POWWOW ACCESS MAP

東京メトロ:銀座線/半蔵門線/千代田線 
表参道駅A4出口 徒歩4分

〒107-0062
東京都港区南青山4-20-3
メゾンドラーク402
TEL:03-5786-9292
FAX:03-5786-9291
E-mail:


Access map  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

POWWOWとは北米インディアンの言葉で「戦略会議」の意味です。
“すべての戦略は本質を見極めた上で成り立つ。“とパウワウは考えます。
「今、何が必要なのか。そして何をするべきなのか。」をすべての戦略の立脚点に置き、 常に前向きな姿勢で問いかけ、そして具体的なカタチに創り上げていく。それがパウワウのポリシーです。

Planning

机上の言葉遊びとは異なる、実践をふまえたプランニング。本質を見極めたコンセプトワークから実践を前提とした演出プラン、運営プランなどイベント領域のすべての分野で、新しく、しかも実効性のあるプランを創出します。

Produce

プランに基づき、正確に、しかもハイクオリティに具現化していくトータルプロデュース。イベントプロデュースは綿密な準備、的確な判断と進行、さらには細心の気配りが必要不可欠です。品質管理、スケジュール管理、スタッフ管理、コスト管理を念頭に妥協のない完璧なプロデュースを遂行します。

Event

企業の独自イベントから見本市、コンベンションのオーガナイズ業務まで、
あらゆるイベントの企画・制作・実施管理をトータルで遂行。

  • 展示会や見本市での企業出展ブース
  • コンベンションやトレードショーのオーガナイズ業務
  • 新商品発表会などの企業単独展示会、発表会
  • 記念行事などの式典、セレモニー、パーティー
  • 各種講演会、シンポジウム、セミナー
  • コンサート、ファッションショーなどのエンターテインメントイベント etc

Promotion

ブランドプロモーションから新製品キャンペーンの実施まで、
メディアミックスでのライブマーケティング戦略の立案・実施。
更には個人情報の取り扱いに特化したプロモーションの企画から管理業務までの一括請負。

  • 企業・商品ブランド活動におけるプロモーション連動
  • 新製品の導入、拡販などに伴うプロモーション活動
  • SP戦略に基づいた各種キャンペーン活動
  • パンフレット、POP、ノベルティなどのSPツール制作
  • 販売マニュアルや社員研修などのインナープロモーション
  • 新事業、新製品の開発・市場導入にあたってのマーケティング活動 etc

Space

空間開発にかかわるコンセプトワーク・設計・施工から施設運営でのオペレーションまでトータルにプロデュース
※一般建設業(内装仕上工事業)東京都知事許可 第107850号

  • 商業施設や企業ショールームなどの企画・設計・施工
  • 展示会ブースや屋外イベント会場などの設計・施工
  • 科学館・博物館など文化施設の空間開発
  • 商業施設・ショールームでの運営オペレーション etc

Contents

コミュニケーションツールとしてのインタラクティブなコンテンツやシステムの開発及び制作

  • インタラクティブな情報提供ツールとなるコンテンツやデバイス
  • 企業のプロモーションビデオなどの映像ソフト
  • インターネットのホームページ制作
  • CGによるプレゼンテーションソフト、ゲームソフト・システム開発
  • インタラクティブシステムの設計・構築・運用 etc

Planning

コンサルティング

  • クライアントのニーズや課題から最適な解へと導くためのコンサルティング業務

調査

  • 戦略立案のためのマーケティング調査や企画具体化のための各種調査
    (市場調査、会場調査、キャスティング等)

企画立案

  • コンセプトメイキングから造形・演出・運営の具体的展開案に至るまでの
    トータルプランの企画・作成

プレゼンテーション

  • 企画書作成はもちろん、PC、ビデオ等の映像プレゼンにも対応

Produce

クリエイティブ

  • テーマワード・キービジュアル開発
  • 映像・グラフィック表現の開発・制作

演出

  • ステージや空間の演出・構成・台本作成
  • コンテンツ制作
  • 音響・照明・映像ハード・システムの開発・調達
  • タレント・文化人等のキャスティング

