POWWOW ACCESS MAP

東京メトロ:銀座線/半蔵門線/千代田線 
表参道駅A4出口 徒歩4分

〒107-0062
東京都港区南青山4-20-3
メゾンドラーク402
TEL:03-5786-9292
FAX:03-5786-9291
E-mail:


Access map  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

POWWOWとは北米インディアンの言葉で「戦略会議」の意味です。
“すべての戦略は本質を見極めた上で成り立つ。“とパウワウは考えます。
「今、何が必要なのか。そして何をするべきなのか。」をすべての戦略の立脚点に置き、 常に前向きな姿勢で問いかけ、そして具体的なカタチに創り上げていく。それがパウワウのポリシーです。

Planning

机上の言葉遊びとは異なる、実践をふまえたプランニング。本質を見極めたコンセプトワークから実践を前提とした演出プラン、運営プランなどイベント領域のすべての分野で、新しく、しかも実効性のあるプランを創出します。

Produce

プランに基づき、正確に、しかもハイクオリティに具現化していくトータルプロデュース。イベントプロデュースは綿密な準備、的確な判断と進行、さらには細心の気配りが必要不可欠です。品質管理、スケジュール管理、スタッフ管理、コスト管理を念頭に妥協のない完璧なプロデュースを遂行します。

Event

企業の独自イベントから見本市、コンベンションのオーガナイズ業務まで、
あらゆるイベントの企画・制作・実施管理をトータルで遂行。

  • 展示会や見本市での企業出展ブース
  • コンベンションやトレードショーのオーガナイズ業務
  • 新商品発表会などの企業単独展示会、発表会
  • 記念行事などの式典、セレモニー、パーティー
  • 各種講演会、シンポジウム、セミナー
  • コンサート、ファッションショーなどのエンターテインメントイベント etc

Promotion

ブランドプロモーションから新製品キャンペーンの実施まで、
メディアミックスでのライブマーケティング戦略の立案・実施。
更には個人情報の取り扱いに特化したプロモーションの企画から管理業務までの一括請負。

  • 企業・商品ブランド活動におけるプロモーション連動
  • 新製品の導入、拡販などに伴うプロモーション活動
  • SP戦略に基づいた各種キャンペーン活動
  • パンフレット、POP、ノベルティなどのSPツール制作
  • 販売マニュアルや社員研修などのインナープロモーション
  • 新事業、新製品の開発・市場導入にあたってのマーケティング活動 etc

Space

空間開発にかかわるコンセプトワーク・設計・施工から施設運営でのオペレーションまでトータルにプロデュース
※一般建設業(内装仕上工事業)東京都知事許可 第107850号

  • 商業施設や企業ショールームなどの企画・設計・施工
  • 展示会ブースや屋外イベント会場などの設計・施工
  • 科学館・博物館など文化施設の空間開発
  • 商業施設・ショールームでの運営オペレーション etc

Contents

コミュニケーションツールとしてのインタラクティブなコンテンツやシステムの開発及び制作

  • インタラクティブな情報提供ツールとなるコンテンツやデバイス
  • 企業のプロモーションビデオなどの映像ソフト
  • インターネットのホームページ制作
  • CGによるプレゼンテーションソフト、ゲームソフト・システム開発
  • インタラクティブシステムの設計・構築・運用 etc

Planning

コンサルティング

  • クライアントのニーズや課題から最適な解へと導くためのコンサルティング業務

調査

  • 戦略立案のためのマーケティング調査や企画具体化のための各種調査
    (市場調査、会場調査、キャスティング等)

企画立案

  • コンセプトメイキングから造形・演出・運営の具体的展開案に至るまでの
    トータルプランの企画・作成

プレゼンテーション

  • 企画書作成はもちろん、PC、ビデオ等の映像プレゼンにも対応

Produce

クリエイティブ

  • テーマワード・キービジュアル開発
  • 映像・グラフィック表現の開発・制作

演出

  • ステージや空間の演出・構成・台本作成
  • コンテンツ制作
  • 音響・照明・映像ハード・システムの開発・調達
  • タレント・文化人等のキャスティング

