POWWOW ACCESS MAP

東京メトロ:銀座線/半蔵門線/千代田線 
表参道駅A4出口 徒歩4分

〒107-0062
東京都港区南青山4-20-3
メゾンドラーク402
TEL:03-5786-9292
FAX:03-5786-9291
E-mail:


Access map  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

POWWOWとは北米インディアンの言葉で「戦略会議」の意味です。
“すべての戦略は本質を見極めた上で成り立つ。“とパウワウは考えます。
「今、何が必要なのか。そして何をするべきなのか。」をすべての戦略の立脚点に置き、 常に前向きな姿勢で問いかけ、そして具体的なカタチに創り上げていく。それがパウワウのポリシーです。

Planning

机上の言葉遊びとは異なる、実践をふまえたプランニング。本質を見極めたコンセプトワークから実践を前提とした演出プラン、運営プランなどイベント領域のすべての分野で、新しく、しかも実効性のあるプランを創出します。

Produce

プランに基づき、正確に、しかもハイクオリティに具現化していくトータルプロデュース。イベントプロデュースは綿密な準備、的確な判断と進行、さらには細心の気配りが必要不可欠です。品質管理、スケジュール管理、スタッフ管理、コスト管理を念頭に妥協のない完璧なプロデュースを遂行します。

Event

企業の独自イベントから見本市、コンベンションのオーガナイズ業務まで、
あらゆるイベントの企画・制作・実施管理をトータルで遂行。

  • 展示会や見本市での企業出展ブース
  • コンベンションやトレードショーのオーガナイズ業務
  • 新商品発表会などの企業単独展示会、発表会
  • 記念行事などの式典、セレモニー、パーティー
  • 各種講演会、シンポジウム、セミナー
  • コンサート、ファッションショーなどのエンターテインメントイベント etc

Promotion

ブランドプロモーションから新製品キャンペーンの実施まで、
メディアミックスでのライブマーケティング戦略の立案・実施。
更には個人情報の取り扱いに特化したプロモーションの企画から管理業務までの一括請負。

  • 企業・商品ブランド活動におけるプロモーション連動
  • 新製品の導入、拡販などに伴うプロモーション活動
  • SP戦略に基づいた各種キャンペーン活動
  • パンフレット、POP、ノベルティなどのSPツール制作
  • 販売マニュアルや社員研修などのインナープロモーション
  • 新事業、新製品の開発・市場導入にあたってのマーケティング活動 etc

Space

空間開発にかかわるコンセプトワーク・設計・施工から施設運営でのオペレーションまでトータルにプロデュース
※一般建設業(内装仕上工事業)東京都知事許可 第107850号

  • 商業施設や企業ショールームなどの企画・設計・施工
  • 展示会ブースや屋外イベント会場などの設計・施工
  • 科学館・博物館など文化施設の空間開発
  • 商業施設・ショールームでの運営オペレーション etc

Contents

コミュニケーションツールとしてのインタラクティブなコンテンツやシステムの開発及び制作

  • インタラクティブな情報提供ツールとなるコンテンツやデバイス
  • 企業のプロモーションビデオなどの映像ソフト
  • インターネットのホームページ制作
  • CGによるプレゼンテーションソフト、ゲームソフト・システム開発
  • インタラクティブシステムの設計・構築・運用 etc

Planning

コンサルティング

  • クライアントのニーズや課題から最適な解へと導くためのコンサルティング業務

調査

  • 戦略立案のためのマーケティング調査や企画具体化のための各種調査
    (市場調査、会場調査、キャスティング等)

企画立案

  • コンセプトメイキングから造形・演出・運営の具体的展開案に至るまでの
    トータルプランの企画・作成

プレゼンテーション

  • 企画書作成はもちろん、PC、ビデオ等の映像プレゼンにも対応

Produce

クリエイティブ

  • テーマワード・キービジュアル開発
  • 映像・グラフィック表現の開発・制作

演出

  • ステージや空間の演出・構成・台本作成
  • コンテンツ制作
  • 音響・照明・映像ハード・システムの開発・調達
  • タレント・文化人等のキャスティング

