POWWOW ACCESS MAP

東京メトロ:銀座線/半蔵門線/千代田線 
表参道駅A4出口 徒歩4分

〒107-0062
東京都港区南青山4-20-3
メゾンドラーク402
TEL:03-5786-9292
FAX:03-5786-9291
E-mail:


Access map  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

POWWOWとは北米インディアンの言葉で「戦略会議」の意味です。
“すべての戦略は本質を見極めた上で成り立つ。“とパウワウは考えます。
「今、何が必要なのか。そして何をするべきなのか。」をすべての戦略の立脚点に置き、 常に前向きな姿勢で問いかけ、そして具体的なカタチに創り上げていく。それがパウワウのポリシーです。

Planning

机上の言葉遊びとは異なる、実践をふまえたプランニング。本質を見極めたコンセプトワークから実践を前提とした演出プラン、運営プランなどイベント領域のすべての分野で、新しく、しかも実効性のあるプランを創出します。

Produce

プランに基づき、正確に、しかもハイクオリティに具現化していくトータルプロデュース。イベントプロデュースは綿密な準備、的確な判断と進行、さらには細心の気配りが必要不可欠です。品質管理、スケジュール管理、スタッフ管理、コスト管理を念頭に妥協のない完璧なプロデュースを遂行します。

Event

企業の独自イベントから見本市、コンベンションのオーガナイズ業務まで、
あらゆるイベントの企画・制作・実施管理をトータルで遂行。

  • 展示会や見本市での企業出展ブース
  • コンベンションやトレードショーのオーガナイズ業務
  • 新商品発表会などの企業単独展示会、発表会
  • 記念行事などの式典、セレモニー、パーティー
  • 各種講演会、シンポジウム、セミナー
  • コンサート、ファッションショーなどのエンターテインメントイベント etc

Promotion

ブランドプロモーションから新製品キャンペーンの実施まで、
メディアミックスでのライブマーケティング戦略の立案・実施。
更には個人情報の取り扱いに特化したプロモーションの企画から管理業務までの一括請負。

  • 企業・商品ブランド活動におけるプロモーション連動
  • 新製品の導入、拡販などに伴うプロモーション活動
  • SP戦略に基づいた各種キャンペーン活動
  • パンフレット、POP、ノベルティなどのSPツール制作
  • 販売マニュアルや社員研修などのインナープロモーション
  • 新事業、新製品の開発・市場導入にあたってのマーケティング活動 etc

Space

空間開発にかかわるコンセプトワーク・設計・施工から施設運営でのオペレーションまでトータルにプロデュース
※一般建設業(内装仕上工事業)東京都知事許可 第107850号

  • 商業施設や企業ショールームなどの企画・設計・施工
  • 展示会ブースや屋外イベント会場などの設計・施工
  • 科学館・博物館など文化施設の空間開発
  • 商業施設・ショールームでの運営オペレーション etc

Contents

コミュニケーションツールとしてのインタラクティブなコンテンツやシステムの開発及び制作

  • インタラクティブな情報提供ツールとなるコンテンツやデバイス
  • 企業のプロモーションビデオなどの映像ソフト
  • インターネットのホームページ制作
  • CGによるプレゼンテーションソフト、ゲームソフト・システム開発
  • インタラクティブシステムの設計・構築・運用 etc

Planning

コンサルティング

  • クライアントのニーズや課題から最適な解へと導くためのコンサルティング業務

調査

  • 戦略立案のためのマーケティング調査や企画具体化のための各種調査
    (市場調査、会場調査、キャスティング等)

企画立案

  • コンセプトメイキングから造形・演出・運営の具体的展開案に至るまでの
    トータルプランの企画・作成

プレゼンテーション

  • 企画書作成はもちろん、PC、ビデオ等の映像プレゼンにも対応

Produce

クリエイティブ

  • テーマワード・キービジュアル開発
  • 映像・グラフィック表現の開発・制作

演出

  • ステージや空間の演出・構成・台本作成
  • コンテンツ制作
  • 音響・照明・映像ハード・システムの開発・調達
  • タレント・文化人等のキャスティング

