の発表で来場者は130万人超(有料入場者+高校生以下含む)とのこと。

前回2017年の77万人からの大幅増で関係者もホッとした結果となった。

欧州ショーも含めてモーターショーという存在自体が疑問視され始め、

各メーカーも自粛(敬遠)傾向にあり、

東京も大きな岐路に立たされていたところだった。

この大きな変化は、

やはり自工会の会長でもある

トヨタの豊田章男社長のカラダを張った奮闘ぶりを筆頭に、

トヨタが本気を出して盛り上げようとした結果と言える気がする。

自社CMで大量にPRし、トヨタブースは販促を放棄し、メガウェブを開放し、

どうすればいまの生活者がショー(クルマ)に興味を持ってもらえるか、

を深く考え抜き、仮説を立てて、ぶれずに実践した故なのだろう。

一言でいえば、「新しいクルマの展示」ショーではなく、

「未来の社会像を提案する」ショーとして、

特にファミリー層には良い学びの機会だったと思う。

そして、その姿勢に全面協力した各出展企業の役割も

もちろん大きかったと言えるだろう。

振り返ってみれば、ラグビーではないが、

オールジャパンONE TEAMの底力を見た気がした。

もともとクルマが大好きでエンジンが大好きなカーガイたちが満足したのか、

といえば不完全燃焼ともいえるだろうし、

まだまだいろいろなポイントで改善することもあるだろう。

ただ、これからの「モーターショーの在り方」という視点で考えたとき、

今回の取り組みはチャレンジングでとても良かった、と思うのである。

いつもはなんでも辛口な性格の私だが、

関係者の踏ん張りを褒めてあげたい。

次回のハードルがさらに高くなるが、ぜひ期待したいと思う。

そんな東京モーターショーであった。

筆:黒沢

 

 

 

 

2019.09.30

フランクフルトでの秋祭り

9月中旬にフランクフルトにモーターショー視察に行ってきた。

こちらの報告はまた後日しようと思っている。

3泊の強行軍の中、

4日目帰国日昼間は会場に行かず、

飛行機までの時間は自由に行動できるので、

今回は街に徒歩で向かってみた。

すると、街中心の広場でFrankfurter Erntefest “Stadt-Land-Genuss”

という秋の収穫祭が行われていた。

農作物や家畜の展示の中で、

ビールやワインと郷土料理のテントがたくさん出店しているし、

ジャムやチーズ、工芸品など様々なものが即売されていた。

昨年のパリモーターショーの時もモンマルトルでブドウ収穫祭を体験できたが、

このドイツ版の収穫祭もとても面白かった。

モーターショー自体の視察効果が微妙な昨今、

これからは収穫祭を目当てに、

新しいビジネスの芽を探してくるのもありだと思い始めた。

筆:黒沢

 

 

 

2019.09.03

Windows10にした!

Win7のサポートもまもなく終了だし、

消費税アップも来月に迫っているし、

弊社PCも今週からWindows10にすべて入れ替えた。

PC自体が最新鋭機に切り替わり、それは至極快適なのだが、

操作画面も操作方法も更新されているのだろうが、

慣れておらず、いままさに四苦八苦している。

ブログ更新もスムーズにいくのか、試しにやっている、

というのがこの更新目的。

またすぐに慣れるのだろうが、

いまはちょっと我慢のときだ。

筆:黒沢

 

2019.08.22

独モーターショーも危機か!

今年もフランクフルト(独)で10月14日~22日までIAA2019が開催(一般)される。

初めて行ったのが2005年。それから毎回欠かさず通っている。

もっとも好きなモーターショーである。

東京モーターショーが寂しくなってもうだいぶ経ち、

昨年はパリショーまでが怪しくなってきたと思ったものの、

さすがにIAAだけは揺るがないと思っていた。

ところが、、、、

IAAですら厳しい現実が襲いかかってきている。

あのTOYOTAが出展を取りやめたのだ。

さらに本家BMWですら前回の1/3に面積縮小だと!?

新聞記事によると、SNS時代を受け費用対効果で見本市の選別の目が厳しくなっているのだと。

主催側も従来通りのやりかたでは出展社も来場者も離れていくことになる。

この傾向は、世界的に業界問わず深刻になっている。

一方、米国家電見本市「CES」は、逆に家電にこだわらずIT融合で生まれる

新たな技術や産業の出展を呼び込んでいる。

今後の見本市の在り方を我々も考えたうえで、

その出展効果に見合う提案力が求められてくるのであろう。

今年のIAAがどうだったか、現地を視たうえでご報告したいと思う。

筆:黒沢

 

 

 

 

2019.07.31

変わるCEATEC、変われるCEATEC

今秋10/15-18で開催される国内最大IT見本市CEATEC 2019。

今年で20回目、いままでのCEATEC JAPNからJAPANを外しての新たな出発だ。

一方、その常連主役企業だったパナソニックとシャープが単独ブース出展を取りやめ、

主催団体が設ける特設展示スペースへの出展を検討している、と

日経新聞に記事が掲載されていた。

以前は大手家電メーカーがこぞって出展を競い合う家電見本市という役割だったが、

すでにその役割を終え、

いまや情報技術を核として産業や社会に新しい価値を生み出す芽を探す場、

様々な企業が新しい技術連携などを模索する場になってきているのだという。

ここ数年、自動車メーカーなど異業種の出展も当たり前になってきている。

今年はANA HDも参加するとのこと。

ITで世界が激変する昨今、

CEATECの役割もさらに重要度を増していくことになるのだろう。

時代を読んでうまく変化していく展示会もあれば、

逆に、どんどん寂れていく展示会もある。

東京モーターショーはどちらに変わるのか、個人的に気になったCEATECのニュースだった。

筆:黒沢

 

