POWWOW ACCESS MAP

東京メトロ:銀座線/半蔵門線/千代田線 
表参道駅A4出口 徒歩4分

〒107-0062
東京都港区南青山4-20-3
メゾンドラーク402
TEL:03-5786-9292
FAX:03-5786-9291
E-mail:


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
News & Topics
Blog
 

POWWOWとは北米インディアンの言葉で「戦略会議」の意味です。
“すべての戦略は本質を見極めた上で成り立つ。“とパウワウは考えます。
「今、何が必要なのか。そして何をするべきなのか。」をすべての戦略の立脚点に置き、 常に前向きな姿勢で問いかけ、そして具体的なカタチに創り上げていく。それがパウワウのポリシーです。

Planning

机上の言葉遊びとは異なる、実践をふまえたプランニング。本質を見極めたコンセプトワークから実践を前提とした演出プラン、運営プランなどイベント領域のすべての分野で、新しく、しかも実効性のあるプランを創出します。

Produce

プランに基づき、正確に、しかもハイクオリティに具現化していくトータルプロデュース。イベントプロデュースは綿密な準備、的確な判断と進行、さらには細心の気配りが必要不可欠です。品質管理、スケジュール管理、スタッフ管理、コスト管理を念頭に妥協のない完璧なプロデュースを遂行します。

Event

企業の独自イベントから見本市、コンベンションのオーガナイズ業務まで、
あらゆるイベントの企画・制作・実施管理をトータルで遂行。

  • 展示会や見本市での企業出展ブース
  • コンベンションやトレードショーのオーガナイズ業務
  • 新商品発表会などの企業単独展示会、発表会
  • 記念行事などの式典、セレモニー、パーティー
  • 各種講演会、シンポジウム、セミナー
  • コンサート、ファッションショーなどのエンターテインメントイベント etc

Promotion

ブランドプロモーションから新製品キャンペーンの実施まで、
メディアミックスでのライブマーケティング戦略の立案・実施。
更には個人情報の取り扱いに特化したプロモーションの企画から管理業務までの一括請負。

  • 企業・商品ブランド活動におけるプロモーション連動
  • 新製品の導入、拡販などに伴うプロモーション活動
  • SP戦略に基づいた各種キャンペーン活動
  • パンフレット、POP、ノベルティなどのSPツール制作
  • 販売マニュアルや社員研修などのインナープロモーション
  • 新事業、新製品の開発・市場導入にあたってのマーケティング活動 etc

Space

空間開発にかかわるコンセプトワーク・設計・施工から施設運営でのオペレーションまでトータルにプロデュース
※一般建設業(内装仕上工事業)東京都知事許可 第107850号

  • 商業施設や企業ショールームなどの企画・設計・施工
  • 展示会ブースや屋外イベント会場などの設計・施工
  • 科学館・博物館など文化施設の空間開発
  • 商業施設・ショールームでの運営オペレーション etc

Contents

コミュニケーションツールとしてのインタラクティブなコンテンツやシステムの開発及び制作

  • インタラクティブな情報提供ツールとなるコンテンツやデバイス
  • 企業のプロモーションビデオなどの映像ソフト
  • インターネットのホームページ制作
  • CGによるプレゼンテーションソフト、ゲームソフト・システム開発
  • インタラクティブシステムの設計・構築・運用 etc

Planning

コンサルティング

  • クライアントのニーズや課題から最適な解へと導くためのコンサルティング業務

調査

  • 戦略立案のためのマーケティング調査や企画具体化のための各種調査
    (市場調査、会場調査、キャスティング等)

企画立案

  • コンセプトメイキングから造形・演出・運営の具体的展開案に至るまでの
    トータルプランの企画・作成

プレゼンテーション

  • 企画書作成はもちろん、PC、ビデオ等の映像プレゼンにも対応

Produce

クリエイティブ

  • テーマワード・キービジュアル開発
  • 映像・グラフィック表現の開発・制作

演出

  • ステージや空間の演出・構成・台本作成
  • コンテンツ制作
  • 音響・照明・映像ハード・システムの開発・調達
  • タレント・文化人等のキャスティング

