POWWOW ACCESS MAP

東京メトロ:銀座線/半蔵門線/千代田線 
表参道駅A4出口 徒歩4分

〒107-0062
東京都港区南青山4-20-3
メゾンドラーク402
TEL:03-5786-9292
FAX:03-5786-9291
E-mail:


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
News & Topics
Blog
 

POWWOWとは北米インディアンの言葉で「戦略会議」の意味です。
“すべての戦略は本質を見極めた上で成り立つ。“とパウワウは考えます。
「今、何が必要なのか。そして何をするべきなのか。」をすべての戦略の立脚点に置き、 常に前向きな姿勢で問いかけ、そして具体的なカタチに創り上げていく。それがパウワウのポリシーです。

Planning

机上の言葉遊びとは異なる、実践をふまえたプランニング。本質を見極めたコンセプトワークから実践を前提とした演出プラン、運営プランなどイベント領域のすべての分野で、新しく、しかも実効性のあるプランを創出します。

Produce

プランに基づき、正確に、しかもハイクオリティに具現化していくトータルプロデュース。イベントプロデュースは綿密な準備、的確な判断と進行、さらには細心の気配りが必要不可欠です。品質管理、スケジュール管理、スタッフ管理、コスト管理を念頭に妥協のない完璧なプロデュースを遂行します。

Event

企業の独自イベントから見本市、コンベンションのオーガナイズ業務まで、
あらゆるイベントの企画・制作・実施管理をトータルで遂行。

  • 展示会や見本市での企業出展ブース
  • コンベンションやトレードショーのオーガナイズ業務
  • 新商品発表会などの企業単独展示会、発表会
  • 記念行事などの式典、セレモニー、パーティー
  • 各種講演会、シンポジウム、セミナー
  • コンサート、ファッションショーなどのエンターテインメントイベント etc

Promotion

ブランドプロモーションから新製品キャンペーンの実施まで、
メディアミックスでのライブマーケティング戦略の立案・実施。
更には個人情報の取り扱いに特化したプロモーションの企画から管理業務までの一括請負。

  • 企業・商品ブランド活動におけるプロモーション連動
  • 新製品の導入、拡販などに伴うプロモーション活動
  • SP戦略に基づいた各種キャンペーン活動
  • パンフレット、POP、ノベルティなどのSPツール制作
  • 販売マニュアルや社員研修などのインナープロモーション
  • 新事業、新製品の開発・市場導入にあたってのマーケティング活動 etc

Space

空間開発にかかわるコンセプトワーク・設計・施工から施設運営でのオペレーションまでトータルにプロデュース
※一般建設業(内装仕上工事業)東京都知事許可 第107850号

  • 商業施設や企業ショールームなどの企画・設計・施工
  • 展示会ブースや屋外イベント会場などの設計・施工
  • 科学館・博物館など文化施設の空間開発
  • 商業施設・ショールームでの運営オペレーション etc

Contents

コミュニケーションツールとしてのインタラクティブなコンテンツやシステムの開発及び制作

  • インタラクティブな情報提供ツールとなるコンテンツやデバイス
  • 企業のプロモーションビデオなどの映像ソフト
  • インターネットのホームページ制作
  • CGによるプレゼンテーションソフト、ゲームソフト・システム開発
  • インタラクティブシステムの設計・構築・運用 etc

Planning

コンサルティング

  • クライアントのニーズや課題から最適な解へと導くためのコンサルティング業務

調査

  • 戦略立案のためのマーケティング調査や企画具体化のための各種調査
    (市場調査、会場調査、キャスティング等)

企画立案

  • コンセプトメイキングから造形・演出・運営の具体的展開案に至るまでの
    トータルプランの企画・作成

プレゼンテーション

  • 企画書作成はもちろん、PC、ビデオ等の映像プレゼンにも対応

Produce

クリエイティブ

  • テーマワード・キービジュアル開発
  • 映像・グラフィック表現の開発・制作

演出

  • ステージや空間の演出・構成・台本作成
  • コンテンツ制作
  • 音響・照明・映像ハード・システムの開発・調達
  • タレント・文化人等のキャスティング