運営

  • 運営計画立案・運営マニュアル作成
  • コンパニオン・スタッフの採用・教育・運営
  • ユニフォーム・コスチューム製作
  • 運営事務局業務

造形

  • 会場・ブース施工
  • 内装・インテリア工事
  • 仮設ステージ・テント工事
  • 什器・展示システム製作
  • 屋外広告看板製作・施工

WEB

  • Webサイト企画・制作・運用
  • サーバ、データベースの開発および管理・運用
  • ケータイ連携システム開発

ツール

  • パンフレット・カタログ製作
  • ノベルティ・インセンティブ製作
  • POP・店飾ツール製作
  • DMの製作・発送

Direction & Management

  • 各種イベントでの会場における演出・運営の全体進行管理や、
    キャンペーン等での事務局対応業務

Report

  • 業務終了後の記録映像や報告書の作成及び アンケート等の集計・分析業務

現在、新規の募集は行っておりません。

イベントの可能性を広げる新しいプロモーション領域であなたの実力を発揮してみませんか。当社は、既存のイベント・SP領域はもちろん、ライブマーケティング型の新しいプロモーションにチャレンジしております。インターネットとライブイベントをジョイントさせた展開などはその一例です。今までの既存の領域を超えた新しいプロモーション事業を私たちと一緒に企画・制作していく、新たな可能性に意欲的な人材を求めております。

ご質問は、E-mailかお電話でお気軽にどうぞ。

E-mail : 
TEL : 03-5786-9292

1.イベントディレクター

  • 展示会・発表会等各種イベントのディレクション
    及びプロデュース

2.SPプランナー

  • プロモーション・イベント領域での企画業務

3.プランニングプロデューサー

  • 基本戦略立案から実施プロデュースまで、
    一貫した全体統括業務

4.制作アシスタント

  • イベントディレクター、SPプランナー、
    プランニングプロデューサーの補助業務

共通

  • 専門・大卒以上
  • PCできる方、要普通自動車免許
    ※英語出来る方、尚可

1.イベントディレクター/2.SPプランナー

  • イベント・セールスプロモーション業務の経験者優遇

3.プランニングプロデューサー

  • 業務遂行に必要なスキルを有する経験者であり、
    かつプロデュース志向の方

4.制作アシスタント

  • 未経験者歓迎

給与その他

【給与】※経験・能力を考慮の上、優遇します。
・イベントディレクター・SPプランナー・プランニングプロデューサー:年俸制400万~900万円
・制作アシスタント:月給制201,950円以上(大卒)
【待遇】
・昇給:年1回
・賞与:年2回
・交通費全額支給
・社会保険完備
・休日出勤手当
【休日・休暇】
・完全週休2日制(土日)
・年末年始・夏期休暇・有給休暇
・リフレッシュ長期休暇 (30日)

応募にあたって

※必ず以下をお読みいただき、同意の上、ご応募ください

  • 応募者の情報は「個人情報」として適正に管理いたします。
  • 応募者情報は弊社の採用審査の目的で使用し、それ以外では使用いたしません。及び法令等正当な理由を除き、第三者に提供いたしません。
  • ご不明な点や応募者情報についてのお問い合わせは、 (人事担当)までお願いします。

同意します

※応募フォームへ移動します。

 

2018.11.01

ハロウィンの不幸

10月31日の昨日、

渋谷で仕事があり、

ちょうど終わったのが18時すぎ。

渋谷警察署方面から渋谷駅に向かうが、

そういえばハロウィンだと気づき、どうせならとハチ公方面に向けて歩く。

途中すでに路上にはコスプレの若者や外国人が溢れ、

ハチ公前広場にたどり着いた時には、身動きできない黒山の人だかり。

ハロウィンをコスプレで盛り上がりたい人々に加え、

それを観ようととする人たち(メディア含む)、

そしてそれを抑える相当数の警察官たち、

駅前からスクランブル交差点一帯は異様な状況になっていた。

DJポリスもすでに疲れ気味なのか、

シャレの余裕もなく、ひたすら静粛を訴えることに専念していた。

 

