株式会社POWWOW Planning & Produce

 
 

2015.12.28

2015年の終わりにモーターショーを考える

本日は12月28日、2015年の最終営業日。

今年も1年間多くの方々にお世話になりつつ、充実した1年を送れました。

ありがとうございました。

この1年間、特にクルマ関係の仕事が多く、クルマ好きの私には毎日が楽しみだった。

そんな中で、フランクフルトモーターショーと東京モーターショーを見比べて、

いまさらながらに気になったことがある。

それは、自国開催ということに対するプライドというか矜持のようなものの違い。

ドイツ人がクルマ文化に造詣が深く、しかも産業として最重要なことは承知しつつも、

それは日本にとっても特に産業面では同じ。

なのに、あの「チカラ」の入れ具合の差はなんなんだろうか。

すべての来場者に期待を超える感動と驚きを提供しようとするドイツ勢に対し、

東京MSでの日本メーカーのチカラの抜き具合。。。。

世界No1のトヨタは何を魅せたのだろうか?ホンダはどうか?

唯一、真剣に向き合っていたのはマツダだけじゃなかったかと思う。

こんな姿勢では、来場者だってだんだん離れていくだろうし、

海外メーカーだって出展する気力もなくなるだろう。

国内メーカーもインポーターも自工会も、

本当に考えないとモーターショーは消滅する。

次回開催は2017年、日本メーカーの底チカラを期待したい。

良いお年をお迎えください。

筆:黒沢

 

 

 

 

 

 

2015.12.25

THE BEST OF SHOW in TMS

今年も東京モーターショーが開催された。

個人的にも世間的にも、

このクルマが一番だったと思う。

お飾りではない、本物の持つ凄味があった。

いつか実現してほしい。

筆:黒沢

 

2015.12.24

忙しかった1年ももう終わり

ブログにしたいネタだなあ、と思いつつ、

ずっと忙しくて、書けず仕舞い。

気が付けばもう師走。

1年間書き込んだスケジュール表をざっと見直してみると、

よくもこんなにいろいろ動き回っていたと飽きれる。

ドメインのイベントSPの仕事はもちろんのこと、

マリン関係もオーダーが増えて毎週のように稼働。

さらに、フランクフルト、ミラノ、エジンバラ、ホノルル、、、

と海外イベント等への視察に飛んでいき、

大相撲、落語と日本伝統文化にも興味を広げ、

足の関節を壊し、肩を壊し、病院・リハビリに通い、

つねにバタバタしていた1年、こんなに動ける自分にビックリ。

来年は、まだ道半ばな数々をもう少しジックリと深堀りしてみようと思います。

ちょっと早いですが、今年1年ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

PS:今年は12月28日まで、新年は1月5日から営業です。

パウワウ 黒沢英喜