POWWOW ACCESS MAP

東京メトロ:銀座線/半蔵門線/千代田線 
表参道駅A4出口 徒歩4分

〒107-0062
東京都港区南青山4-20-3
メゾンドラーク402
TEL:03-5786-9292
FAX:03-5786-9291
E-mail:


Access map  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

POWWOWとは北米インディアンの言葉で「戦略会議」の意味です。
“すべての戦略は本質を見極めた上で成り立つ。“とパウワウは考えます。
「今、何が必要なのか。そして何をするべきなのか。」をすべての戦略の立脚点に置き、 常に前向きな姿勢で問いかけ、そして具体的なカタチに創り上げていく。それがパウワウのポリシーです。

Planning

机上の言葉遊びとは異なる、実践をふまえたプランニング。本質を見極めたコンセプトワークから実践を前提とした演出プラン、運営プランなどイベント領域のすべての分野で、新しく、しかも実効性のあるプランを創出します。

Produce

プランに基づき、正確に、しかもハイクオリティに具現化していくトータルプロデュース。イベントプロデュースは綿密な準備、的確な判断と進行、さらには細心の気配りが必要不可欠です。品質管理、スケジュール管理、スタッフ管理、コスト管理を念頭に妥協のない完璧なプロデュースを遂行します。

Event

企業の独自イベントから見本市、コンベンションのオーガナイズ業務まで、
あらゆるイベントの企画・制作・実施管理をトータルで遂行。

  • 展示会や見本市での企業出展ブース
  • コンベンションやトレードショーのオーガナイズ業務
  • 新商品発表会などの企業単独展示会、発表会
  • 記念行事などの式典、セレモニー、パーティー
  • 各種講演会、シンポジウム、セミナー
  • コンサート、ファッションショーなどのエンターテインメントイベント etc

Promotion

ブランドプロモーションから新製品キャンペーンの実施まで、
メディアミックスでのライブマーケティング戦略の立案・実施。
更には個人情報の取り扱いに特化したプロモーションの企画から管理業務までの一括請負。

  • 企業・商品ブランド活動におけるプロモーション連動
  • 新製品の導入、拡販などに伴うプロモーション活動
  • SP戦略に基づいた各種キャンペーン活動
  • パンフレット、POP、ノベルティなどのSPツール制作
  • 販売マニュアルや社員研修などのインナープロモーション
  • 新事業、新製品の開発・市場導入にあたってのマーケティング活動 etc

Space

空間開発にかかわるコンセプトワーク・設計・施工から施設運営でのオペレーションまでトータルにプロデュース
※一般建設業(内装仕上工事業)東京都知事許可 第107850号

  • 商業施設や企業ショールームなどの企画・設計・施工
  • 展示会ブースや屋外イベント会場などの設計・施工
  • 科学館・博物館など文化施設の空間開発
  • 商業施設・ショールームでの運営オペレーション etc

Contents

コミュニケーションツールとしてのインタラクティブなコンテンツやシステムの開発及び制作

  • インタラクティブな情報提供ツールとなるコンテンツやデバイス
  • 企業のプロモーションビデオなどの映像ソフト
  • インターネットのホームページ制作
  • CGによるプレゼンテーションソフト、ゲームソフト・システム開発
  • インタラクティブシステムの設計・構築・運用 etc

Planning

コンサルティング

  • クライアントのニーズや課題から最適な解へと導くためのコンサルティング業務

調査

  • 戦略立案のためのマーケティング調査や企画具体化のための各種調査
    (市場調査、会場調査、キャスティング等)

企画立案

  • コンセプトメイキングから造形・演出・運営の具体的展開案に至るまでの
    トータルプランの企画・作成

プレゼンテーション

  • 企画書作成はもちろん、PC、ビデオ等の映像プレゼンにも対応

Produce

クリエイティブ

  • テーマワード・キービジュアル開発
  • 映像・グラフィック表現の開発・制作

演出

  • ステージや空間の演出・構成・台本作成
  • コンテンツ制作
  • 音響・照明・映像ハード・システムの開発・調達
  • タレント・文化人等のキャスティング