それにしても、と思う。

数年前、ハロウィンがクリスマス、バレンタインデーに続く

第3の購買促進イベントに育った、と言われていたが、

ここ渋谷を見る限りは、イベントと呼ぶようなものではなく、

まさに暴徒群による渋谷ハロウィン騒動ではなかろうか。

 

もともとハロウィンの起源は、

古代ケルト人が秋から冬を乗り越えていく宗教的行事として

秋の収穫を祝うとともに冬に向けて悪霊を追い払うお祭り。

仮面をかぶり魔よけの焚火で自分たちの身を守るのが本来の趣旨。

と言われている。

 

この一連の騒動をみると、

自然の恵みへの感謝などこれっぽっちも頭になく、

なにかに変装することで我(理性)を隠し、

抑圧された本能を露わにして無秩序に騒ぎ狂うことが

目的化されているように強く思う。

これでは、購買促進の機会どころか、

より犯罪ごとに近づいていると言える。

様々な地域で様々なハロウィンにちなんだ催しが行われ、

それが地域や経済の活性化に貢献している例も確かにある。

この渋谷での騒動、さらに同じ騒動が起こっている大阪ミナミなど、

間違ったハロウィンを今回限りで終わりにするためにも

行政や警察はもちろん、

我々ハロウィンをビジネス化しようと仕掛けていた人間も

いろんな知恵を出し合って、

本来のハロウィンの魅力を取り戻す努力がいよいよ必要だろう。

そうでないと、あまりに日本のハロウィンが可哀そうだ。

 

筆:黒沢

 

 

2018.10.31

ぶとう収穫祭2018に遭遇

パリモーターショー視察の4日目、

日本帰国に夜便での出国だったため、

まだ訪れたことのないモンマルトルの丘に行ってみようと思い立ちメトロで向かった。

最寄駅では長い長い螺旋階段を上り地上に出た。

丘に向けて坂道沿いにはお土産ショップやカフェが立ち並び、

土曜日ということもあるのか、人通りが多くとても賑わっているように感じた。

ひたすら坂道を登り続けると、やがてテアトル広場に行きついた。

画家がいっぱいで、様々なタッチで観光客の似顔絵を描いている。

そのままサクレクール寺院を目指すと、向かう道沿いに露店屋台がびっしり!

しかもその間を大勢の人が埋め尽くしている。

最初は何ごとかと思ったが、どこの屋台でもワインとおいしそうな郷土料理が売られ、

訪れている人たちがグラスを片手におおいに楽しんでいる。

看板を読み解くに、どうやらちょうど「ぶどう収穫祭」の催しに巡り会ったようだ。

自分もさっそくその一員となり白赤のワインとともに、

モンマルトルから一望できるパリ市街の風景を楽しむことができた。

このぶどう収穫祭、正しくは

「Fete des Vendanges de Montmartre(フェテ・デ・ヴァンダンジュ・ド・モンマルトル)」

パリで唯一のモンマルトルのブドウ畑で収穫されたぶどうを祝うお祭りだそうで

毎年10月の第2週に開催されているとのこと。

1年でたった5日間だけの貴重な催しに

ちょうどタイミングが合ったのが驚きと言える、

とってもハッピーでラッキーな経験であった。

つぎはあえてこのタイミングに合わせてパリに行ってみたい。

そんな素敵な収穫祭だった。

黒沢

 

 

2018.10.23

ジャポニズム2018 若冲展

今年は日仏友好160周年。

それを記念した『ジャポニズム2018』と題した芸術文化イベントが

パリ市内を中心に行われている。

パリモーターショーを観に行った期間に、

ちょうど『若冲―〈動植綵絵〉を中心に』展が 、

1900年のパリ万博博覧会の展示会場として建造された

Petit Palais:プティ・パレ(パリ市立美術館)にて開催されていた。(~10月14日まで)