運営

  • 運営計画立案・運営マニュアル作成
  • コンパニオン・スタッフの採用・教育・運営
  • ユニフォーム・コスチューム製作
  • 運営事務局業務

造形

  • 会場・ブース施工
  • 内装・インテリア工事
  • 仮設ステージ・テント工事
  • 什器・展示システム製作
  • 屋外広告看板製作・施工

WEB

  • Webサイト企画・制作・運用
  • サーバ、データベースの開発および管理・運用
  • ケータイ連携システム開発

ツール

  • パンフレット・カタログ製作
  • ノベルティ・インセンティブ製作
  • POP・店飾ツール製作
  • DMの製作・発送

Direction & Management

  • 各種イベントでの会場における演出・運営の全体進行管理や、
    キャンペーン等での事務局対応業務

Report

  • 業務終了後の記録映像や報告書の作成及び アンケート等の集計・分析業務

株式会社パウワウでは、現在下記の職種で、
スタッフの募集を行っております。

イベントの可能性を広げる新しいプロモーション領域であなたの実力を発揮してみませんか。当社は、既存のイベント・SP領域はもちろん、ライブマーケティング型の新しいプロモーションにチャレンジしております。インターネットとライブイベントをジョイントさせた展開などはその一例です。今までの既存の領域を超えた新しいプロモーション事業を私たちと一緒に企画・制作していく、新たな可能性に意欲的な人材を求めております。

ご質問は、E-mailかお電話でお気軽にどうぞ。

E-mail : 
TEL : 03-5786-9292

1.イベントディレクター

  • 展示会・発表会等各種イベントのディレクション
    及びプロデュース

2.SPプランナー

  • プロモーション・イベント領域での企画業務

3.プランニングプロデューサー

  • 基本戦略立案から実施プロデュースまで、
    一貫した全体統括業務

4.制作アシスタント

  • イベントディレクター、SPプランナー、
    プランニングプロデューサーの補助業務

共通

  • 専門・大卒以上
  • PCできる方、要普通自動車免許
    ※英語出来る方、尚可

1.イベントディレクター/2.SPプランナー

  • イベント・セールスプロモーション業務の経験者優遇

3.プランニングプロデューサー

  • 業務遂行に必要なスキルを有する経験者であり、
    かつプロデュース志向の方

4.制作アシスタント

  • 未経験者歓迎

給与その他

【給与】※経験・能力を考慮の上、優遇します。
・イベントディレクター・SPプランナー・プランニングプロデューサー:年俸制400万~900万円
・制作アシスタント:月給制201,950円以上(大卒)
【待遇】
・昇給:年1回
・賞与:年2回
・交通費全額支給
・社会保険完備
・休日出勤手当
【休日・休暇】
・完全週休2日制(土日)
・年末年始・夏期休暇・有給休暇
・リフレッシュ長期休暇 (30日)

応募にあたって

※必ず以下をお読みいただき、同意の上、ご応募ください

  • 応募者の情報は「個人情報」として適正に管理いたします。
  • 応募者情報は弊社の採用審査の目的で使用し、それ以外では使用いたしません。及び法令等正当な理由を除き、第三者に提供いたしません。
  • ご不明な点や応募者情報についてのお問い合わせは、 (人事担当)までお願いします。

同意します

※応募フォームへ移動します。

 