運営

  • 運営計画立案・運営マニュアル作成
  • コンパニオン・スタッフの採用・教育・運営
  • ユニフォーム・コスチューム製作
  • 運営事務局業務

造形

  • 会場・ブース施工
  • 内装・インテリア工事
  • 仮設ステージ・テント工事
  • 什器・展示システム製作
  • 屋外広告看板製作・施工

WEB

  • Webサイト企画・制作・運用
  • サーバ、データベースの開発および管理・運用
  • ケータイ連携システム開発

ツール

  • パンフレット・カタログ製作
  • ノベルティ・インセンティブ製作
  • POP・店飾ツール製作
  • DMの製作・発送

Direction & Management

  • 各種イベントでの会場における演出・運営の全体進行管理や、
    キャンペーン等での事務局対応業務

Report

  • 業務終了後の記録映像や報告書の作成及び アンケート等の集計・分析業務

現在、新規の募集は行っておりません。

イベントの可能性を広げる新しいプロモーション領域であなたの実力を発揮してみませんか。当社は、既存のイベント・SP領域はもちろん、ライブマーケティング型の新しいプロモーションにチャレンジしております。インターネットとライブイベントをジョイントさせた展開などはその一例です。今までの既存の領域を超えた新しいプロモーション事業を私たちと一緒に企画・制作していく、新たな可能性に意欲的な人材を求めております。

ご質問は、E-mailかお電話でお気軽にどうぞ。

E-mail : 
TEL : 03-6447-9294

1.イベントディレクター

  • 展示会・発表会等各種イベントのディレクション
    及びプロデュース

2.SPプランナー

  • プロモーション・イベント領域での企画業務

3.プランニングプロデューサー

  • 基本戦略立案から実施プロデュースまで、
    一貫した全体統括業務

4.制作アシスタント

  • イベントディレクター、SPプランナー、
    プランニングプロデューサーの補助業務

共通

  • 専門・大卒以上
  • PCできる方、要普通自動車免許
    ※英語出来る方、尚可

1.イベントディレクター/2.SPプランナー

  • イベント・セールスプロモーション業務の経験者優遇

3.プランニングプロデューサー

  • 業務遂行に必要なスキルを有する経験者であり、
    かつプロデュース志向の方

4.制作アシスタント

  • 未経験者歓迎

給与その他

【給与】※経験・能力を考慮の上、優遇します。
・イベントディレクター・SPプランナー・プランニングプロデューサー:年俸制400万~900万円
・制作アシスタント:月給制201,950円以上(大卒)
【待遇】
・昇給:年1回
・賞与:年2回
・交通費全額支給
・社会保険完備
・休日出勤手当
【休日・休暇】
・完全週休2日制(土日)
・年末年始・夏期休暇・有給休暇
・リフレッシュ長期休暇 (30日)

応募にあたって

※必ず以下をお読みいただき、同意の上、ご応募ください

  • 応募者の情報は「個人情報」として適正に管理いたします。
  • 応募者情報は弊社の採用審査の目的で使用し、それ以外では使用いたしません。及び法令等正当な理由を除き、第三者に提供いたしません。
  • ご不明な点や応募者情報についてのお問い合わせは、 (人事担当)までお願いします。

同意します

※応募フォームへ移動します。

 

2022.07.31

ハワイ再訪始まる

今年4月から日本帰国時の隔離が免除され、

6月からは一定の条件で帰国時の空港でのコロナ検査も無くなり、

しかも米国入国時の陰性証明も不要になったことで、

ずいぶんと海外(特に米国)が身近になってきた。

GWにはハワイツアーも再開され、TVでも随分と取り上げられたが、

5月GW明けに私が再訪した際は日本人観光客は圧倒的に珍しい存在で、

現地の声でも実際はまだまだ少数でもう少し時間が掛かるんだろう

というところだったそうだ。

そして日本もいよいよサマーバケーション。

この夏は大勢の観光客がハワイに行くのだろう、か?