運営

  • 運営計画立案・運営マニュアル作成
  • コンパニオン・スタッフの採用・教育・運営
  • ユニフォーム・コスチューム製作
  • 運営事務局業務

造形

  • 会場・ブース施工
  • 内装・インテリア工事
  • 仮設ステージ・テント工事
  • 什器・展示システム製作
  • 屋外広告看板製作・施工

WEB

  • Webサイト企画・制作・運用
  • サーバ、データベースの開発および管理・運用
  • ケータイ連携システム開発

ツール

  • パンフレット・カタログ製作
  • ノベルティ・インセンティブ製作
  • POP・店飾ツール製作
  • DMの製作・発送

Direction & Management

  • 各種イベントでの会場における演出・運営の全体進行管理や、
    キャンペーン等での事務局対応業務

Report

  • 業務終了後の記録映像や報告書の作成及び アンケート等の集計・分析業務

株式会社パウワウでは、現在下記の職種で、
スタッフの募集を行っております。

イベントの可能性を広げる新しいプロモーション領域であなたの実力を発揮してみませんか。当社は、既存のイベント・SP領域はもちろん、ライブマーケティング型の新しいプロモーションにチャレンジしております。インターネットとライブイベントをジョイントさせた展開などはその一例です。今までの既存の領域を超えた新しいプロモーション事業を私たちと一緒に企画・制作していく、新たな可能性に意欲的な人材を求めております。

ご質問は、E-mailかお電話でお気軽にどうぞ。

E-mail : 
TEL : 03-5786-9292

1.イベントディレクター

  • 展示会・発表会等各種イベントのディレクション
    及びプロデュース

2.SPプランナー

  • プロモーション・イベント領域での企画業務

3.プランニングプロデューサー

  • 基本戦略立案から実施プロデュースまで、
    一貫した全体統括業務

4.制作アシスタント

  • イベントディレクター、SPプランナー、
    プランニングプロデューサーの補助業務

共通

  • 専門・大卒以上
  • PCできる方、要普通自動車免許
    ※英語出来る方、尚可

1.イベントディレクター/2.SPプランナー

  • イベント・セールスプロモーション業務の経験者優遇

3.プランニングプロデューサー

  • 業務遂行に必要なスキルを有する経験者であり、
    かつプロデュース志向の方

4.制作アシスタント

  • 未経験者歓迎

給与その他

【給与】※経験・能力を考慮の上、優遇します。
・イベントディレクター・SPプランナー・プランニングプロデューサー:年俸制400万~900万円
・制作アシスタント:月給制201,950円以上(大卒)
【待遇】
・昇給:年1回
・賞与:年2回
・交通費全額支給
・社会保険完備
・休日出勤手当
【休日・休暇】
・完全週休2日制(土日)
・年末年始・夏期休暇・有給休暇
・リフレッシュ長期休暇 (30日)

応募にあたって

※必ず以下をお読みいただき、同意の上、ご応募ください

  • 応募者の情報は「個人情報」として適正に管理いたします。
  • 応募者情報は弊社の採用審査の目的で使用し、それ以外では使用いたしません。及び法令等正当な理由を除き、第三者に提供いたしません。
  • ご不明な点や応募者情報についてのお問い合わせは、 (人事担当)までお願いします。

同意します

※応募フォームへ移動します。

 

2017.10.12

IAA2017にも怪しい気配が(予告篇)

こんにちは。

東京モーターショーもいよいよ開催間近になってきました。

そんなクルマの話しですが、

9月下旬にフランクフルトモーターショーに行ってきました。

相変わらず日本との違いに圧倒される会場でしたが、

よくよく見てみると、なんとなく怪しい気配がチラチラと。

その内容については、またヒマを見つけて書いていこうと思います。

ここのところ忙しくてなかなか更新できずスミマセンです。

まずは予告として。

黒沢

 

2017.09.11

気がつけば、夏も終わり。

前回の更新が6月20日。

もう休眠したんじゃないかと思われていたかもしれません。

7月あたりから、なんだかんだ忙しくなり、ブログ更新もおろそかに。。。

日暮れもめっきり早くなり、気がつけば9月も半ばへ。

今年は秋から冬に向けて、本業集中です。

ちなみに、今週後半から欧州行ってきますので、

帰ったら、現地情報などアップします。

では、また。

くろさわ

 

 