運営

  • 運営計画立案・運営マニュアル作成
  • コンパニオン・スタッフの採用・教育・運営
  • ユニフォーム・コスチューム製作
  • 運営事務局業務

造形

  • 会場・ブース施工
  • 内装・インテリア工事
  • 仮設ステージ・テント工事
  • 什器・展示システム製作
  • 屋外広告看板製作・施工

WEB

  • Webサイト企画・制作・運用
  • サーバ、データベースの開発および管理・運用
  • ケータイ連携システム開発

ツール

  • パンフレット・カタログ製作
  • ノベルティ・インセンティブ製作
  • POP・店飾ツール製作
  • DMの製作・発送

Direction & Management

  • 各種イベントでの会場における演出・運営の全体進行管理や、
    キャンペーン等での事務局対応業務

Report

  • 業務終了後の記録映像や報告書の作成及び アンケート等の集計・分析業務

現在、新規の募集は行っておりません。

イベントの可能性を広げる新しいプロモーション領域であなたの実力を発揮してみませんか。当社は、既存のイベント・SP領域はもちろん、ライブマーケティング型の新しいプロモーションにチャレンジしております。インターネットとライブイベントをジョイントさせた展開などはその一例です。今までの既存の領域を超えた新しいプロモーション事業を私たちと一緒に企画・制作していく、新たな可能性に意欲的な人材を求めております。

ご質問は、E-mailかお電話でお気軽にどうぞ。

E-mail : 
TEL : 03-6447-9294

1.イベントディレクター

  • 展示会・発表会等各種イベントのディレクション
    及びプロデュース

2.SPプランナー

  • プロモーション・イベント領域での企画業務

3.プランニングプロデューサー

  • 基本戦略立案から実施プロデュースまで、
    一貫した全体統括業務

4.制作アシスタント

  • イベントディレクター、SPプランナー、
    プランニングプロデューサーの補助業務

共通

  • 専門・大卒以上
  • PCできる方、要普通自動車免許
    ※英語出来る方、尚可

1.イベントディレクター/2.SPプランナー

  • イベント・セールスプロモーション業務の経験者優遇

3.プランニングプロデューサー

  • 業務遂行に必要なスキルを有する経験者であり、
    かつプロデュース志向の方

4.制作アシスタント

  • 未経験者歓迎

給与その他

【給与】※経験・能力を考慮の上、優遇します。
・イベントディレクター・SPプランナー・プランニングプロデューサー:年俸制400万~900万円
・制作アシスタント:月給制201,950円以上(大卒)
【待遇】
・昇給:年1回
・賞与:年2回
・交通費全額支給
・社会保険完備
・休日出勤手当
【休日・休暇】
・完全週休2日制(土日)
・年末年始・夏期休暇・有給休暇
・リフレッシュ長期休暇 (30日)

応募にあたって

※必ず以下をお読みいただき、同意の上、ご応募ください

  • 応募者の情報は「個人情報」として適正に管理いたします。
  • 応募者情報は弊社の採用審査の目的で使用し、それ以外では使用いたしません。及び法令等正当な理由を除き、第三者に提供いたしません。
  • ご不明な点や応募者情報についてのお問い合わせは、 (人事担当)までお願いします。

同意します

※応募フォームへ移動します。

 

2021.09.30

企業における「心理的安全性」とは

半月ほど前の日経新聞(9/14)のコラムに聞きなれない言葉が見出しに載っていた。

“東芝社長の「心理的安全性」”

