POWWOW ACCESS MAP

東京メトロ:銀座線/半蔵門線/千代田線 
表参道駅A4出口 徒歩4分

〒107-0062
東京都港区南青山4-20-3
メゾンドラーク402
TEL:03-5786-9292
FAX:03-5786-9291
E-mail:


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
News & Topics
Blog
 

POWWOWとは北米インディアンの言葉で「戦略会議」の意味です。
“すべての戦略は本質を見極めた上で成り立つ。“とパウワウは考えます。
「今、何が必要なのか。そして何をするべきなのか。」をすべての戦略の立脚点に置き、 常に前向きな姿勢で問いかけ、そして具体的なカタチに創り上げていく。それがパウワウのポリシーです。

Planning

机上の言葉遊びとは異なる、実践をふまえたプランニング。本質を見極めたコンセプトワークから実践を前提とした演出プラン、運営プランなどイベント領域のすべての分野で、新しく、しかも実効性のあるプランを創出します。

Produce

プランに基づき、正確に、しかもハイクオリティに具現化していくトータルプロデュース。イベントプロデュースは綿密な準備、的確な判断と進行、さらには細心の気配りが必要不可欠です。品質管理、スケジュール管理、スタッフ管理、コスト管理を念頭に妥協のない完璧なプロデュースを遂行します。

Event

企業の独自イベントから見本市、コンベンションのオーガナイズ業務まで、
あらゆるイベントの企画・制作・実施管理をトータルで遂行。

  • 展示会や見本市での企業出展ブース
  • コンベンションやトレードショーのオーガナイズ業務
  • 新商品発表会などの企業単独展示会、発表会
  • 記念行事などの式典、セレモニー、パーティー
  • 各種講演会、シンポジウム、セミナー
  • コンサート、ファッションショーなどのエンターテインメントイベント etc

Promotion

ブランドプロモーションから新製品キャンペーンの実施まで、
メディアミックスでのライブマーケティング戦略の立案・実施。
更には個人情報の取り扱いに特化したプロモーションの企画から管理業務までの一括請負。

  • 企業・商品ブランド活動におけるプロモーション連動
  • 新製品の導入、拡販などに伴うプロモーション活動
  • SP戦略に基づいた各種キャンペーン活動
  • パンフレット、POP、ノベルティなどのSPツール制作
  • 販売マニュアルや社員研修などのインナープロモーション
  • 新事業、新製品の開発・市場導入にあたってのマーケティング活動 etc

Space

空間開発にかかわるコンセプトワーク・設計・施工から施設運営でのオペレーションまでトータルにプロデュース
※一般建設業(内装仕上工事業)東京都知事許可 第107850号

  • 商業施設や企業ショールームなどの企画・設計・施工
  • 展示会ブースや屋外イベント会場などの設計・施工
  • 科学館・博物館など文化施設の空間開発
  • 商業施設・ショールームでの運営オペレーション etc

Contents

コミュニケーションツールとしてのインタラクティブなコンテンツやシステムの開発及び制作

  • インタラクティブな情報提供ツールとなるコンテンツやデバイス
  • 企業のプロモーションビデオなどの映像ソフト
  • インターネットのホームページ制作
  • CGによるプレゼンテーションソフト、ゲームソフト・システム開発
  • インタラクティブシステムの設計・構築・運用 etc

Planning

コンサルティング

  • クライアントのニーズや課題から最適な解へと導くためのコンサルティング業務

調査

  • 戦略立案のためのマーケティング調査や企画具体化のための各種調査
    (市場調査、会場調査、キャスティング等)

企画立案

  • コンセプトメイキングから造形・演出・運営の具体的展開案に至るまでの
    トータルプランの企画・作成

プレゼンテーション

  • 企画書作成はもちろん、PC、ビデオ等の映像プレゼンにも対応

Produce

クリエイティブ

  • テーマワード・キービジュアル開発
  • 映像・グラフィック表現の開発・制作

演出

  • ステージや空間の演出・構成・台本作成
  • コンテンツ制作
  • 音響・照明・映像ハード・システムの開発・調達
  • タレント・文化人等のキャスティング