2018.01.24

観世能楽堂 in GINZA SIX

今月、新春落語「志の輔落語 GINZA MODE」に行ってきた。

場所は、銀座の新ランドマークともいえるGINZA SIX。

その中にホールが併設されているのか、という程度の思いで訪れ、

地下三階の「観世能楽堂」という名の会場に入った。

すると、そこにはまさに能楽堂そのものがはめ込まれていたのだった。

観世能楽堂は、能の最大流派である観世流の本拠地として

渋谷松濤に2015年3月まであったものだが、

その総檜の舞台をまるごと移築させたとのこと。

まして、地下三階にこれだけ背丈のある建物が入っているGINZA SIXの建築技術も

相当にスゴイことなのだ。

もともと観世流と銀座は関係が深く、

寛永10(1633)年、十世観世大夫重成の時代に、

江戸三代将軍徳川家光からいまの銀座1~2丁目あたりに500坪を拝領し、

明治維新で土地を返納するまで本拠地となっていた。

今後は、日本の中心地、銀座のこの新たなランドマークに居を構え、

日本伝統文化を国内外に発信する役割を果たしていくことになるのであろう。

しかも、能だけでなく、文化的催しに開放していくとのことで、

志の輔落語もその一環なのである。

日本伝統文化の世界観の中で体験する催しはなにが似合うだろうか?

ぜひ一度、訪日外国人客を招いて、日本の魅力を体感できる創造的な催しを企画してみたい、

そんな気分させられる場所だった。

あ、もちろん志の輔の落語は今年も冴えていたのはいうまでもない。

筆:黒沢

 

 

2018.01.10

活動レポートVol.12 2018年航海安全

活動レポートVol.12 2018年航海安全

昨年はシーライフクラブをご愛顧いただきありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年のシーライフクラブも1月7日に初航海・初釣りに出ました。

午前中は北風がめっぽう強く海はかなり荒れていましたが、

昼前くらいから風も落ち穏やかな海になりました。

冬は北風が連日吹いていますが、怖いのは突然吹き荒れる南西の風です。

南の海上がユラユラしてきたらその兆候。

北風から無風になったかと思うと、あっという間にドンブキで、

波はいきなり高くなって割れはじめ、下手すると転覆の恐れだってあるんです。

どんなに釣れていても、ゲストが盛り上がっていようとも、

吹き始める前にとっとと帰港する判断が大切だと自分に言い聞かせます。

今年も航海安全で海の楽しさをご案内いたします。

ちなみに、初釣りのゲストの釣果はアマダイとアジでまずまずでした。

TOP写真は、相模湾江ノ島沖から観る富士山。

下の写真は海上から観る江の島を中心にした湘南の風景。

シーライフクラブへのご参加お待ちしております。

筆:黒沢

 

 

 

 

 

2018.01.04

2018年もよろしくお願いします。

2018年の正月はいかがお過ごしでしょうか?

元旦から晴れ渡った空は空気がピリッと張りつめて気持ちの良い三が日でした。

生活パターンはいつもの正月と全く同じなんですけどね。

ただ、今年は新たにいくつかやりたいことが頭にあるので、

それを具体的に目標化して、実行に移していきたいと思ってます。

引き続き、ご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

筆:黒沢

 

2017.12.27

2017年パウワウの漢字は「会」

2017年もあと数日。あっという間のように感じます。

その2017年のパウワウを象徴する漢字は「会」です。

もちろん会社の会ではなく、会うという意味の「会」です。

今年は年初から年末まで、不思議なほどいろいろな人との出会いがあり、

会社にとっても私自身にとってもたいへん貴重な年になりました。

趣味がきっかけで新しいビジネスパートナーと出会ったり、

英会話を通して外国人の友人も持てました。

仕事では心底リスペクトするプロフェッショナルにたくさん出会いました。

人が人を繋ぎさらに大きな出会いに広がっていきました。

2017年という年と今年巡り会えた方々に感謝です。

そして、2018年はこの出会った人たちとさらに新しいことに挑みたい、

と願っております。

ほんとうにありがとうございました。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

筆:黒沢

 

 

2017.12.20

インスタ映え

ここのところ、

普段で生活の中での景色や料理でもなんでも、

インスタ映えが重要になっているが、

それはプロモーションの仕掛けでも同じ傾向だ。

これは表参道ヒルズのクリスマスツリー。

インスタ映えさせるには、

被写体も大切だが、撮影のセンスも求められているのだろう。

普通に撮ったんじゃイマイチ伝わらないかな(笑)