伊東若冲(いとうじゃくちゅう)は江戸時代の半ば、18世紀後半に京都で活躍した画家。

近年、再評価と研究が進み、日本では大きなブームになっている。

今回は、彼の作品の中でも最も有名で優れている「動植綵絵」全30幅と

「釈迦三尊像」3幅を同時に展示公開する。

これは、欧州で初めて、海外で2回目、日本も合わせてもたった4回目という、

貴重な機会だったのだ。

2016年に東京美術館で開催された日本開催2回目の際は、

入場までに5~6時間待ちという驚異の人気に圧倒され、

私はあっさり諦めたくちであった。

それがなんとパリで開催されていたのだ。

最終日間近のため当日は非常に混んでいた。

フランスでもこんなに人気があるとは驚きだった一方、

日本人としてちょっと誇らしい気分にもなった。

作品の内容とその論評は割愛するが、(専門家の論評を参考にしてください)

どれも圧倒される表現力と繊細さが印象的だった。

特に釣り好きにとっては魚貝を描いた作品に見とれてしまった。

パリで観る日本最高峰の芸術はまた格別だった。

筆:黒沢

 

 

2018.10.18

パリモーターショーは変革期か

近年9月に開催されていたパリモーターショー、

120周年となる今年は10月4日~14日(一般デイ)の開催となった。

世界最古のモーターショーと言われるこのパリショーは、

時期だけでなく、名称から展示構成まで大きく様変わりしたのだった。

“DU MONDIAL “という名のもと、クルマだけではなく、二輪も同時開催となり、

さらにB2B向け技術展も併設された。

一方で、開催期間は2週末(11日間)に減少し、

メジャークルマメーカーもVWを筆頭に14ブランドも取りやめて、

たった3館だけになっていた。

出展各社も地元以外はチカラが抜けていた気がしたのは私だけだろうか。

その中でスズキの元気さが目立っていた。

他には、ベトナム企業ヴィンファストの初出展、

中国からは唯一、GAC(広州汽車集団)が参加、など

アジア新興メーカーが印象的だった。

技術展ホールには行かなかったが、

二輪ホールは充実していてバイク好きには見応えがあったと思う。

特に、カワサキやスズキは名車のZ900、KATANAが新旧で展示され、

マニアにとってたまらなかっただろう。

CESこそがモーターショー?と言われるようになってきて、

いままでの延長線上では先進国のモーターショーも続きにくいのかもしれない。

これからの東京MSを考えるうえで、参考になるそんなパリショーであった。

筆:黒沢

 

 

2018.09.21

稀勢の里が愛される理由とは

大相撲秋場所も後半戦に入り、残すところあと3日。

相変わらず稀勢の里がニュースで取り上げられている。

一昨日は逸ノ城にあっけなく敗れ3敗目となったが、

昨日は御嶽海を寄り切り白星を掴み9勝目。

今日は全勝の白鵬との大一番が待っている。

今場所、稀勢の里は自身の命運をかけた場所。

日々の取り組みを経て、

なんとかなんとか10日目で勝ち越して、

いまにも切れそうだった綱が繋がって、

多くの人たちがホッと胸をなでおろしていることだろう。

実は私もその一人なのだ。

普段、スポーツは一人称で楽しみ、観戦はあまり興味のない自分だが、

稀勢の里だけにはどうしてそんな気持ちにさせられるのか。

まるで会社の浮沈に影響する大事なコンペが獲れてホッとしている時の気分のようだ。

なぜ、これほど稀勢の里が多くの人たちの気持ちを掴むのか?