2019.07.08

アンパンマンはこどもたちのヒーロー

今年の梅雨は長い、という予報通り、

毎日雨模様が続いているまさに7月7日、

横浜にあるアンパンマンこどもミュージアムが移転リニューアルオープンを迎えた。

私がこの移転に際してお手伝いしていたこともあり、

ミュージアムのオープニングデイに参加させていただいた。

数日前から雨予報の7月7日、

屋外でのオープニングセレモニーはたいへん悩ましかったが、

直前までかなり降っていた雨も、本番とともにほぼ止み、

梅雨空を吹き飛ばす雰囲気の中でセレモニーも無事終了し、

いよいよグランドオープン!

待ち受けた大勢の来場者の皆様が次々と館内に進んでいった。

新ミュージアムのコンセプトは

「いっしょにわらうと、いっぱいたのしい」

ボクやキミが笑えば、ママもパパも笑い、ジイジやバアバもみんな笑顔になって、

みんなきっとたくさんたくさんたのしくなるね、そんな体験を提供したいとの想いの施設。

アンパンマンの対象年齢は0歳~3歳。

誰もが目を輝かせて、アンパンマンたちとのふれあいに熱中し、

みんな一緒に笑って、いっぱい楽しんでいる風景がそこらじゅうに溢れていた。

まさにアンパンマンこそ愛すべきスーパーヒーローなのだ。

私のパパ役はすでに遠い昔。

次はジイジになって必ず訪れると確信した1日だった。

筆:黒沢

 

 

2019.05.31

働くうえで大切なこと

こんな記事が先日掲載されていました。

新社会人に向けた働くうえで大切なことを池上さんが語っています。

ひとつめは信頼関係を築くこと。

会社内はもちろん得意先や取引先との信頼関係の強さが、

人間関係を広げ、仕事の幅と深さに繋がるのだ、と。

これはまあわかり易いアドバイスです。

もうひとつのアドバイスが、

新聞やTVが伝える日々のニュースや情報に敏感でいること。

それが、自分の仕事や人生の成功にも大きく関わる、

時代の行方を読み解く習慣を身に付けられることに繋がるからだということです。

大事なポイントは情報と情報を組み合わせて、

そこからどんな変化や結果が推察できるか、

それを読み解くチカラが社会人としてとても重要だと言ってます。

一歩先の新たな変化をどれだけイメージできるか、

そのシナリオ構築能力が問われているのだと。

まさに、いま自分が若い人たちに勧めている行動習慣と同じ。

簡単そうでいて誰もなかなか実行しないこの地道な努力が実れば、

きっと有益な人生が待っていると思うのである。

ぜひ試してみてください。

黒沢

 

2019.04.30

鶴瓶噺はどこが凄いのか

笑福亭鶴瓶。

今や国民的人気者の鶴瓶の独演会が毎年恒例で行われている。

しかもこれは、彼の専門である落語ではなく、

単なる彼の「うちわ話」であり「ひとり駄弁り」なのである。

世間話を2時間以上独りでしゃべりっぱなし。

それでも、飽きずに笑いっぱなしの公演が成り立つ故は、

彼の話術はもちろん、

それ以上に凄いのが彼の日常の観察力と洞察力なのだ。

我々が暮らす日々の小さな出来事の中のなんでもなさそうなことまで

きちんと観察して結果を洞察するチカラのありようが凄い。

そしてそれをきちんとネタとして蓄えていく努力が彼の魅力を支えている。

そう、どんな仕事でも、人が見過ごすようなことでも、

観察し洞察し、それを蓄えていく努力。

それが有能になれるかどうか、の差と言えるのであろう。

本当に身に染みた笑いだった。

筆:黒沢

 

2019.04.26

グリーンブックとは。

先日、ひさびさに映画館で話題の映画を観てきた。

『グリーンブック』

アカデミー作品賞、脚本賞、助演男優賞の3冠。

もともと社会ドラマが好きなタイプなので

きっと面白いだろうと思いながら。

涙を誘う予定調和なストーリーではなく、

淡々とその当時のリアルな社会を映し出していたのが

かなり印象的だった。

黒人は白人のレストランには入れない、もちろんトイレも別々である。

どんな著名な黒人であっても。

当時の人種差別による迫害は今では考え難いことのように思えるが、

振り返って自分たちを眺めた時に、

問題は違えど、同じように差別が(潜在的にでも)ある気がする。

なにが正解なのか、自分の尺度をしっかり持つことが大切だ。

映画の中で出てくる

『黒人でもなく白人でもなくどう生きるかが正解だ。』

は考えさせられるセリフである。

ちなみに、『グリーンブック』とは、

有色人種(特に黒人)に向けた旅行ガイドブックの名称で、

彼らが利用できる宿泊所や飲食店が記載されている本のこと。

筆:黒沢