筆:黒沢

 

2017.12.15

パールハーバー

ハワイ渡航歴50回以上だと思っているが、

いままで一度もパールハーバーの戦争記念施設には行ったことがなかった。

今回、全般的に天候が良くなかったこともあり、

マリン系の仕事も早めに切り上げて、

残った時間を使ってパールハーバーに行ってみた。

日本人にとってハワイに行ってどうしても訪れたい観光地という候補には入ってないと思うが、

米国人にとっては最も訪ねたい場所のベスト1なんだという。

行って実感したが、施設は米国人観光客でいっぱい。

我々は今回はロケハン程度の気持ちで行ったので、

ビジターセンター内の無料ミュージアムとアリゾナ記念館だけしか観なかったが、

それでも3時間以上を費やした。

真珠湾攻撃という史実はもちろん知っているが、

なぜ真珠湾を日本軍は攻撃したのか、という根本的な理由は

恥かしながらよくわかっていなかった。

それが、今回ここで観てみて米国の視点での見解がわかったし、

これがきっかけで日本の視点では実はどうだったのかも知りたくなった。

それにしても、この当時でも航空母艦の戦闘能力の高さには恐れ入った。

よくもこんな凄い船が作れるものだと。

戦争の無意味さを思い知らされるとともに、

北朝鮮の身の程知らずにあらためて不気味さを感じた、

この機会だった。

次回はぜひ、戦艦ミズーリ記念館や太平洋航空博物館、ボーフィン潜水艦博物館、など

1日中の時間を使ってゆっくり全体を回ってみたい。

戦争で亡くなられた日米の人の鎮魂を祈る。

筆:黒沢

 

 

2017.12.14

東京モーターショー2017が閉幕して

そういえば東京モーターショーも11月5日に閉幕し、

あれから名古屋、大阪とモーターショーも全国巡業の旅に出て、

明日から地方3会場目の福岡モーターショーが開催されます。

東京に来場できない地方のクルマ好きたちにとっては、

待ちに待ったイベントなのでしょう。

みなさん心から楽しんでいただけたら何よりです。

さて、その東京モーターショーをご覧になられた方々は

どんな印象でしたでしょうか?

開幕当初は荒天だったにもかかわらず、

そんなことにめげずに多くのクルマ好きが来場されたことに、

こちらが感心した話は当ブログでも書きました。

私の感想はずばり、

来場者の期待に応えられない主要出展メーカーに情けなさを感じました。

個人的な感想ですが、唯一意気込みが感じられたのは「マツダ」くらいでしょう。

ウェブの人気投票でも、

トップ1,2をマツダのコンセプトカー2台が独占しておりました。

いっぽうで日本のリーディングメーカーたちは、

クルマもブースも魅力的に感じませんでした。

おもちゃのようなEVらしき模型ばかりが目立ち、

本気でクルマ好きがワクワクするような、所有したくなるような、

乗りたくなるような、そんなクルマたちが影を潜めていました。

日本メーカーのやる気が見えなければ、当然に輸入車メーカーも気をそがれます。

その結果、わざわざ来場してくれたお客様は期待外れの失望感を感じ、

それが次回への来場者減につながっていくのです。

グローバルのモーターショーや特に中国と較べるつもりももうありません。

他国との比較の話しではなく、東京の会場に足を運んでくれるお客様に対して、

ひいては日本のクルマ好きに対して、感動してもらうためには何をすべきか。

自動車メーカーや業界関係者は、

もう少しクルマのチカラとはなにかを真剣に考えてもらいたい。

それが、今回のモーターショーを振り返っての個人の思いだった。

筆:黒沢

 

 