心理的安全性という言葉自体は平易であるが、

定義として語られているとは知らなかった。

記事によると、ここ数年で広まった言葉で、

本来は上司と社員に生じがちな問題の根源を指す。

米グーグルが2012年に実施した調査が有名で、

社員が思ったことを「言えない」「できない」空気がある組織では

働きがいを感じることができず、生産性も悪い。

その結果、技術革新が生まれにくくなる、というものだそうだ。

学術的にそれを証明し、世界に広めたのが米ハーバード・ビジネス・スクールの

エイミー・エドモンドソン教授の著書「恐れのない組織」とのこと。

東芝の度重なる不祥事の原因の一つに、トップと社員の関係と同じく、

株主と経営者、監督官庁と企業との間でも「心理的安全性を欠く関係」があったから、

というものだ。

本題としては東芝の問題論はさておき、

本来の企業における「心理的安全性」についてとても考えさせられた。

経営者と社員との関係はもちろん、

我々の業界で言えば、クライアントと請負企業の関係もしかりだろう。

いまになって我が社の中ではどうだったのか、対クライアントとはどうだったのか、

自戒の年を込めて、これからは「心理的安全性」の高い人間関係に努めたい。

筆:黒沢

 

 

2021.09.06

パラリンピック閉会で東京2020が終了

9月5日パラリンピックの閉会式が行われ、

とかく話題の絶えなかった東京2020が終了した。

オリンピックパラリンピックというイベントについて

その趣旨や目的、運営組織や運営方法にこれほど深く触れることになったのも

新型コロナウィルス感染症という負のファクターがあったからこそなのだと思う。

日本(東京)が自主的に手を挙げて開催権利を勝ち取り進めてきた世界との約束事である以上、

途中で投げ出さず、なんとかやり遂げたことは、

日本国という立場において最低限の責務は果たしたと言えるだろう。

一方で、この巨大イベントにおける様々な課題や問題点も浮き彫りにしたと思う。

そのことについてはまた別の機会に考えを述べたいと思う。

ひとまず、このイベントに関わった多くの人たち、選手、関係者に

「お疲れ様でした。」とねぎらいたい。

筆:黒沢

 

 

2021.08.17

ふるさと納税への違和感

暑い日が続いていたかと思うと

ここ数日、豪雨続きで日本列島全体が冷たく沈んでいる。

一刻も早い天候回復と災害地域の救難を願う。

さて、今日17日の日経新聞朝刊5P「底流」で、

ふるさと納税への意見記事が掲載されていた。

ここ数年、このふるさと納税の制度は多方面から人気を博し

寄付金も年々多額になり概ね高評価の制度として確たる地位を築いているように見えた。

実は、私はふるさと納税反対の立場なのだけれど、

世間ではあまり反対意見は取り上げられておらず、(反対意見記事は存在)

制度の活用法などが頻繁にネットなどで取り上げられていることに

大きな違和感を感じていたのだった。

今日の記事では、「勝者なき財源争奮戦」との見出しで、

最後に「ならしてみれば皆が損しているような寄付金税制は果たしてどこまで持続可能なのか。」

と締めくくられている。

詳しい内容は実際の記事を読んでもらいたいのだが、

私の違和感をまさにうまく言い当ててくれている記事である。

いかにも個人として地方を応援している善意の気持ちにさせつつ、

またどこかの特産品のある地方自治体があり得ないような額の寄付で潤い、

さもみんなハッピーになっているようにみせて、

実は日本国総体としての税収が大きく減っていく。

儲かっているのはふるさと納税のポータルサイトと人気特産品提供会社なのだろう。

納税という趣旨から大きく逸脱した制度だと心から思う。

この制度は当時総務省大臣だった菅義偉首相の肝いりで創設されたと

彼の実績としてでも語られている。

しかも当時導入に反対した官僚を左遷してまで、と。

いまコロナ禍の中、さらに急激な感染拡大で日本中が災害級の危機に陥っている中、

ピントの大きくずれた愚策だけを続けている政府への違和感は、

まさにふるさと納税に抱く違和感と質を同じにしているように思えてならない。

誰のために、なんのために、その利益はあるのか?