運営

  • 運営計画立案・運営マニュアル作成
  • コンパニオン・スタッフの採用・教育・運営
  • ユニフォーム・コスチューム製作
  • 運営事務局業務

造形

  • 会場・ブース施工
  • 内装・インテリア工事
  • 仮設ステージ・テント工事
  • 什器・展示システム製作
  • 屋外広告看板製作・施工

WEB

  • Webサイト企画・制作・運用
  • サーバ、データベースの開発および管理・運用
  • ケータイ連携システム開発

ツール

  • パンフレット・カタログ製作
  • ノベルティ・インセンティブ製作
  • POP・店飾ツール製作
  • DMの製作・発送

Direction & Management

  • 各種イベントでの会場における演出・運営の全体進行管理や、
    キャンペーン等での事務局対応業務

Report

  • 業務終了後の記録映像や報告書の作成及び アンケート等の集計・分析業務

現在、新規の募集は行っておりません。

イベントの可能性を広げる新しいプロモーション領域であなたの実力を発揮してみませんか。当社は、既存のイベント・SP領域はもちろん、ライブマーケティング型の新しいプロモーションにチャレンジしております。インターネットとライブイベントをジョイントさせた展開などはその一例です。今までの既存の領域を超えた新しいプロモーション事業を私たちと一緒に企画・制作していく、新たな可能性に意欲的な人材を求めております。

ご質問は、E-mailかお電話でお気軽にどうぞ。

E-mail : 
TEL : 03-5786-9292

1.イベントディレクター

  • 展示会・発表会等各種イベントのディレクション
    及びプロデュース

2.SPプランナー

  • プロモーション・イベント領域での企画業務

3.プランニングプロデューサー

  • 基本戦略立案から実施プロデュースまで、
    一貫した全体統括業務

4.制作アシスタント

  • イベントディレクター、SPプランナー、
    プランニングプロデューサーの補助業務

共通

  • 専門・大卒以上
  • PCできる方、要普通自動車免許
    ※英語出来る方、尚可

1.イベントディレクター/2.SPプランナー

  • イベント・セールスプロモーション業務の経験者優遇

3.プランニングプロデューサー

  • 業務遂行に必要なスキルを有する経験者であり、
    かつプロデュース志向の方

4.制作アシスタント

  • 未経験者歓迎

給与その他

【給与】※経験・能力を考慮の上、優遇します。
・イベントディレクター・SPプランナー・プランニングプロデューサー:年俸制400万~900万円
・制作アシスタント:月給制201,950円以上(大卒)
【待遇】
・昇給:年1回
・賞与:年2回
・交通費全額支給
・社会保険完備
・休日出勤手当
【休日・休暇】
・完全週休2日制(土日)
・年末年始・夏期休暇・有給休暇
・リフレッシュ長期休暇 (30日)

応募にあたって

※必ず以下をお読みいただき、同意の上、ご応募ください

  • 応募者の情報は「個人情報」として適正に管理いたします。
  • 応募者情報は弊社の採用審査の目的で使用し、それ以外では使用いたしません。及び法令等正当な理由を除き、第三者に提供いたしません。
  • ご不明な点や応募者情報についてのお問い合わせは、 (人事担当)までお願いします。

同意します

※応募フォームへ移動します。

 

2020.04.01

4月1日の新たな漕ぎ出し

4月1日、本日から弊社も新年度になる。

いつもと違う荒れた世情での幕開けだが、危機をチャンスに前向きに進みたい。

さて、今朝の国会中継では、

先日までと風景が一変して首相を筆頭に議員も皆マスク姿だ。

※写真は参議院インターネット審議中継より借用

いまごろか!と声を大にして言いたい。

ここにきていきなりマスク姿とはどういうつもりなのだろう。

マスクの生産が十分になり議員も着ける数の余裕が出たのだろうか。

それとも緊急事態宣言への地ならしなのだろうか。

なんとも、やってることが浅はかで滑稽に思える。

はっきり言って、“この一連の危機に対して、判断も行動も情報公開も遅すぎる。”

危機のときこそ、先の先を読んで、リスクを減らす手を打っていくのが本筋だ。

目に見えてから判断していたのでは手遅れになるが、

ポーズばかりで本質的な危機回避ができていない。

急に時化てきた海でへたくそな操船の舟に乗っているような、

不安と恐怖ばかりが募る後手後手の日本丸の新年度の漕ぎだしである。

海上無線をオンにして、しっかりライフジャケットを着て、

GPSで位置を確認し、ライフラフトを整え、

いつでもどんなことになっても自力生還できる準備が大切だ。

筆:黒沢

 