2017.11.13

フランクフルトモーターショー視察報告③

2005年から通い始めて今年で7回目のIAA(フランクフルトモーターショー)。

いつ来ても世界中のメーカーがしのぎを削り、その最先端を披露する様は圧巻で、

毎回、そら恐ろしさすら感じさせる迫力があった。さすがドイツだと。

ところが、今年のIAAはちょっと違っていた。

まず、いつでも期待を超えるあのメルセデスがスケールダウンした気がした。

まるで『米国は世界の警察じゃない』とでも言ったかのように。

加えて、世界を代表するメーカーの中に、ここで出展を見合わせていたメーカーが多数あった事実。

GM、VOLVO、FIAT、JEEP、ALFA、LANCIA、NISSAN、ROLLS ROYCE、、、

いままで必ず出展していたのに。。。

一方で、ヒュンダイがいつも以上に力を入れていた。

また、中国メーカーの出展もやたらと目立った。

どうやら、マーケット至上主義の波は日本だけではなく、

ついにここEUの総本山ドイツにも影響を及ぼし始めてきたのだと。。。

需要の多い市場でこそ資本主義は成り立っていく。

欧米のメーカーはアジアに向かい、アジアのメーカーは世界に打って出る。

その気配になにか恐ろしい気配を感じた今回のショーであった。

筆:黒沢

 

 

 

2017.11.09

フランクフルトモーターショー視察報告②

視察報告第2弾、テーマはVR/AR。

ゲームの世界ではすでにブームなVR/ARですが、

クルマ業界でも今や最もホットなアイテムとなっています。

試乗体験が難しい環境で、その試乗実感を疑似体験させる、

というのが本来の趣旨であるものの、実際は、かなりエンターテインメントに振った

集客アイテムという意味合いを強く感じます。

今回のThe VR of the showはSEATの巨大VRシミュレーター(Top写真)

まるでテーマパークのライド。

世界を旅するストーリーもまさにエンターテイメントそのもの。

ここまでやれば許せるものですね。

他にもBMW、ヒュンダイ、ミシュランなど

各社が様々な形態のVRコンテンツでアピールしてました。

一方、ARはその魅せ方に工夫が必要なため、まだ少数派。

その中でメルセデスだけはVRだけに頼らず、

複数のARコンテンツを準備していたことに新しいセンスを感じました。

たとえば、実車の修理点検をイメージしたAR体験

工場でのパーツ組立のAR/VR体験

エンジン実体と内部可動CGを組み合わせたAR

さらに、ホワイト模型に浮かび上がるグラフィックAR

VRはその性質からどうしてもエンターテインメントに帰結しやすいが、

ARをうまく使えば、リアルとバーチャルの融合は、

ポケモンGOを代表とするC向けだけでなく、

B2Bでの可能性を強く感じさせるものだと強く感じた。

今後のAR活用を考えたい。

筆:黒沢

 

 

2017.11.07

フランクフルトモーターショー視察報告①

東京モーターショーも盛況のうちに幕を閉じましたが、

こちらでは先日予告でお知らせしたIAA(フランクフルトモーターショー)の

視察報告を順次行っていくつもりです。

まず1回目の今回、

今年の傾向①「LEDスクリーンはマルチ可動型へ」

サイズやピッチではなかなか差別化が難しくなってきた昨今、

2大メーカー(メルセデス・BMW)の傾向はLEDの形状をマルチ化したうえに、

さらに一部を可動させる、という演出であった。

メルセデスは、前回のような超大規模LEDステージではなかったものの、

多面体化したLEDスクリーンを上下に可動させていたのが目立っていた。

※もちろん、お決まりのスライドLEDでクルマが登場する演出も健在。

一方、BMWは前回以上にスケールアップしたステージの周囲を

LEDスクリーンで埋め尽くし、

しかも可動方法がダイナミックなブリッヂ式でよりインパクトがあった。

他にも、アウディやVWのようなLEDの使い方もこれからの傾向になるのかもしれない。

次回はAR/VRについて報告します。

筆:黒沢