しっかりと考えていきたい。

筆:黒沢

 

2021.07.24

TOKYO2020五輪開幕

昨晩23日20時(日本時間)五輪の開会式が行われ、

ようやく東京オリンピック2020がスタートした。

ギリギリまで紛糾を引きずり国民の期待を盛り上げられぬままの開幕だ。

五輪自体への意見、コロナ禍での東京開催への声、国や都、組織委員会運営への批判など

でさまざまなステークホルダーからさまざまな視点で多様な声や意見があるにも関わらず、

いずれも正面から真摯に応えることなく、

組織の都合とそれぞれの立場をそのままごり押しした感が否めない。

アスリートはもちろん日本国民や世界の応援する人たちの気持ちが置き去りにされたことに

危機感を感じたのは政府や組織委員会ではなくスポンサー各社だった。

消費者と日々対峙している民間企業と自分たちの論理が優先される政官組織との

感度の違いが際立っていたのが興味深い。

これから2週間で国民はコロナ禍や政府の対策への不安や不満をコロッと忘れ、

気分高揚でハッピーな日々になるのだろうか。

国民はそんなに馬鹿じゃない、と思うのだが。

とにかくも、安心安全な五輪が行われることを願う。

 

筆:黒沢

 

 

2021.07.22

SNSに感じていたちょっぴりの違和感

こんにちは、ちょっとお久しぶりになってしまいました。

気づけばもう五輪開幕直前です。まったく新しい参加体験が待ってますね。

さて、今回のブログは五輪とは関係ありません。

先日7/14日経新聞に掲載されたコラムを拝読して、

いままで自分の胸の奥にあったもやもやした違和感がなぜだかわかった気がした、

という話です。

私自身はIT弱者と呼べるほどIT操作に疎くSNSもアカウントは持っているものの

積極的に発信することはしておりません。

せいぜいがこのブログ程度です。

ただ、LINEについては家族/友人/知人/仕事のいずれの場合にも

必要かつ便利で積極的に使っております。

そのLINEでのやり取りにおいて特に感じていたのが、

グループトークでの瞬発的コメントの連打で意思疎通しているときでした。

1行だけの短いコメントに更に別の人が上乗せしていくコメント群。

絵文字やスタンプも交じってその時の空気感をめちゃくちゃ上手に表現する。

その応酬のテンポの良さ、素早い意思疎通、まさにSNS時代の会話なのです。

そして、そこにイマイチ追いつけない自分がいるのです。

しかも自分のコメントだけやけにテンポ悪く、長めのコメントになってしまう。

それが、この記事を読んで違和感のもとがわかりました。

哲学者の野矢茂樹氏が語るには、

SNSは「共感の原理」で動いているということです。

背景も前後もわからない中で短い言葉が流通し広がっていき、

その断片的な言葉に対し共感か反発かだけで済ませてしまう。

それは非常に危険なことだと。

共感は人間が持つ大事な能力であると認めつつ、

共感だけに頼る発言や行動はとてつもなく危ない。

論理で言葉をちゃんと繋いで議論ができる力を育まないといけないと。

そのためには国語力が大切であり、

論点を整理し明確に伝えていく力がますます必要になっていく、

ということです。

なるほど、と腹落ちしました。

テンポ良い言葉は共感を育む良い面とともに

深く論理的に理解するのは難があり(望まれておらず)、

正しく説明する力に劣る側面があるということを。

自分ではどうしても文章が長くなってしまう。

それはそれで自分のスタイルとして通していこう。

そんなことを感じた新聞コラムでした。

参照:日本経済新聞7月14日朝刊college edgeより

筆:黒沢

 

 

2021.06.30

ワーケーションは有益か?