運営

  • 運営計画立案・運営マニュアル作成
  • コンパニオン・スタッフの採用・教育・運営
  • ユニフォーム・コスチューム製作
  • 運営事務局業務

造形

  • 会場・ブース施工
  • 内装・インテリア工事
  • 仮設ステージ・テント工事
  • 什器・展示システム製作
  • 屋外広告看板製作・施工

WEB

  • Webサイト企画・制作・運用
  • サーバ、データベースの開発および管理・運用
  • ケータイ連携システム開発

ツール

  • パンフレット・カタログ製作
  • ノベルティ・インセンティブ製作
  • POP・店飾ツール製作
  • DMの製作・発送

Direction & Management

  • 各種イベントでの会場における演出・運営の全体進行管理や、
    キャンペーン等での事務局対応業務

Report

  • 業務終了後の記録映像や報告書の作成及び アンケート等の集計・分析業務

現在、新規の募集は行っておりません。

イベントの可能性を広げる新しいプロモーション領域であなたの実力を発揮してみませんか。当社は、既存のイベント・SP領域はもちろん、ライブマーケティング型の新しいプロモーションにチャレンジしております。インターネットとライブイベントをジョイントさせた展開などはその一例です。今までの既存の領域を超えた新しいプロモーション事業を私たちと一緒に企画・制作していく、新たな可能性に意欲的な人材を求めております。

ご質問は、E-mailかお電話でお気軽にどうぞ。

E-mail : 
TEL : 03-5786-9292

1.イベントディレクター

  • 展示会・発表会等各種イベントのディレクション
    及びプロデュース

2.SPプランナー

  • プロモーション・イベント領域での企画業務

3.プランニングプロデューサー

  • 基本戦略立案から実施プロデュースまで、
    一貫した全体統括業務

4.制作アシスタント

  • イベントディレクター、SPプランナー、
    プランニングプロデューサーの補助業務

共通

  • 専門・大卒以上
  • PCできる方、要普通自動車免許
    ※英語出来る方、尚可

1.イベントディレクター/2.SPプランナー

  • イベント・セールスプロモーション業務の経験者優遇

3.プランニングプロデューサー

  • 業務遂行に必要なスキルを有する経験者であり、
    かつプロデュース志向の方

4.制作アシスタント

  • 未経験者歓迎

給与その他

【給与】※経験・能力を考慮の上、優遇します。
・イベントディレクター・SPプランナー・プランニングプロデューサー:年俸制400万~900万円
・制作アシスタント:月給制201,950円以上(大卒)
【待遇】
・昇給:年1回
・賞与:年2回
・交通費全額支給
・社会保険完備
・休日出勤手当
【休日・休暇】
・完全週休2日制(土日)
・年末年始・夏期休暇・有給休暇
・リフレッシュ長期休暇 (30日)

応募にあたって

※必ず以下をお読みいただき、同意の上、ご応募ください

  • 応募者の情報は「個人情報」として適正に管理いたします。
  • 応募者情報は弊社の採用審査の目的で使用し、それ以外では使用いたしません。及び法令等正当な理由を除き、第三者に提供いたしません。
  • ご不明な点や応募者情報についてのお問い合わせは、 (人事担当)までお願いします。

同意します

※応募フォームへ移動します。

 

2019.04.30

鶴瓶噺はどこが凄いのか

笑福亭鶴瓶。

今や国民的人気者の鶴瓶の独演会が毎年恒例で行われている。

しかもこれは、彼の専門である落語ではなく、

単なる彼の「うちわ話」であり「ひとり駄弁り」なのである。

世間話を2時間以上独りでしゃべりっぱなし。

それでも、飽きずに笑いっぱなしの公演が成り立つ故は、

彼の話術はもちろん、

それ以上に凄いのが彼の日常の観察力と洞察力なのだ。

我々が暮らす日々の小さな出来事の中のなんでもなさそうなことまで

きちんと観察して結果を洞察するチカラのありようが凄い。

そしてそれをきちんとネタとして蓄えていく努力が彼の魅力を支えている。

そう、どんな仕事でも、人が見過ごすようなことでも、

観察し洞察し、それを蓄えていく努力。

それが有能になれるかどうか、の差と言えるのであろう。

本当に身に染みた笑いだった。

筆:黒沢

 