2017.06.20

LA LA LAND

6月の上旬にひさびさに飛行機に乗った機会に、

何本かの見損なっていた映画を観た。

そのうちの2本、2017年のアカデミー賞の話題をさらった、

「LA LA LAND」と「ムーンライト」。

作品賞に輝いたのは「ムーンライト」だったし、

作品の傾向からみて私好みはまさしくそちらだったのだが、

観終わったあとは、圧倒的に「LA LA LAND」が素敵だった。

※写真はオフィシャルサイトから転用。

そもそもミュージカルという手法でストーリーも単純であるのに、

内容的な濃さが感じられたのは、やはり監督の手腕なのだろう。

若き天才と評されるデイミアン・チャゼル監督。

弱冠28歳「セッション」でいきなりアカデミー3部門を受賞。

その衝撃をひっさげての2作目、それがこのLA LA LANDだ。

ハリウッドを舞台に、

女優を目指してバイトのかたわらオーディションを受け続けるヒロイン(エマ・ストーン)と

自前のジャズバーレストラン経営を夢見る売れないピアニスト(ライアン・ゴズリング)。

その二人の出逢いから行く末を描く物語。

二人の演技、歌、ダンスを絡ませ進んでいくのだが、

特にエマ・ストーンのコケティッシュで魅力的な表情や演技は胸に響いた。

さすが主演女優賞の熱演だ。

ストーリーを語るのは無粋なのであえて触れないが、

『夢を実現することと幸せを得ることは同じなのか?』という

人間としての価値感を強く意識した作品であったことだけ

言っておきたい、そんな映画だった。

筆:黒沢

 

 

2017.05.24

浅草演芸ホール

今月1日、GWの狭間の月曜日、

浅草演芸ホールに寄席(昼の部)を観に行ってきた。

平日とはいえ、午前10時半の開演から席は埋まり気味。

さすがGWで常連さんに混じり、観光客もたくさんいらした。

このGWは特別興行と銘打って、林家木久翁をトリに林家ファミリーが勢ぞろい。

三平、正蔵、木久蔵などテレビでお馴染みの落語家さんたちが出演するのは珍しく、

さすがGWだなあ、という陣容だった。

今回の動機は、4月に下北沢で初めて観た林家彦いちさんの噺が衝撃的に面白く、

どこかチャンスがあればまたぜひ、と思っていたところ、

この日に出演しているのをたまたま見つけたからだった。

林家一門のトリ前を演ずるだけあって、やはり彦いちさんは面白かった。

加えて、漫才やマジックなどの「いろもの」が期待以上に面白く、

落語とのバランスもよく、退屈するどころか、たいへん楽しく観させていただいた。

10時半から16時半まで、あっという間の寄席体験だった。

これはなかなか病みつきになりそうだ。

筆:黒沢

 

 

2017.05.19

日光を見ずして結構と言うなかれ

月に1回のペースに落ち込んでいる更新。

早くも5月も下旬に差し掛かります。

今年のゴールデンウィークは暦の並びも天候にも恵まれ、

日本各地もレジャーや観光で盛り上がったことと思います。

個人的には混雑が大嫌いな性分でGWに観光地などもってのほかなのですが、

終わり間近の6日土曜日朝、ウェブで道路混雑情報をチェックすると、

東北自動車道だけが上り下りとも混雑なしの予想。

ならば!と日光にサクッとドライブ行ってきました。

東京世田谷から日光中心街までおよそ2時間ちょいで行ける

実は手軽なドライビングコース。

特に宇都宮ICからの日光道は、

山間の木々の緑の中を抜けていく美しい道が続き、

なかなか満足感のある行程です。

GWでも道が空いてて、あっという間に着いたと思いつつ、

目的地である東照宮に向かう道であと500mというところから渋滞になり、

というか、まったく動かなくなってしまった。

観光バスは道路上で乗客を降ろし始めるし。。。

ググったMAPで調べてみれば、

どうやら、この列のほぼすべてのクルマが東照宮の駐車場に向かおうとしている。。。

たった200台収容の駐車場に????

そりゃ、無理だわ、ということで、

短気な性分の自分はすかさず諦めUターン。

日光道に乗り直し、イロハ坂を登り、華厳の滝へ。

そして中禅寺湖の寂しげな湖畔を眺めたら、これで終了~。

イロハ坂を下って東照宮脇を相変わらず動かない反対車線の渋滞を横目に、

早くも一路東京へ!

途中、佐野SAで佐野ラーメン食べて3時ごろには無事帰着。

結局、渋滞にハマることなくGWの観光地ドライブが出来ました!

こりゃ、結構なことだと思ったら、

「日光見ずして結構と言うなかれ」だった。

つまり、あの美しい東照宮こそが結構なのであって、

それを見ないで結構などと言うな、ということ。

次はぜひ東照宮に行かなくてはならない、と思った次第でした。

筆:黒沢

 

2017.04.10

遅咲きの桜

桜の開花は東京は昨年と同じ3月21日。

いつも通りなら3月末には満開のはず。

ところが、東京全体に開花が遅れているうえに、

我が花見の的となる多摩川沿いの桜並木はうんともすんとも。

河沿いの風当たりの強い場所柄なのか。。。。

結局、いつもより1週間遅く4月4日の段階で、

たった2分咲きでの花見会決行でした。

それまでしてそんなに花見をしたいのか?