コロナ禍の中でいままでのオフィスワーク前提の働き方にこだわらない、

個人の自由度を重視するテレワークスタイルが定着して久しい。

自宅や最寄りのカフェなど好みの場所で仕事ができるなら、

会社側としても合理的だろうと思う。

その発展型ともいえるのがワーケーションではないか。

「ワーク」(労働)と「バケーション」(休暇)を組み合わせた造語で、

観光地やリゾート地でテレワーク(リモートワーク)を活用し、

働きながら休暇をとる過ごし方である。

このテレワークの効能について、先日の新聞に記事が出ていた。

「ワーケーションで仕事のストレス半減」というもの。

これは、和歌山(南紀白浜)でのワーケーションと東京での在宅勤務を比較した実証実験。

実験はシステム大手のTISとNTTデータ経営研究所、南紀白浜エアポートの合同で、

3月中に約2週間、TIS社員を中心とした男女20~50歳代20名を

白浜ワーケーション13人と東京在宅勤務7人に分け、

期間中とその前後の心身の状態などを専門医の監修を受けて比較した。

ワーケーション参加者は仕事上のストレスが期間中に約56%減、

頭痛や肩こり、食欲不振など身体的な不調は同約50%減だった。

一方、在宅勤務者に目立った変化は見られなかった。

さらに、ワーケーション参加者は日常業務への復帰後、

仕事のパフォーマンスの向上も認められたという。

和歌山県は日本のワーケーション先進地として官民連携で誘致を進めている、

との記事だった。

この記事からは

ワーケーションは社員にとってとても効果が図れて良いものだ、

というように読めなくもないが、本当にそうなんだろうか?

という疑問も同時に沸いた。

働く側の心理として東京での在宅勤務よりリゾート地でのテレワークのほうが新鮮で

心身の印象がいいのは当然に思う。

リフレッシュあとの仕事パフォーマンスもそりゃ上がるだろう。

だが、実際はワーケーションと言ってもどんなルールを定めるかによって

まったく違ってくると思う。

ワーケーション期間中は出張?休暇?

和歌山までの旅費や宿泊費の負担は?

勤務時間と自由時間の区別は?

労働対価は成果で測る?時間で測る?

ワーケーション中の事故は労災?

ワーケーションでの給与体系は?

いろいろ決めなければいけないことは山積みともいえる。

結局、

会社負担でリゾートに行って遊びながら勤務扱いになるなら社員は嬉しいだろうが、

会社側は成果が上がるようワーケーション勤務条件をしっかり定めなければ

簡単には始められないだろう。

ジョブ型のベンチャーなどは労務体系の自由度が高く実施も可能だが、

メンバーシップ型の一般企業では導入には大きな壁があるような気がする。

時流に乗ってなんとなく好意的に捉えられ、

導入することが是というイメージがあるワーケーション。

実際に効果の出るワーケーションにするためには

会社側の制度設計がとても重要だと感じた新聞記事だった。

筆:黒沢

 

2021.06.22

夏至2021

気が付けば早くも夏至が過ぎました。

2021年は昨日21日。

日の出4時26分、日の入り19時01分。

夏至とは二十四節気のひとつで1年で最も昼が長く夜が短い日であり、

今年で言えば7月6日ごろまでの期間を言うそうです。

気持ち的には、夏が一番日が長いというイメージがありますが、

実はすでに峠の頂点にあり、

これからは1日1日と陽が短くなっていく。

2021年もあっという間に半分になったことが感慨深い。

筆:黒沢

 