2019.04.26

グリーンブックとは。

先日、ひさびさに映画館で話題の映画を観てきた。

『グリーンブック』

アカデミー作品賞、脚本賞、助演男優賞の3冠。

もともと社会ドラマが好きなタイプなので

きっと面白いだろうと思いながら。

涙を誘う予定調和なストーリーではなく、

淡々とその当時のリアルな社会を映し出していたのが

かなり印象的だった。

黒人は白人のレストランには入れない、もちろんトイレも別々である。

どんな著名な黒人であっても。

当時の人種差別による迫害は今では考え難いことのように思えるが、

振り返って自分たちを眺めた時に、

問題は違えど、同じように差別が(潜在的にでも)ある気がする。

なにが正解なのか、自分の尺度をしっかり持つことが大切だ。

映画の中で出てくる

『黒人でもなく白人でもなくどう生きるかが正解だ。』

は考えさせられるセリフである。

ちなみに、『グリーンブック』とは、

有色人種(特に黒人)に向けた旅行ガイドブックの名称で、

彼らが利用できる宿泊所や飲食店が記載されている本のこと。

筆:黒沢

 

2019.04.18

横浜アリーナはいいサイズ

先週末、横浜アリーナに行ってきた。

というよりは、

サザンオールスターズの2019ライブツアー@横浜アリーナを観てきた。

東京ドームでも行う予定だが、

会場のサイズとしてはここ横浜アリーナは見やすいし、大きすぎず、

とてもいい感じでライブが楽しめる。

中身の話しはネタバレになるので置いておくが、

やはりライブはいいね。

筆:黒沢

 

 

 

2019.04.17

「横浜アンパンマンこどもミュージアム」7月7日移転オープン

昨日16日、

横浜アンパンマンこどもミュージアム新施設ついての記者発表会に

機会があって行ってきた。

いまの私の生活環境には関係が薄いが、

1~3歳のこどもや孫がいらっしゃる方にとっては、

一度は行ったことがあるほど人気の施設なのだ。

現在の施設とほど近いみなとみらい地区の中での移転とのことであるが、

いまより横浜駅に近く歩いても10分、かつ施設床面積もかなり広がるらしいので、

より魅力的な施設になるようだ。

特に、新施設は3階建て全天候型屋内施設となっているうえ、

「いっしょにわらうと、いっぱいたのしい。」をコンセプトに、

ショーやイベントなどソフト面は今まで以上に参加体験型の内容になっているとのこと。

7月7日からのオープンが決定し、昨日の記者発表となったのである。

ちょうどターゲット年齢のちびっこがいらっしゃる方にとっては、

間違いなくドンピシャなエンターテインメント施設だと感じた。

現施設は5月26日(日)までの営業とのことで、

クロージングに向けた特別な催事も組まれているので、

新旧のハシゴも魅力的かもしれない。

記者発表に同席した関係もあり、

施設のPRをさせていただきました。

「アンパンマ~ン!」

筆:黒沢

 

 

2019.04.01

2019年5月1日からの新元号は「令和」

2019年4月1日(月)、今日は新年度の始まりの日。

一方で、エイプリールフールの日でもある。

ただ、今年はそんなことはどうでもいいような大きな話題が。

新年号の発表だ。

『令和』

11時40分過ぎ、菅官房長官がついに発表した第一報をお伝えします。

新元号「令和」と名づけられた新しい時代はどんな時代になるのか。

とてもワクワクするし、期待も広がる。

ただし、それは我々自分たちで創り上げていくものでもあるのだ。

筆:黒沢

 