日本人だから、とか、風物詩だから、とか、美しいから、とか

というのは二の次で、やっぱり空の下の宴会が楽しいから、に尽きる。

おいしい料理とうまい酒を昼間から堂々といただく快感。

きっと多くの日本人は同じ気持ちなんじゃないか、と思う。

桜が咲こうと蕾だろうと、

やっぱり花見はやめられない。

来年が早くも楽しみだ。

筆:黒沢

 

 

2017.03.16

今年もボートショーへ行ってきた

今年も3月2日(木)~5日(日)まで4日間、

パシフィコ横浜とベイサイドマリーナの2会場連動で

インターナショナルボートショー2017が開催された。

もうすでに20年くらい毎年通っているが、

今年も3日に2会場へ行ってきた。

まずはパシフィコ会場から観て回ったが、

マリン大手6社(ヤマハ、ヤンマー、トヨタ、スズキ、トーハツ、ホンダ)も含め、

輸入艇メーカーや部品用品メーカーまで今年は相当に規模縮小な状況に映った。

特に大手の新艇の展示が激減しているし、個性的な輸入ボートもほとんど見当たらなかった。

唯一、クリエイション社の『ブルーピーター262』がいい感じだったかな。

主催者もライブコンサートやトークショーなど集客コンテンツを懸命に投入しているものの、

やはりメインの出展が乏しければ、全体的な寒々しさはぬぐえない。

それもあってか、ホンダのNSX、マクラーレン、ロールスロイス、シャンパンに貴金属、

といった富裕層向け出展ブースが特に目立っていたのが悲しかった。

続いて、シャトルバスでベイサイド会場へ。

こちらはいわゆるクルーザータイプの大型ボート、ヨットが会場に係留展示されている。

それにしてもこちらは年々大型化が激しい。

50フィート、60フィートなんて船まで。金額も3億円超!

外観もすごいが船内は想像をはるかに超える別世界。

まるで米国新大統領の住まいのようだ。

そんな豪華船でも一般の人に展示開放している船もある。

購入対象にはならないけれど、乗船体験だけでも十分面白い。

とくにキッズには大きな夢にもなるし、チャンスがあればぜひ観てもらいたい。

私も高校2年生のとき、ヤマハの25ftヨットに乗船体験して、

船内のロマンあふれる小空間に興奮し、

そのとき船への熱い思いが生まれたことを今でも忘れていない。

ボートショーもだんだん2極化してきている気もするが、

できることなら、スモールボートの魅力がもっと広げられるように、

マリン事業界の一員としてもっと努力していかなければと

感じさせる今年のボートショーだった。

筆:黒沢

 

 

2017.03.10

“Sully” ハドソン川の奇跡

シネコンでの上映があっという間に終わってしまい、

見逃していた映画「ハドソン川の奇跡」。

作品の善し悪し無関係に、

単に動員状況で打ち切りを判断するいまどきのシネコン。

やっとブルーレイを借りて自宅で鑑賞できました。

この作品はご存じのとおり2009年1月15日に起こった実話の映画化。

監督はあのクリントイーストウッド、

主役はトムハンクス、サリーことサレンバーガー機長を演じてます。

離陸から不時着まではたった200秒。

ストーリーは事故の再現よりもむしろ、事故後の出来事がメインとなっている。

この事故は墜落なのか不時着なのか、なぜ川を選んだのか、戻るすべはなかったのか、

米国運輸安全委員会の冷徹な尋問とサリー機長の対応が緊張感を持って描かれている。

ただし、派手な演出はない。いかにも淡々と。

それなのに、私はひさびさに感動した。

イーストウッドの演出力もトムハンクスの演技力もさることながら、

なんといっても、自分の仕事にプライドを持って冷静にしかも熱く対応する、

様々な立場の様々なプロフェッショナルの矜持に感動した。

もし、チャンスがあればぜひ観てほしい。

筆:くろさわ

 

 

 

 

2017.02.27

survivor 逆境を生き抜く

なにやら凄いタイトルですが、

話しは単純です。

昨日の日曜日、釣りの依頼で船を出し、戻って船を洗って、

さあ、帰ろうとモヤイを締め直そうと桟橋に屈んだそのとき、

胸ポケットから買ってまもないi-phoneが船と桟橋の間にポチャリ。。。。

手を伸ばしてもすでに遅し。

ゆらゆらと海底に沈んでいくi-phon。頭は真っ白!目はうつろ。

そして水深3mの海底に着底。海の透明度が高くシルバーに光る筺体。

半ば諦めながらマリーナのスタッフに助けを乞うてみる。

彼らが考えたのは、水中眼鏡箱で覗きながら2本の長い網で挟み込み掬い取る作戦。

ただ一回掬い損なうと、海底に溜まった泥が舞ってi-phone自体が埋まってしまう。。。

たった1回だけのドキドキの救出大作戦。

それが、なんと奇跡に掬い取れ、

泥にまみれたi-phoneが私の手に戻ってきた。(感謝です!)