コロナ感染拡大真っただ中ではあるものの、

行動制限のない中ではキャンセルフィーもかかるし、ハワイのほうが感染少なく安全だ、

なんて声もあるだろう。

一方、エネルギー高騰に加え円安と米国インフレのトリプルパンチで

ツアー代はもちろん現地物価も驚くほど高い。

家族旅行は楽しくハワイなんて言ってられないのが現実でもある。

それでも、行ってみればハワイは心地よい。風も香りもすべてがハワイ。

久しぶりにハワイを訪れれば、その想いは実感として押し寄せる。

いまハワイ州では「マラマハワイ」(ハワイを思いやる心)をスローガンに

レスポンシブルツーリズムキャンペーンを実施中。

今こそハワイ本来の魅力に再会できるときでもある。

観光名所を巡る旅もいいけれど、

ハワイは自然の中でゆったり過ごす、そんな貴重な経験がいまなら絶好のチャンス。

パウワウでは、ハワイ旅行者のためのコンサルティングも積極的に行っております。

ハワイ再訪を検討しているけど、いま実際にどんな準備をすればよいのか、

各地のリゾートや店舗はどんな状況なのか、などなど

ハワイの最新情報や渡航手続きのアドバイスなど気軽に声掛けください。

ぜったいに満足するハワイを!

PS:広告に惹かれて本誌を購入。新しいお店の情報中心に掲載されていたが、

涙するハワイはもっと他のところにある気がした。

筆:黒沢

 

 

 

2022.06.27

トップガン マーベリック

だいぶタイミングが遅くなってしまったが、

昨日、やっと観てきた。

「トップガン マーベリック」

いまだ客席は満席で大人気継続中。

IMAXを勧める知人多数も、まずは2Dで内容重視で鑑賞してきた。

1作目(1986年)から36年もの年月を超えての2作目ということ自体驚きなのだが、

主演トム・クルーズの時の経過を感じない若々しさがとにかく印象的だった。

しかも、1作目をリスペクトしたシーンや音楽も心打つものだった。

一方、ストーリーは36年の年月(世界情勢や兵器技術)を反映した落とし込みになっていて、

見応えの面では個人的には1作目を大きく上回っていた感想だ。

特に、昨今のウクライナ対ロシアの戦争状況や心理を思いやると、

単純でただカッコイイ娯楽大作とは片づけられない心情にもなった。

やっぱり戦争は酷でありあってはならないものだとつくづく感じてしまった。

そんなことを思いつつも、

自宅に戻って、再び1作目をアマゾンで観てしまった。

次は再びマーベリックIMAXかな!

筆:黒沢

 

 

 

 

2022.06.26

「猿まね」批判を恐れるな vol.3

前回からの続き(最終回)