 

 

 

2020.03.30

自粛遵守か同調圧力か

新型肺炎コロナウイルス感染症が危機をもたらし始めてから2か月が経つ。

まるで津波のようにいま巨大な波がこの日本にも襲ってきているように思う。

最初のうちは遠く外国の一部の町の話だと軽く考えていたが、

徐々に影響が現れ、気が付けば足元が浸かり、

いまや逃げ切れないほど眼前に危機が近づいてきている。

どう回避するのか、よりダメージを軽く受け流すのか、

反転への余力を残しながら、先を考えることが重要とも思う。

刻々と変化する状況に、政府も自治体も医療関係者も発信内容が変わってきている。

先週の3/25に東京都は不要不急の外出自粛要請を発表した。

翌日の二子玉川のスーパーはご覧の通り。

週末も人出は減り閑散としている感もあったが、

一方でテレビニュースでは街に繰り出す若者の無謀ぶりが扱われていた。

さて、ここで考える。

日本人は必要もないのに同調する傾向が強く、

そのデメリットが様々なところで露呈して問題視されている。

一方で、自分の責任として正否をしっかり判断できない者が

自分勝手な屁理屈で好き勝手な行動をしているということもある。

行政は、外出は自粛せよ、外食は控えろ、と言いながら、

企業や商業施設・飲食店などに閉めてくれ、とは言わない。

自主判断に任せている。

つまり、この感染症へのリスク対策は「自己判断・自己責任」なのである。

屁理屈をもって身勝手に騒ぎまくる人間たちの判断はもってのほかで話にならないが、

まっとうな生活者や企業人は、行政などが発する情報や要請には耳を傾けつつ、

いま自分にとって行ってよいこと、行ってはいけないことを、

きちんと自分で考え、自分の責任で決定していくことが最も重要ではないか。

この感染症をダメージ少なくやり過ごすための最善だと、つくづく思う。

コロナとの戦いに打ち勝とう、など感情論で訴えようとする為政者に騙されず、

自分の判断と責任でこの結果を受け入れたいと思う。

これって、普段の仕事や生き方でも同じだと思うのだが。

1日でも早く、私たちの業界や地域はもちろん世界中が落ち着いてほしいと心から願う。

筆:黒沢

 

 

 

 

2020.02.27

パラサイト~半地下の家族~

翌日に観たのがこれ。

鬼才ポン・ジュノ監督作品の韓国映画。

『パラサイト~半地下の家族~』

アカデミー賞4部門受賞は今回の最多受賞だが、

その中でも作品賞、監督賞、脚本賞(加えて国際長編映画賞)の3部門総どりとは、

まさに今年度の最高の映画という評価だ。

米国映画以外で、しかも韓国国内映画での作品賞受賞は、

アカデミー賞の変革を象徴するような出来事ともいえる。

内容についてはネタバレを避けるため語らないが、

悲劇的な本質を喜劇的なエッセンスを絶妙に織り交ぜ、

最後まで息つかせず描きとおす手腕といい、

どぎつい色彩をうまく画面にはめ込んでいくような構図構成といい、

とにかく驚きに満ち溢れた映画である。

映画の質に東西はない、と感じたパラサイト。

この2日間はとても充実した映画ウィークだった。

筆:黒沢

 

 

2020.02.26

1917 命をかけた伝令

アカデミー賞の発表を受けて、

さっそく2本の映画を2日連続で観てきた。

まずは「1917 命をかけた伝令」

サム・メンデス監督による全編ワンカット・ワンシーン映像に感じさせる演出が話題の作品。

これで、撮影賞、録音賞、視覚効果賞の3部門受賞に。

まさに主人公とともに戦場を走り抜けていく没入感は凄い迫力がある。

それと同時にワンシーンのカメラワークをどこまでも追ってしまう自分も。

作品としてのメッセージ性が若干薄いところはあるが、

あれだけシーンの構築に費やす労力と技術は単純に素晴らしい。

ストーリーの魅力とカメラワークの魅力の両方ともがまだきちんと掴めていないので、

どちらにフォーカスするかを決めてあと2回は観ないとと思った次第である。

映画館で見るにふさわしい映画であることは確かである。

筆:黒沢

 

 

 

 