運営

  • 運営計画立案・運営マニュアル作成
  • コンパニオン・スタッフの採用・教育・運営
  • ユニフォーム・コスチューム製作
  • 運営事務局業務

造形

  • 会場・ブース施工
  • 内装・インテリア工事
  • 仮設ステージ・テント工事
  • 什器・展示システム製作
  • 屋外広告看板製作・施工

WEB

  • Webサイト企画・制作・運用
  • サーバ、データベースの開発および管理・運用
  • ケータイ連携システム開発

ツール

  • パンフレット・カタログ製作
  • ノベルティ・インセンティブ製作
  • POP・店飾ツール製作
  • DMの製作・発送

Direction & Management

  • 各種イベントでの会場における演出・運営の全体進行管理や、
    キャンペーン等での事務局対応業務

Report

  • 業務終了後の記録映像や報告書の作成及び アンケート等の集計・分析業務

現在、新規の募集は行っておりません。

イベントの可能性を広げる新しいプロモーション領域であなたの実力を発揮してみませんか。当社は、既存のイベント・SP領域はもちろん、ライブマーケティング型の新しいプロモーションにチャレンジしております。インターネットとライブイベントをジョイントさせた展開などはその一例です。今までの既存の領域を超えた新しいプロモーション事業を私たちと一緒に企画・制作していく、新たな可能性に意欲的な人材を求めております。

ご質問は、E-mailかお電話でお気軽にどうぞ。

E-mail : 
TEL : 03-6447-9294

1.イベントディレクター

  • 展示会・発表会等各種イベントのディレクション
    及びプロデュース

2.SPプランナー

  • プロモーション・イベント領域での企画業務

3.プランニングプロデューサー

  • 基本戦略立案から実施プロデュースまで、
    一貫した全体統括業務

4.制作アシスタント

  • イベントディレクター、SPプランナー、
    プランニングプロデューサーの補助業務

共通

  • 専門・大卒以上
  • PCできる方、要普通自動車免許
    ※英語出来る方、尚可

1.イベントディレクター/2.SPプランナー

  • イベント・セールスプロモーション業務の経験者優遇

3.プランニングプロデューサー

  • 業務遂行に必要なスキルを有する経験者であり、
    かつプロデュース志向の方

4.制作アシスタント

  • 未経験者歓迎

給与その他

【給与】※経験・能力を考慮の上、優遇します。
・イベントディレクター・SPプランナー・プランニングプロデューサー:年俸制400万~900万円
・制作アシスタント:月給制201,950円以上(大卒)
【待遇】
・昇給:年1回
・賞与:年2回
・交通費全額支給
・社会保険完備
・休日出勤手当
【休日・休暇】
・完全週休2日制(土日)
・年末年始・夏期休暇・有給休暇
・リフレッシュ長期休暇 (30日)

応募にあたって

※必ず以下をお読みいただき、同意の上、ご応募ください

  • 応募者の情報は「個人情報」として適正に管理いたします。
  • 応募者情報は弊社の採用審査の目的で使用し、それ以外では使用いたしません。及び法令等正当な理由を除き、第三者に提供いたしません。
  • ご不明な点や応募者情報についてのお問い合わせは、 (人事担当)までお願いします。

同意します

※応募フォームへ移動します。

 

2021.05.11

ボートショーは賑わっていた

今年の東京モーターショーが中止とアナウンスされた一方で、

ジャパンボートショーはリアル主体(バーチャルとの併催)で4月15日~18日の3日間、

横浜ベイサイドマリーナを会場に開催された。

例年だとパシフィコ横浜会場との2会場開催だが、

コロナ禍のリスクを軽減させるためか屋内のパシフィコを取りやめ、

屋外でのベイサイドマリーナ1会場だけの開催だった。

初日の15日に訪れてみたが、大型船が展示されている係留エリアは、

多くの来場者で賑わっていたように思えた。

先日の新聞記事では、小型船舶免許の2020年度の取得者が

前年比25%増加したと報じられていた。

会場でも出展者から聞いた話では、

大中型ボートがとても売れていて在庫が少ない上、

東京近郊のマリーナの空きバースもウェイティング状態だとのこと。

コロナ禍の影響で海外旅行に行けない富裕層のニーズや、

3密を避けて楽しめるマリンレジャーへのニーズから、

いまマリン業界は絶好調らしい。

我が社もマリン事業を営んでいるものの、

チャーターボートやサーフガイドなどお客様との対面サービスが主体のため、

いまはまだ自粛状態が続いている。

今後ワクチンが普及して対面がセーフティーな状況になった折には、

積極的にサービス再開をしていきたい。

海の魅力をより多くの方に体験していただきたいと願う。

筆:黒沢

 

 