模倣にも「良い模倣」と「悪い模倣」があるという。

一橋大学の楠木教授は

「良い模倣が垂直的な動きであるのに対して、悪い模倣は水平的な横滑り」だという。

目に見える現象だけを見て、それをコピーするだけでは意味がない。

いわゆるパクリというものだ。

にわかに見えない深層部分をイメージして、それをヒントに再現することなのだろう。

そのためには対象となるビジネスを抽象化して理解し、

自らが考える世界にアレンジしていく必要がある。

具体から抽象へ、抽象から具体への往復運動を繰り返すのだという。

抽象化にも難易度的に3段階があるという。

まず1つは単純にそのまま持ち込む「再生産」

2つめが状況に合わせて作り変える「変形」

3つめが新しい発想を得る「インスピレーション」

後になるほど抽象化のレベルが上がり汎用性が高まる。

結果、往復運動の振幅度合いが大きくなり「模倣力」が高くなる。

まず「再生産」の例で言うと、海外の成功例を国内に独自のカタチとして持ち込む例だ。

これはパイオニア・インポーターと呼ばれる。

つまりオリジナルとは別の市場で一番手の地位を自ら確立する企業となる。

LCCエアラインの各国・地域での導入などがその一例だ。

次の「変形」。もともとの世界と持ち込む世界が違う場合、自らの世界に適合させる必要がある。

自分で作り込む部分が増えてしまうが、それが独自性をもたらす。

セブン-イレブン・ジャパンが持ち込んだCVSは日本に合わせるため、

物流と情報システムを一から整備しなおした。

移植に伴う問題を創造的に解決することによって新規性が生まれるのだ。

最後の「インスピレーション」は、まったく違うレベルのことからヒントを得て

まったく新しい発想を自らに持ち込むというものである。

トヨタの生産方式がスーパーマーケットから発想を得たというのは有名な話しだ。

グーグルの検索エンジンも学術研究の引用数とウェブサイトの検索数の同一性からヒントを得たとのことだ。

こうなってくると仮説検証を繰り返して自分の世界で再発明していくこととなるので、

鋭い観察力と経験が必要となるのだろう。

見た目はなかなか模倣が出来ないビジネスモデルであったり、

思いもよらない発想だったりするものをよく目にするが、

よくよく調べてみると、それ自体は大なり小なり模倣から生まれているものが多い。

スタートアップ企業ではビジネスモデルの模倣はイノベーションを生み出すための定番であるという。

特に米国や中国、そして今では東南アジアでもよく見られる。

日本の企業も時代の転換期にあって、再び模倣イノベーションを実践すべきではないか、

模倣こそ、ビジネスモデルの転換に向けた最初の一歩となると

井上教授は語る。

翻って、我々の業界はどうだろうか。

「アイデア」という名前の独創性を求めがちな風潮がある中で、

社会や世界の動きをじっくり観察し、自分なりに洞察し、

それをヒントに新しい価値に「模倣」することにもっと自信をもって堂々と取り組んで欲しい、

と筆者は願う。

そうでないと「アイデア」という名ばかりの「当たり前」か

苦し紛れの「パクリ」ばかりが氾濫する懸念がある。

我々も知識を蓄え独自にアレンジして新しい「模倣」を生みだしていきたい。

今回の記事は、世界的なビジネスモデルを題材としつつ、

筆者が日頃、企画立案に対して思っていることとまさに合致していたことで、

長編のブログとなってしまったことを許していただきたい。

筆:黒沢

 

 

 

 

 

 

2022.06.21

「猿まね」批判を恐れるな vol.2

先日のブログネタについての詳細です。

記事の趣旨は、

「日本企業が戦略不全からの脱出には模倣イノベーションが大切だ」

ということだ。

日本企業が長期にわたって戦略不全の状態に陥り

イノベーション(技術革新)も起こらない袋小路に入り込んでいる、

と語るのは早稲田大学 井上達彦教授だ。

失速の原因はイノベーション創出力が衰えたからという通説の下、

その鍵はイミテーション実践力=模倣力の喪失だと筆者は語る。

本来、日本人は「創造的模倣」に長けた民族でもある。

世界視点で見ても、偉大な会社のビジネスモデルは創造的模倣によって生み出されてきた。

それは、トヨタ自動車の生産システムしかり鈴木敏文氏のセブンイレブンの日本応用しかり

ニトリのSPA(製造小売り)型ビジネスモデルだったりする。

あの革新的なアップルでさえ既存技術を結び付けるのが上手い企業だそうだ。

いずれも業界を代表し、イノベーションの象徴のような企業だが、

異国、異業種、過去のものを巧みに模倣している。

独創的ではあるが、ゼロから生み出すわけではなく、創造的に模倣することで生まれたのだ。

一方で「猿まね」と揶揄されるように摸倣には、成功がある反面もちろん失敗もある。

それが「良い模倣」と「悪い模倣」だという。

話が長くなってきたので、この続きはまた次回にしたい。

このVol.2では、模倣は過去からも世界どこでもイノベーション実践力として

必須の労力であり、それが偉大な企業が証明していることでもある、

ということだ。

(当ブログは2022年5月31日日経朝刊Analysis 井上教授の記事より引用)

筆:黒沢

 

 