私が考えるに大きく3つの要素が考えられる。

まず、相撲への取り組み姿勢。

大関時代からここ一発のときにしくじってしまう、なんともやるせないところがありつつも、

それにめげず一生懸命に打ち込み続けてやっと結果を出す、そのひたむきな相撲に向き合う姿勢。

ふたつめは、その性格が表わす表情。

口数少なく、むっつりしていて、どこを見てるか、何を考えているか、

ぜんぜんわからないとぼけた表情。その憎めない愛らしさ。

実は、怒りや興奮を心の内に抑えて平静にふるまう自己抑制力の効いた表情とも言えるだろう。

某総理大臣もこのくらいの度量を持て欲しいとつくづく思う。

そしてダメ押しが、輝く頂点で怪我に見舞われた苦難。

多くの外国人力士が活躍するいま、もう日本人の横綱は無理なのか、

と諦めていた時にやっと勝ち取った最高位もつかの間、

大きな期待に無理して応えた結果のあの怪我と今日までの長い長い苦難の道のり。

この何とも言えない不運が我々の心を大きく揺さぶっている。

これら3つの要素をまとめて 言えば、

けっして天性のスターではないけれど、

我慢強い心と七転び八起きの努力で不運を乗り越える庶民のヒーロー。

そう、稀勢の里は、まさに日本人の精神性をくすぐるツボなのだ。

こんなヒーローはアニメでもそうそう無い!

稀勢の里に続こう!

※写真は3日目の豊山戦。突き落としで稀勢の里に白星。

筆:黒沢

 

 

 

2018.08.01

名古屋城本丸御殿

7月のある日、名古屋に出張する機会があり、

日中の空いた時間に初めて名古屋城に行ってみた。

復元された城ではあるものの、その雄大な姿は圧巻だ。

ただ現在は耐震工事中のため天守閣は立ち入りできない。

外観を観るだけなのは残念。

一方、天守閣に沿うように本丸御殿があるのだが、

それがちょうど復元完成し6月から公開になったタイミングで、

そちらをじっくり見学してきた。

詳細は公式ホームページをご覧いただきたい。

http://honmarugoten.jp/

本丸御殿は、尾張藩主の住居かつ藩の政庁として慶長20年(1615年)、

徳川家康の命によって建てられた近世城郭御殿の最高傑作と言われた建物で、

京都二条城の二の丸御殿と並ぶ武家風書院造の双璧と言われていた。

昭和になって天守閣とともに国宝に指定されたものの、

昭和20年の空襲により建物の大部分が焼失しまい、

その復元が待ち望まれた本丸御殿は、

平成21年から復元工事が始まり、

平成30年6月8日、いよいよ完成公開となった、というところだった。

※公式ホームページより

復元した御殿の出来栄えにはいたく感心するが、

それ以上に、当時の徳川家の力をひしひしと感じさせるものだった。

ちょうど、司馬遼太郎『関ヶ原』を再読したあとだったのが、

よりリアルな思いにさせられたのか。

機会があればぜひご覧ください。

筆:黒沢

 

 