2020.02.17

パルコ劇場こけら落とし

昨年、大工事を終えて渋谷パルコが新たに開業した。

そして、今年1月24日に付帯するパルコ劇場がオープンした。

そのこけら落としとして「志の輔らくご」が開催されている中で、

先週末に行ってきた。

相変わらずにぎやかな公園通りを上ると、新たなパルコが見えてくる。

各フロアはじっくり見なかったが、

テナントの境界線の曖昧な出店感覚の配列で、

アパレルから酒バーまでカテゴリーを問わず混在した構成が、

ツタヤ家電に通じる意外性のある体験を演出していた。

一方でパルコ劇場は、今までのスタンダードな劇場そのもので、

奇をてらったところも新しい仕掛けもなく、

なんとなく肩透かしにあった気分であった。

「志の輔らくご」が秀逸なのは言うまでもないのだが。

筆:黒沢

 

 

2020.01.30

これも大逆転!フォードvsフェラーリ

今年は大逆転ネタが続きます!

まったくノーマークだった映画「フォードvsフェラーリ」。

自分がクルマ好きとの自負もあり、

タイトルからして素人向けのアクション映画という先入観でまったく無関心だったのだが、

チラホラ聞こえてくる評判がかなり良いことに意識し始めた先週末、

ちょうど悪天候ということもあり、休日の朝9時10分からひとりで観に行ってきた。

ストーリーの詳細は割愛するが、

見どころとして3つのポイントがあげられる。

ひとつは、二人の主人公を取り巻く友情と信頼の人間ドラマ

ふたつ目は、ドライバー目線でのまさに大迫力のレースシーン(往年の名車も含め)

そしてもう一つが、大企業の論理の賛否を問う企業ドラマ

この3つのポイントが全編を通してよく練り込まれていて、

単なるカーアクションドラマとは一線を画す興味深い作品だったと思う。

とくに企業の視点で描く、企業内ヒエラルキー、依頼者と請負者の関係性、マーケティング至上主義、、、

といった今でも世の企業にも通じる無常観が心迫ってきた。

当時常勝軍団の絶対王者に臨む新参者の無謀ともいえる挑戦。

結果は大逆転をもたらすのか?

それは、観てからのお楽しみ。

お勧めします。

筆:黒沢

 

 

2020.01.28

シーライフクラブ報告 2020初釣り

昨年末の釣り納めは、大物釣果もあり無事納まった感がありましたが、

2020年の初釣りもはどうだったでしょうか?

さっそくシーライフクラブ今年第一弾の報告です。

1月13日成人の日に常連さんチャーターで今年初の出船。

天候はとってもよく、まさに釣り日和かと思いきや、

北風強くしかもうねりがなぜか高く、なかなかにどんぶらこな釣行でした。

そんなこともあり、

ピンポイントの根を攻めるアジや水深300m級のアカムツだと釣りづらく、

70~100mの砂地を広く流しながら探るアマダイ狙いに絞ったのが大正解でした。

常連さんさっそく第一投から30㎝オーバーの本命アマダイを釣り上げ幸先良いスタート。

ただ、その後チャリコ(キダイ稚魚)ばかりで、

たまにガツンと大きな当たりで期待して釣り上げるとなんとデカいサバフグばかり。

フグに攻められると仕掛けが簡単に切られてしまうため、

フグの気配があるとすぐ移動、移動を繰り返し我慢の釣りを続けていたところ、

昼前に潮止まり直前の地合いで小さいアマダイがポツポツ上がり始めた。

ちょうど潮が止まるところで根掛かりのような強烈な当たりが私の竿に、、、

恐々と電動リールのドラッグを操作しながらゆっくり巻き上げてくると、

浮かんできた魚体のデカさに思わずみんなビックリ!

過去記録を超える50㎝の巨大アマダイでした。

今年は最初から調子がいい!

結局、7尾の本命を筆頭にキダイ、イトヨリ、ガンゾウヒラメなど

大漁の釣果となりました。

さすがに50㎝の大物だと素人じゃ上手く捌けないので、

自宅近所にある小料理屋さんの大将にチャリコともどもプレゼント。

後日、おいしく仕上がったよ~、という連絡を貰って伺ったときの料理が

ブログ冒頭のアマダイ炙り刺身とチャリコ酢締め(写真下)。

やっぱりプロが仕上げると極上の一皿になるってことですね。

今年のシーライフクラブは、

例年以上に積極的に営業していきたいと思っております。

釣りでもクルージングでもサーフィンでも海遊びでも、

湘南はもちろんハワイでもオーストラリアでも、

皆さまのやりたいことを叶えます。

ぜひお気軽に声がけください。

お待ちしております!!