2019.03.11

インターナショナルボートショー2019

3月7日~10日まで開催されていたボートショーに今年も行ってきた。

まずはパシフィコ横浜の屋内会場に向かった。

金曜日のオープン直後にもかかわらず、

あっという間に多くの来場者で各社のブースは溢れていった。

あいかわらずこの業界は景気がいいのだなあという想い。

ミニボートの数は年々減って大型艇の展示が目立つ。

会場の一角には高級輸入車の展示ゾーンもあり、

ロールスロイス、ベントレー、マクラーレン、アストンマーチン、ランボルギーニ、ロータス、

といったクルマが並べられて人気を博していた。

その後、シャトルバスに乗ってもうひとつの会場、横浜ベイサイドマリーナへ向かう。

こちらはフロートショー、つまり係留された状態で展示されるスタイルだ。

つまり、陸上に揚げられない巨大サイズのボート(というよりも船)が

桟橋伝いに多数展示されている。

予約者(顧客)限定でしか観られないボートも多く、

気軽に巡る雰囲気ではない顧客商談会的ムード満載。

モーターショーでいう超高級車ブースと同じ。

価格も都内の高級マンションと同じかそれ以上が普通に展示されている。

1億円以下は少数派という恐ろしい状況。

二極化と言われて久しいが、

まさに景気のよい世界が確かに存在することも事実なのだ。

ちょっとめまいがしそうな世界を後に、またパシフィコに戻り、

現実的なスモールボート、航海計器、マリン用品をじっくり眺め、

やっと気持ちが落ち着いた、そんな今年のボートショーだった。

パウワウシーライフクラブは今年もハイシーズンに向けて活動を本格化していきます。

皆さまもぜひマリンレジャーの楽しさを体験ください!

筆:黒沢

 

 

 

 

 

2019.01.18

ロングラン

かなりのロングランが続いている。

11月9日ロードショーなので3か月を超えた。

ボヘミアンラプソディ、Queenだ。

昨年、いつも混んでいて行くタイミングを逃していたが、

正月を過ぎたら席にもわりと余裕が出てきて、

先日おそばせながら鑑賞してきた。

ノンフィクションなのにフィクションのような、

コピーなのにリアルのような、

これはこれで現代のQUEENなのかもしれない。

新しいジャンルとも思えるこの映画は素直に面白かった。

複数回観たくなる気持ちが心地よい。

筆:黒沢

 

 

2019.01.07

2019年の営業開始

新年おめでとうございます。

パウワウは本日7日より営業開始です。

猪突猛進で亥の年を駆け抜けます。

本年もよろしくお願いいたします。

黒沢

 

2018.12.27

2018年の師走に

 

早いものでもう師走となってしまいました。

パウワウも明日28日が仕事納めとなります。

今年もありがとうございました。

 

ここのところパウワウは制作業務から企画コンサル業務に比重が移り、

ロジカル思考力を強化する研修ワークショップなどの仕事が主体になってきており、

今まで以上にいろいろな会社の方々と接する機会が増えました。

 

研修ワークショップをやってみて気づくことは、

性別や年齢はもちろん仕事の経験値ですら論理力の優劣にあまり影響がなく、

逆に日常的にどれだけ社会一般の情報を自分で収集し、

その是非や行方を自分なりに推察するクセを身につけているか、

のほうが強く影響していると思われます。

つまり、そのような習慣こそが論理性を鍛える早道ではないかと思っています。

 

近年、活字離れがどんどんと進んでおりますが、

簡便なネット情報だけに偏らず、

新聞や雑誌を日常的に読み続けることで、

様々な情報が網羅的に身に付き、

それが、論理的な思考の材料となり、

結果として仕事はもちろんのこと自分の生き方にとっても

最適解を導くためのよき糧になっていくのだと

いまさらながらに思った近頃でした。

 

来年はワールドカップラグビーや東京五輪のプレイベント、

そして東京モーターショーと大きいイベントが続くと思います。

2019年が皆様にとって活躍の1年になりますように!

 

筆:黒沢

 

 

2018.12.19

シーライフクラブからのお知らせ

シーライフクラブからのお知らせ

 

POWWOWシーライフクラブからのお知らせです。

皆様のいろいろなニーズに合わせてマリンレジャーのお手伝いをするシーライフクラブ。

2019年1月からサービス内容の一部をリニューアルして営業してまいります。

 

詳細は、このブログの下に続く「シーライフクラブ2019年インフォメーション」をご覧ください。

 

変更点

・鎌倉のクラブハウスの利用を201812月をもって終了します。

それに伴い、メンバーのゲストハウス活用サービスを終了しました。

 

・海外でのマリンレジャーのご相談を受け付けます。

特にハワイ、オーストラリアを中心に、海外でマリンレジャーをお考えの方に

現地情報のご提供やレジャープランのご相談などご対応いたします。

お気軽にご相談ください。

 

どうぞ、これからもシーライフクラブを

よろしくお願いいたします。

筆:黒沢