その間、およそ海底に15分。

なのに、白いホームボタンを触ったら、

画面が起動した!

すぐに清水で海水を洗い流し、ドライヤーで乾かして、復帰。

いまも無事に動いている。

そう、私のはi-phone7。

アップルの製品ウェブサイトでは、

耐水性能として「水がこぼれたり、はねても、今まで以上に・・・」と記述しているし、

ショップ購入時には「防水と言っても生活防水程度と思ってください」と言われたものの、

製品の耐水スペックは『水深3m15分完全防水』なのであった。

恐るべしi-phone7

あえて話しを長くしてしましたが、言いたいことはごくごく明快。

海でもしも漂流するようなことがあっても、

ライフジャケットとi-phone7があれば生存する可能性は大幅に増す、

ということだ。

まさにサバイバー(survivor)。

i-phone7のポテンシャルと防水性能が持つ可能性を実感した出来事であった。

まあ、単純に注意不足であるだけなんだけど。

ポジティブに受け取り、教訓にしたい。

 

※i-phone7の耐水結果は個人の経験値であってメーカー保証ではありません。

筆:黒沢

 

 

2017.02.24

プレミアムフライデー始まる

『月末の金曜は、ちょっと豊かに過ごしませんか?』

先週あたりまでは世間での認知率も極端に低かったプレミアムフライデー。

この一週間くらいで徐々に騒がれ始め、いよいよ今日からスタート。

今朝の日経新聞もNHKニュースでも話題になっていましたが、

賛否入り混じりながら、どうなっていくのか興味深いです。

この取り組みは経済産業省が経団連と連携して、

消費拡大と働き方改革を目指して推進していく企画だ。

経産省のサイトでは

『これまでのデータを見ると、給料日の後の月末の金曜日には、

平均消費額が高くなる傾向が見られています。そこで、この月末の金曜日に、

消費者がプレミアムと感じるモノやコトを味わうことで、

日常より少し豊かな時間を過ごすことが出来る、プレミアムフライデーを提案しています。

個人が幸せを感じられるライフスタイルへと変化するきっかけとなり、

また、価値のある商品・サービスに対し適正な対価が支払われることで、

デフレ的傾向を変えるきっかけとなることが期待されています。』と記載されている。

働く人にとって、心地よい提案のように感じられるものの

なんとなくスッキリしないのはどうしてなんだろうか。

課題は

・実施するかどうかは各企業にゆだねられていて実効性が未知数

・実施したくても実施できない様々な事情がある企業にとっての不利益

・導入しない企業経営者に向けた社員のネガティブ感の拡大、モチベーションダウン。

・特にサービス業・接客業など商機に繋げる側の従業員には恩恵がない。

・毎月末の金曜、という指定の仕方が、働く側の実情を考えると難がある(最繁忙日?)

・無理やりに退社をすれば繰り上げた仕事のしわ寄せが起こる(残業制限と同じ問題)

・月給制ではない人(日給・時間給)には関係ない。むしろマイナス。

などなど、相対的に視点を変えるといろいろな懸念がある。。。。

ようするに、

導入した企業の社員さんは早く帰れてラッキーでしょうけど、

それって一部の余裕のある企業の特権じゃないの、うちらはさあ、、、、、

という恩恵を受けられる人と受けられない人が顕著に表れやすいことに

もろ手を挙げて賛成しにくいところがあるような気がする。

たとえば、

・多くの企業が実施できるように支援する施策を考える。

・毎月のどの金曜日にするか選択の自由度を個人や企業に持たせる

・プレミアムフライデーを享受できない人への代替メリットを作る

というような非享受者との不公平感を解消していくチューニングが、

国はもちろん、世論や企業の努力で行われていくことを期待したい。

「早く帰れる」という行為自体はとてもいいことだと思うのだ。

ちなみにパウワウは毎月どの金曜にするかを個人の選択制にして導入します。

今日は、早く帰って何をするか?

筆:黒沢