2022.05.31

「猿まね」批判を恐れるな

今朝の日経新聞のコラム

タイトルは「猿まね」批判を恐れるな、と。

なにを言いたいのだろうと思い読み始めて、

思わず膝を打った。

かねてより持論としていたひとつの在り方を

まさに深く掘り下げて論じていたのである。

その内容は追って記載します。

取り急ぎ

筆:黒沢

 

 

2022.05.27

サウナブーム

サウナブームという話はすでにずいぶん前から耳にしていた。

「整う」というワードも流行り言葉になってきている気がしていた。

そしてついに日経新聞が「サウナ」をテーマにイベントを開催するとのこと。

サウナが社会性を持って語られる日が来るとは不思議な感覚だ。

ただ、実際のところ私の仕事関係の方の中にもサウナ好きが多い。

よくよく聞いてみると、

フィジカル面の効能はもちろんメンタル面での効能もあるそうなのだ。

ストレスの発散は言うまでも無く、仕事上の様々な判断にも役立つとのこと。

他人事のように言っているが、最近は自分もサウナの魅力(効能)に気づき始めた一人である。

ここコロナ禍で海外に行けず国内の地方に出かける機会も増えた。

その際、サウナ付きの宿泊施設を積極的に選んでしまう自分がいる。

サウナを経て「我慢」と「解放」の繰り返しは、

人生の日々とも重なる気もするのである。

これからはますますサウナに気が抜けない。

筆:黒沢

 

 

 

2022.04.28

コーダあいのうた

随分とズレた報告だが、

4月の初旬、アカデミーショーの発表が終わり、

ドライブマイカーが国際長編映画賞の受賞で湧いている中、

作品賞の受賞作品となった「コーダあいのうた」を観てきた。

ここ数年来、アカデミー賞作品賞にはダイバーシティや貧富の二極化など、

いまの世界課題をテーマにした作品が選ばれる傾向にあるように思えるが、

この作品も確かにその流れを汲んでいた。

内容はあらすじだけを聞くと安直に感じるかもしれないが、

実際に観てみると、脚本の秀逸さ、役者の演技力(聾唖の有無に関わらず)など

とても感動的で見応えのあった映画であった。

もともとフランス映画「エール!」のベースに映画化権を獲得したうえで、

シアン・ヘダー監督がアメリカを舞台に書き換えた脚本の作品とのこと。

蛇足だが、個人的には主人公ルビーの音楽の才能を見出し、全身全霊で応援した

音楽顧問の先生の個性が大好きだ。

機会があれば、また観てみたいと心から思う。

筆:黒沢

 

 

 

 

2022.03.22

今年も桜が開花

3月20日(日)に東京での桜の開花が宣言された。

東京都にある桜の標本木は靖国神社にあるとのこと。

ということで、

我が地域(二子玉川)の桜はどんな具合なのか、

と翌21日(月)に「マイ標本木」をチェックしに行って観た。

それはコロナ前まで毎年恒例のお花見にお邪魔していた多摩川沿いの桜の大樹。

遮るもののない風の通りの良い河原にある関係か

いつも東京の開花宣言から少し遅れての開花なのだ。

想像通りまだ1輪も咲いていない。やはりあと数日はかかりそうだ。

たぶん3月末から4月初旬に見ごろを迎えるだろう。

まん延防止措置も解除になってなかなかに良いタイミング。

今年こそ3年ぶりのお花見を願うところ。

帰りの道すがら玉堤通りの脇にある桜並木を観に行くと、

こちらは道路沿いでやや暖かい傾向にあるので、

ほんのいくつか咲き始めていた。

もちろん満開の桜は絶品だが、

1輪だけ咲いた桜や、まさに開こうとしている蕾など、

どんな桜にも表情があって素敵だと思う。

また今年もそんな季節になったのかと思うと感慨深い。

筆:黒沢

 

 