2021.05.05

今年の東京モーターショー中止

パウワウの移転時期と重なり書き損ねていたので、

タイミングが遅れた話題となりますが、

今年の秋に予定されていた東京モーターショーが、

新型コロナウィルスの感染拡大を受けて中止と発表された。

※記事は4月21日日経新聞夕刊より

昨年の今ごろは欧米のモーターショーが立て続けに中止となる中、

東京は隔年開催で来年の秋だからよかったなあ、と少し安堵していたが、

まさか今秋のイベントがコロナで中止になるなど想像もしていなかった。

弊社イベントプロデュース業務の中ではもっとも花形といえるモーターショー。

このイベントがやりたくてこの業界に入ったといっても過言でないくらい

毎回全力投入していた仕事が消えてしまうのは、

しょうがないとはいえ、やるせない。

自動車工業会の豊田章男会長は「オンラインでの開催も検討したが、

リアルでの開催にこだわりたい。」と話したうえで、

今秋までに感染が収束する見込みが立たない中で大規模イベントの開催は難しい、

と中止の理由に挙げた。

2019年の開催の際、会場の構成や体験型コンテンツを増やすなどのチャレンジで

来場者数を大幅に増やして今回も期待されていただけに、

中止という判断は自動車業界にとってはとても残念だ。

クルマを取り巻くリアルイベントが極端に減ってきている昨今、

コロナが終息した時には、エキサイティングな体験型コンテンツを

たくさん仕掛けていきたいと思う。

最終的な判断を先送りを続ける五輪に比べ、

早期の中止判断はその理由と共に納得できるし、

時期的にも正しかったと考えている。

筆:黒沢

 

2021.04.22

フタコ新オフィス情報

昨日から始動した新オフィス。

自宅の一つの部屋を会社スペースとしました。

資料や什器類もすっかり収まり、

ミーティングテーブルもソファもあって

もしかしたら表参道のオフィスよりも快適かもしれません。

窓からは多摩川の河川敷から都心方面まで広く見渡せます。

西から東へ新宿副都心から渋谷、六本木、東京タワー、虎ノ門、汐留と広がり、

遠くにはスカイツリーまで眺めることが出来ます。

新オフィスへのアクセスは、

東急田園都市線二子玉川駅(西口)から川方面に歩いてすぐのところです。

打ち合わせの際などはマンション付帯の会議室やラウンジも使えますので

大人数でも対応可能です。

気分を変えて河川敷でのアウトドアミーティングも歓迎です。

都心からは少し遠くなってしまいましたが、

渋谷から電車で15分前後ですので、それほどの不便は感じないと思っております。

コロナ禍の中でテレワークが常態となって

あらためてどこでも仕事ができることの利便性を実感しました。

これからは、このワークスタイルでの日々の気づきもご報告出来たらと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

株式会社パウワウ

〒158-0094

東京都世田谷区玉川3-1-18 プラウドタワー二子玉川2207

Tel/Fax:03-6447-9294

黒沢英喜

mobile:090-3215-6821

 

 

 

2021.04.21

4月21日、新オフィスで業務開始

おはようございます。

本日4月21日(水)パウワウは新事務所に移転し業務を開始しました。

移転先は二子玉川の黒沢自宅に併設です。

環境はとても良いところですので、

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

〒158-0094

東京都世田谷区玉川3-1-18 プラウドタワー二子玉川2207

Tel/Fax 03-6447-9294

取り急ぎ

黒沢

 

 

 

 

2021.04.09

パウワウは二子玉川に移転します

こんにちは。

表題の件、このたびパウワウは以下に移転することと致しました。

移転先住所:〒158-0094

東京都世田谷区玉川3-1-18 プラウドタワー二子玉川2207

電話/FAX:03-6447-9294

新事務所営業開始日:2021年4月21日(水)

最寄駅:東急田園都市線 二子玉川駅 徒歩3分

ここ1年、コロナ禍において弊社もリモートで業務を行ったところ、

ほとんど悪影響無く、逆に効率的に業務が行えることが分かりました。

ゆえにパウワウ設立以来30年を経て、長くお世話になった港区を離れ、

世田谷区の黒沢自宅に事務所併設とすることと致しました。

場所は変わっても従来通りに業務は続けてまいります。

今後ともお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

まずは取り急ぎのお知らせまで

筆:黒沢

 

2021.03.20

桜のチカラ

東京の桜の開花宣言は例年よりかなり早い3月14日だった。

ここ世田谷の多摩川沿いは都心よりも例年1週間ほど遅れて追いかける。

昨日、ウォーキングがてら桜の開花状況をチェックしてきたら、

川沿いはまだつぼみがほとんどだったものの玉堤は咲き始めていた。

いよいよ春本番到来だ。

緊急事態宣言も明日までで来週からは解除となる。

リバウンドの懸念は大きいが、

かといって宣言を続けても効果がすでに無くなっているから、

というなんとも後ろ向きな解除である。

継続して不要不急の外出を自粛するよう呼び掛けられるが、

地域やシチュエーションも関係ない一律の自粛にどれだけの効果があるのだろうか。

一方、自粛頼み以外の打ち手もさんざん言われていた内容と変わらず、

ほぼ口先だけで大きな効果も期待できないだろう。

こんな状態で桜のチカラに打ち勝てるのだろうか?