2018.06.14

明日6月15日から民泊新法施行

相変わらず、増加の一途をたどる訪日外国人旅行客。

彼らの宿泊場所として数年前から話題になっていた民泊。

やっと明日から民泊を合法化する民泊新法が施行されます。

今までグレーな状態で行っていたところがほとんどでしたが、

これで正規に堂々と民泊営業ができることになります。

ところが、施行直前でも民泊活用の申請は想定をかなり下回っていて、

民泊としての機能が十分に発揮できるのか、微妙な状況です。

というのも、この民泊新法に沿った申請がかなり面倒な上に、

営業日数の制限(年間180日以下)でビジネス目的では収益的に無理があり、

さらに事業者の義務として様々な条件が付帯されています。

そのうえに、各自治体が上乗せの条例を課しているところもあり、

とても魅力的に見えないものになってしまっているからだと思われます。

そもそも民泊は、旅行者に向けた新たな価値観を持った宿泊施設という利点と、

個人が副業として収入が得られるシェアリングエコノミーとしての利点という

大きな2つのメリットが生まれるサービスです。

一方で、既存宿泊業界の反対、近隣への迷惑や犯罪の隠れ蓑という

いくつかのデメリットも持ち合わせていました。

今回、政府・行政は思い切って認める方向にかじを切ったはずでしたが、

いろいろと詰めていくうちに、認めたはいいが、規制・条件が多すぎて、

オーナー側はやる意味が限りなくゼロもしくはマイナスになってしまった、

というのが現状ではないでしょうか。

結局、本来の目的が半分も生かされていない気がします。

よかれと思ってやろうとしても、

デメリットをつぶすことばかりに目が行ったばかりに、

本来得られるだろうパフォーマンスに遠く及ばない。

ライドシェア、ドローン、AI、自動運転などなど

これからまだまだ新時代のサービスや技術の本格化が控えている中で、

民泊と同じような思考で議論していると、

やがて日本は世界から見放されることになりましないか、

そんな心配がよぎっていく民泊新法施行でした。

筆:黒沢

 

 

2018.06.13

SeaLife Club Report 番外編:アクアパッツァ

釣りに行くと、たいがい外道が釣れてしまいます。

外道とは、狙っている本命の釣りモノではない魚種のこと。

外道にも、期待を超えるうれしい外道もいれば、ゴメンな外道もいろいろです。

しかも外道はいろんな種類が混じりやすいです。

そんな外道が釣れてしまったとき、こんな風なカタチに変えるとちょっとうれしくなります。

それは、アクアパッツァ。

写真は、ひらめ狙いで出船したある日の釣りネタを料理したものです。

左から、白ギス、ち鯛、アカボラ、イイダコです。

野菜とアサリと一緒にグリルしただけで、こんな姿に早変わり。

これなら外道たちも立派な一品になるんです。

ぜひ試してみませんか。

興味のある方は、ぜひクラブまでメールください。

これから夏本番、青物狙いで出船しましょう!

ちなみにこの日、本命の姿は見られませんでした。。。。

筆:黒沢

 

 

2018.05.11

COEDO川越は近かった。

GW後半の五月晴れの日、

突然思い立って川越に行ってきた。

記憶の限り、生まれて初めての訪問だ。

小江戸(COEDO)川越と言われるだけあって、

江戸時代をしのぶ蔵や寺、昭和初期の街並みも風情があってなかなかいい景色。

雑貨から飲食まで店舗もたくさんあって飽きそうにない。

外国人も多くいらしてた。

東急東横線がメトロ経由で東武線と直通運転になったため、

自由が丘からなら乗り換えなしで川越まで1時間弱。

遠い観光地という印象しかなかったけれど、実はたいへん身近な街。

今回は実は「うなぎ」を目当てに行ったのだが、

気軽な気分でまた訪れてみたい。

気持ち的に遠かったところ(こと)でも

実際、行動してみたら気軽なところ(こと)が、

まだまだたくさんありそうな、そんなことに気づかせてくれた川越だった。

筆:黒沢

 

 

2018.04.27

海派?山派?

先日、記憶にある限り初めての山登りに、

出版関係の仕事で行ってきた。

標高747m、標高差500m、距離約5㎞

神奈川県丹沢山系の高取山と仏果山の二山登頂トレッキング。

もともと海派の私は100日以上海の上にいる生活で、

山はまったくの門外漢。しかも高所恐怖症も伴い、

冬のスキー以外まったく縁遠いものだった。

今回、50歳を超えた夫婦の初級山体験という企画のサンプルがてら

生まれて初めてに等しい登山体験をしてきた、というのが真相。

結論から言うと、体力的にも精神的にもいいことしてるなあ、

という幸福感が得られた体験だった。

山頂から眺める下界はひとしお。

いままで自分のレジャーの選択枝に無かった「山」だが、

これからの残り少ない人生の中に、またひとつ積極的に選びたい候補が増えてしまった。

次は、標高1000mあたりの山に挑戦してみたい。

筆:黒沢