2021.05.11

ボートショーは賑わっていた

今年の東京モーターショーが中止とアナウンスされた一方で、

ジャパンボートショーはリアル主体(バーチャルとの併催)で4月15日~18日の3日間、

横浜ベイサイドマリーナを会場に開催された。

例年だとパシフィコ横浜会場との2会場開催だが、

コロナ禍のリスクを軽減させるためか屋内のパシフィコを取りやめ、

屋外でのベイサイドマリーナ1会場だけの開催だった。

初日の15日に訪れてみたが、大型船が展示されている係留エリアは、

多くの来場者で賑わっていたように思えた。

先日の新聞記事では、小型船舶免許の2020年度の取得者が

前年比25%増加したと報じられていた。

会場でも出展者から聞いた話では、

大中型ボートがとても売れていて在庫が少ない上、

東京近郊のマリーナの空きバースもウェイティング状態だとのこと。

コロナ禍の影響で海外旅行に行けない富裕層のニーズや、

3密を避けて楽しめるマリンレジャーへのニーズから、

いまマリン業界は絶好調らしい。

我が社もマリン事業を営んでいるものの、

チャーターボートやサーフガイドなどお客様との対面サービスが主体のため、

いまはまだ自粛状態が続いている。

今後ワクチンが普及して対面がセーフティーな状況になった折には、

積極的にサービス再開をしていきたい。

海の魅力をより多くの方に体験していただきたいと願う。

筆:黒沢

 

 

2021.05.05

今年の東京モーターショー中止

パウワウの移転時期と重なり書き損ねていたので、

タイミングが遅れた話題となりますが、

今年の秋に予定されていた東京モーターショーが、

新型コロナウィルスの感染拡大を受けて中止と発表された。

※記事は4月21日日経新聞夕刊より

昨年の今ごろは欧米のモーターショーが立て続けに中止となる中、

東京は隔年開催で来年の秋だからよかったなあ、と少し安堵していたが、

まさか今秋のイベントがコロナで中止になるなど想像もしていなかった。

弊社イベントプロデュース業務の中ではもっとも花形といえるモーターショー。

このイベントがやりたくてこの業界に入ったといっても過言でないくらい

毎回全力投入していた仕事が消えてしまうのは、

しょうがないとはいえ、やるせない。

自動車工業会の豊田章男会長は「オンラインでの開催も検討したが、

リアルでの開催にこだわりたい。」と話したうえで、

今秋までに感染が収束する見込みが立たない中で大規模イベントの開催は難しい、

と中止の理由に挙げた。

2019年の開催の際、会場の構成や体験型コンテンツを増やすなどのチャレンジで

来場者数を大幅に増やして今回も期待されていただけに、

中止という判断は自動車業界にとってはとても残念だ。

クルマを取り巻くリアルイベントが極端に減ってきている昨今、

コロナが終息した時には、エキサイティングな体験型コンテンツを

たくさん仕掛けていきたいと思う。

最終的な判断を先送りを続ける五輪に比べ、

早期の中止判断はその理由と共に納得できるし、

時期的にも正しかったと考えている。

筆:黒沢

 

2021.04.22

フタコ新オフィス情報

昨日から始動した新オフィス。

自宅の一つの部屋を会社スペースとしました。

資料や什器類もすっかり収まり、

ミーティングテーブルもソファもあって

もしかしたら表参道のオフィスよりも快適かもしれません。

窓からは多摩川の河川敷から都心方面まで広く見渡せます。

西から東へ新宿副都心から渋谷、六本木、東京タワー、虎ノ門、汐留と広がり、

遠くにはスカイツリーまで眺めることが出来ます。

新オフィスへのアクセスは、

東急田園都市線二子玉川駅(西口)から川方面に歩いてすぐのところです。

打ち合わせの際などはマンション付帯の会議室やラウンジも使えますので

大人数でも対応可能です。

気分を変えて河川敷でのアウトドアミーティングも歓迎です。

都心からは少し遠くなってしまいましたが、

渋谷から電車で15分前後ですので、それほどの不便は感じないと思っております。

コロナ禍の中でテレワークが常態となって

あらためてどこでも仕事ができることの利便性を実感しました。

これからは、このワークスタイルでの日々の気づきもご報告出来たらと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

株式会社パウワウ

〒158-0094

東京都世田谷区玉川3-1-18 プラウドタワー二子玉川2207

Tel/Fax:03-6447-9294

黒沢英喜

mobile:090-3215-6821