筆:黒沢

 

 

2020.01.27

やっぱり今年は大逆転!

1月14日、久しぶりに国技館に10日目の大相撲を観戦しに行った。

この時はあんな結果になるとは夢にも思わず、

いつものように上位の取り組みに注目して観ていたのだが、、、

先日のブログで今年は逆転(ひっくり返す)がキーワードかも⁈

ということを記したことが、まさにそれが現実に!

昨日大相撲初場所が千秋楽を終えた。

その優勝力士は、なんと幕の内17枚目「徳勝龍」

幕尻が今場所最上位大関を破っての劇的優勝だった。

これを大逆転と呼ばずにいられようか。

しかも元上位力士でもなく、十両と幕内を行ったり来たりの地味な33歳。

彼がすごいのは故障やケガが多い力士たちの中、

いままで休場ゼロ、大きなケガもせず。

その陰にはあきらめずくさらず、

コツコツと地道に精進しているところだと思う。

若くて才能もセンスもある華やかな人気力士もいいが、

いぶし銀のような目立たないけど努力家の力士がスターになるのはもっと美しい。

観るものを感動させるチカラがある。

千秋楽のあの大一番は館内全員が心から応援していたように感じられた。

無理だと思われていたことが叶う大逆転は、

なにごとでも大きなドラマなのだ。

あきらめずにとことん我が道を行くことの大切さが身に染みた。

筆:黒沢

 

 

2020.01.20

ひっくり返そう

毎年、元旦の新聞を楽しみにしている。

これから始まるその年の政治・経済・技術・社会・文化のゆくえを新聞社が威信をかけて占ったり、

時代の旬を象徴するキーワードが取り上げられていたり、

各企業代表者の年頭方針・業績予想・株価為替予想が載っていたり、

はたまた、各企業が気合を入れてさすがと思わせる広告を掲載したり、

200円に満たないコストのわりにとても見ごたえがある。

それが、元旦の新聞。

今年元旦の紙面を飾った広告の中で2社の広告が印象的だった。

それが冒頭の広告。

西武・そごうの「さ、ひっくり返そう。」

関取の炎鵬をモチーフに11行のコピーが記載されている。

読んでいくと、自分を信じ無謀な戦いに臨むのは馬鹿げている、、、

という内容であるものの、最後まで読むと、

再度、逆から読み進めて、と促すコピーが。

逆さから読んでいくと、全く逆の意味となる。

大逆転は、起こりうる。

誰もが受け入れる無難な道よりも、

困難が予測されようが、無理だと思われようが、

自分らしい発想で自分らしさを貫けば、

いつか、想いは叶えられる、他人と同じでいいわけじゃない。

そんなことを訴えているんだと感じた次第。

 

もうひとつは集英社の広告。

筆文字で荒く大きく「変革」と読める。

コピーは「かわることをおもしろがろう」

よく見ると、一部に反転している文字とビジュアル。

広告自体を逆さまにしてみると、

同じ筆文字が「原点」と読める。そしてコミック誌のビジュアル。

もう一度逆さにして、

「変革」のビジュアルはデジタルコミック版。

なるほど、こちらの広告も視点の変化を切り口としている。

さらにこの集英社の広告は日経新聞が「変革/原点」だったが、

読売、朝日、毎日はそれぞれ文字を変え(趣旨は同じ)、4紙連動展開の勢いだった。

 

今年は、

他人と違う視点も大切にする自分らしさが、

大逆転に繋がるキーワードになるかもしれない。

 

筆:黒沢

 

 

2020.01.08

2020元旦初日の出

仕事も始まっていながら元旦ネタで恐縮ですが、

毎年、恒例で多摩川沿いの初日の出を

散歩がてら撮影しているので、

今回もアップしておきます。

今年は東の空に雲が多く、

日の出の瞬間は雲に覆われてましたが、

7時過ぎにようやく雲の切れ間から初日の出が顔出しました。

これはこれで趣があってよかった。

今年もよい一年であることを願います。

筆:黒沢