古来、桜は人々の心を高揚させてきたのだ。

どうしたって桜とともに春を味わう気分は高まるものだ。

もし、政府や東京都が本気でコロナを抑え込む気があるのなら、

自粛の継続という生活者への負荷を強いるだけでなく、

賢い戦略と強力な戦術を仕掛けてもらいたいものである。

それが五輪開催の必須条件なのではないだろうか。

桜のチカラは強い、そうつくづく思う春である。

筆;黒沢

 

 

2021.03.19

3月19日、気が付けば30年

2度目の緊急事態宣言が全面解除決定と日経新聞の1面に載る2021年3月19日。

それは弊社パウワウが設立されて30年目と重なる日。

なんとか30周年を迎えることができたということでもある。

一言で30年と言っても、その道のりは長く苦難も多々あったが、

いまに至っては、

会社を支えてくれたすべての(元)社員や協力会社の方々、

新参のころから今まで仕事を任せて頂けた広告代理店やクライアントの皆様

このような様々な人達のおかげでここまで来ることが出来た、

とつくづく思うとともに、心から感謝いたします。

いままで10周年も20周年も意識せず過ぎ去ってきたが、

昨年来、あらためて自分や会社を見つめ直す機会を得て、

この30年を節目に、さらに新しい一歩を踏み出そうと思う。

今日までありがとうございます。

明日からよろしくお願いいたします。

筆:黒沢

 

 

 

2021.02.28

話材もないままに

前回のブログが1月末の話

そしてこのブログが2月末のタイミング

この1カ月、ロクな話材も無くあっという間に過ぎてしまった。

しかも毎日、同じような繰り返し

朝の新聞とウェブチェックやメールを終わらせ10時くらいからウォーキング

5~7㎞を目安に長めの日だと10㎞くらい

そのあと軽くウェイトトレーニング

これで午前の必須メニューはほぼ終わり

昼ごはんはかれこれ1年、メタボ防止も兼ねてほぼ糖質オフうどん

午後は調べものや書きものをしながら時間をつぶし、

やっと夕方になって長い1日の終わりに近づく気分となる。

リモートワークと言えば聞こえはいいが、

人から与えられる仕事があるわけでもなく、

自分から考えて仕事を生み出していくのも

さすがに1年を超えると辛くなってくる。

いよいよワクチン接種も始まったが課題山積

まだまだこの状態がしばらく続く中で、

有意義なリモートワークをこなすためにも

春は積極的に話材を探していきたい。

写真は先週の天皇誕生日、初夏の陽気でひさびさの河原ランチしました。

筆:黒沢

 

 

 

2021.01.31

はやくも1月が終わりゆく

新年の年明けとともにコロナ感染者もうなぎのぼりとなり

1/8から緊急事態宣言が関東1都3県に発出されて早3週間。

もう1月も終わりの31日(日)、

コロナピークから新規感染者数は7割減になってきたものの、

入院患者数などまだまだ緩和できる状況とは程遠く、

2/7までの宣言期限もさらに延長確実との報道も。

実質的には飲食店への営業時間短縮以外に制限のない中、

どこまで下がるか疑問視されていた感染者数だが、

日本人の律儀な性格や行動が功を奏して制限以上の効果を生んでいると見える。

ただ、医療状況は律儀な性格で解決できる性質のものではなく、

具体的なアクションが必須なのは誰の目にも明らかである。

解決力には定評のある日本であるのに、

もう1年にもなるのにいまだ昨春と同じ課題が続いているのは、

やる気がないのか大きな反対勢力があるのか、

とにかく不思議でいち企業であれば考えられないことである。

医療状況が早く改善されない限り、日本は復活しないのだ。

今の時点でワクチンだけに頼るのは危ういと懸念する。

五輪はもちろん重要だが、

開催賛成の気分に国民がなるためにも

医療状況の1日も早い改善を望むばかりだ。

年明けから早くも1月末を迎え開幕まであと6ヶ月。

あっという間にその日はやってくるのだ。

真冬のきれいな夕日を観ながらそんなことを感じた。

筆:黒沢

 

2021.01.06

新年のご挨拶@パウワウ

新年のご挨拶を申し上げます。

本日6日より営業開始いたしました。

まだまだ厳しい状況が続きますが、

遠からず来るアフターコロナを見据え、

エネルギーをたっぷりとチャージして、

いつでも動けるようスタンバイしております。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

パウワウ 黒沢英喜