2022.03.16

ふるさと納税に隠れた悲劇

以前からふるさと納税に関しては悪策だという持論を持っていたが、

つい先日、日経新聞朝刊のコラム「大機小機」に掲載されていた記事が

まさに自分の考えにドンピシャで、思わず膝を打った。

悪の根源は、公共サービスが持つ『共有地の悲劇』と呼ばれる特質に由来するのだ。

これは社会的ジレンマなどでよく使われる定説で、

周りと協力すれば誰にとってもいい結果であったものが、

自らの利益追求図ろうとしたため、最終的には誰にとっても悪い結果に

なってしまうことを意味している。(コトバンクから引用)

ようするに、1人だけが都民税の納付を1万円減らしてふるさと納税に振り向けたとしても

自治体のサービスがいきなり減ることはなくうれしい返礼品(牛肉や鮮魚など)が手に入る。

しかし、都民全員が行えば公共サービスは実際に1人1万円分減ってしまう。

結局、個人の欲求を優先するがために集合体総体の利益が損なわれることになるのだ。

ふるさと納税の本来の趣旨は、

豊かな都会の税収を地方に振り向け地方に活性化を応援するというものだ。

自分が受ける公共サービスを減らしてでも地方を応援したいというなら納得がいく。

しかし、現実には2,000円で手に入れられる返礼品目当てとなっていることが問題なのだ。

その上、各自治体も多くの寄付を集めるため、その部署にヒトやモノをつぎ込み、

さらにポータルサイト運営企業に多額の費用を払っているのが現状で、

せっかくの寄付が間接経費と返礼品に費やされ、

結果としてほんのわずかの寄付金が地方自治体に残る、という構図なのだ。

どうせ1万円を都会から地方に寄付するのであれば、

まるまる1万円が地方の活動に使われるのが本筋ではないか。

だってもともと1万円はまるまる1万円として都会の税金に使われるはずだったのだから。

『結局、ふるさと納税とは、政府が本来の趣旨説明を避け、国民に得だと錯覚させて

効率の悪い再分配をする制度なのである。』と記事では結ばれている。

まさに、おっしゃる通り!

グルメや旅行といったのブログを綴っている

裕福そうな暮らしぶりのブロガーと呼ばれる人たちの中には、

ふるさと納税で得た返礼品の数々を自慢げに載せているケースをよく見受けるが、

本人に「その悲劇の主人公」の自覚が無いことは確かだ。

ふるさと納税が続くのであれば、返礼品という通販サービスを無くし、

応援したい地域に全額寄付をする、という制度に改めてもらいたいと切に願う。

筆:黒沢

 

 

2022.02.15

民主的な合理的期待値理論の思考法

今朝の日経新聞「エコノミクストレンド」(経済教室)に

気になる記事が掲載されていたので紹介したい。

コロナ禍の中でTVに頻繁に登場していた慶応大学教授、

小林慶一郎氏の記事である。

 

タイトルは非常に難解に感じるが、

内容は至ってシンプルかつ有益なコラムである。

超あっさりまとめると、

民主的な合理的期待値理論というのは、2つの合理性を持っている。

1つは、いわゆる一般的な合理性。迷信にとらわれない数学的な思考や論理性のこと。

2つめが、相手(他者)の気持ち(思考や期待)を推し量って自分の考えや行動に繋げること。

だということ。

「自分が相手の立場だったらどう考え、行動するだろうか」と

自分も相手も平等な存在として思考することで民主的なのだと。

それに対して、

陥りやすい思想がパターナリズム(家父長的な権威主義)というもの。

暗黙の裡に相手は自分より愚かだと考え、自分の考えを優先する思想である。

とかく偉そうな人ほど陥りやすく、

その例が官僚が政策を考えたりする際だったりと。

新型コロナ拡大の中で続いたPCRなどの検査抑制対応が例として挙げられている。

保健政策としての検査抑制が逆に国民の不安を拡大させたということだ。

個人的にはアベノマスクもワクチン3回目接種も根はすべて同じことだと思われる。

この思考法は、なにも経済理論だけでなく、

仕事でもプライベートでも日常的にとても重要だ。

コンペでも相手の気持ちを推し量ることから企画は始まるのだから。

我々にはとても大事な教えだと思う。

 

筆:黒沢

Archive